東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2018-11 の記事

花も実もあり…



生花新風体 花材 ストック(主) クジャクアスター(用) ポンポン菊(あしらい)

生花正風体1種活け 花材 木瓜(ボケ)

生花正風体2種活け 非勝手 花材 月桃(ゲットウ) スプレー菊

急にお寒くなりました……が花屋さんの店先は春爛漫です。お部屋も明るくなりますネ。
                18/11/22 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2018年11月22日 18時30分52秒  /  コメント( 0 )

コレだけは必見

 改組 新 第5回 日展 11月25日迄 於国立新美術館(六本木)



第1科日本画(赤の奥田玄宗 3山<東山魁夷 平山郁夫 高山辰雄>亡き今、すっかりインパクト失せた様子 入選率約4割) 第2科洋画(女性のモチーフがやけに多い、女を描かなくては入選しない?入選率3割) 第3科彫刻(相変わらずタオル、洗い桶を持たせたいような、裸の女が圧倒的多数 えっ入選率8割 ですか?)

第4科工芸美術(種類は豊富、奥田小由女さん 宮田亮平先生 相変わらず同じモチーフ 入選率5割) 第5科書道(書道のみ出品者86名増で8543点 入線率なんと1割 日展を支えているのは第5科書道 大きな声で申しましょう!!)相変わらず圧倒的に書道は不利 なんとかなりませんか?ねえ<私は毎年同じ愚痴 こぼしています>







 









くたばれ日展 なんて著作 誰でしたっけ されど 日展 な〜んですよね。
                18/11/06 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2018年11月07日 19時53分42秒  /  コメント( 0 )

東京国際映画祭

もう31回にもなるんですね。『東京国際映画祭』 10月25日〜11月3日迄
あちこちで、1000本以上の映画が上映されたようですが、コンコンペテイション部門は16本、日本からは 坂本順次監督の『反世界』

アメリカ、イギリス、カナダ、イタリア、フランス、インド、フイリピン、中国、イスラエル、etc

見たい作品目白押し、少ない時間をやりくりして2本、見てきました。六本木ヒルズ、TOHOシネマズ、

まず、コンペテイション部門、カナダ映画の『大いなる闇の日々』監督マキシム、ジルー、主演はご年配のマーテインさん。チャップリンのものまねで優勝した芸人がアメリカからカナダに帰る途中の過酷なロードムービイ

全裸で走ったり、雪に埋もれて眠ったり、泥の中で首まで埋れたり、山々に雪が残る中汚れた衣服を、裸で川の水で洗ったり〜

よく途中で投げ出さなかった事、もしかしたもの凄いマゾヒスト??上映後、監督さんと二人撮影の苦労話を沢山聞かされてしまいました。





最後は列車に乗れたようでホッとしました。

もう1本はワールドフオーカス部門、アメリカのドキュメンタリー映画『全く同じ3人の他人』 それぞれ子供の頃、同じ業者から何も知らず、別々の家庭の養子になっていた三つ子ちゃん、偶然大学が同じでびっくり

人間は遺伝子か環境かという研究に翻弄され一人は自殺してしまうというお話。


                                  ちょっと見たかったインドの映画

他に日本の映画も沢山上映されていました。



ここのところ映画にハマっていて『モリのいる場所』 『万引き家族』 『日日是好日』etc あ〜樹木希林さんもういないのよね〜
18/11/03 書画華道講師 畑田穂苑(益惠)
                             


Posted at 2018年11月03日 12時58分32秒  /  コメント( 0 )