東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2020-06 の記事

あめ、雨、雨コロナの...



左 生花正楓体 アジサイ一種活け今年はアジサイの開花が早いようです。活けられる時期が短いアジサイ、お久しぶりです。

あまりに立派な枝ぶり、葉をたっぷり落として枝の流れが見えるように活けます。左下の一枚、生花の型からは落としたいところですが、動きを大切に残す事にしました。

右 十年ぶりに開いた我が家のサボテンです。今年の陽気はサボテンにぴったり? 開いてくれてありがとう。
                  20/06/19 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2020年06月19日 14時05分57秒  /  コメント( 0 )

ご無沙汰しました。

お久しぶりです。この想定外のコロナ禍のせいで、展覧会が次々中止や延期になって皆さまにご報告する事も無く、渋々ステイホームしてました。

でも、ようやく始まりました。『日本の書展』『日本の書200人展』そして当あかでみいからなんと80点もの作品を出品できた『書象展』 6月11日(木)〜21日(日)迄 於国立新美術館(六本木)

行ってきました、かんかん照りの真夏の太陽を日傘で避けながら、六本木駅から新美術館への懐かしいダラダラ道、途中今にも崩れそうだった廃墟は、すっかり崩れて中のカウンターやら止まり木のような椅子が覗いていました。昔、飲食店をやっていたのね。

早くコロナに退散して貰って、又チョクチョク通いたい道です。



しりあがり寿さんの展覧会を横目に、3っ、ハシゴしました。













でもヤッパリ、めちゃめちゃ疲れた〜。又ステイホームに戻りまーす。
                        20/06/13 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2020年06月13日 12時43分42秒  /  コメント( 0 )

お花にしか頼れません。

    

生花新風体2種 

左、花材 アルストロメリア カーネーション キサカキ ピンクの濃淡に慰めて貰いましょう!できるだけステイホームのお部屋は明るく……

右 トルコキキョウ クジャクアスター シキミ 紫の濃淡が上品です。トルコキキョウ、どうしてトルコなんでしょう?ご存知の方、いらっしゃいます?

展覧会も美術館も軒並みお休み、何時まで続く泥濘ぞ!!コロナよ、これくらいで罪深い人間を許しておくれ。         20/04/23 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2020年06月13日 12時41分54秒  /  コメント( 0 )