東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2017-08 の記事

読売書法展始まる。

読売書法展 第1会場六本木国立新美術館 9月3日(日)迄  第2会場上野都立美術館 8月29日(火)迄

聞かれました。なぜ書道展ではないの? 

それはこの展覧会の創始者に聞いてみないと真意はわからないのだけれど、書道のルーツ 中国で書道なんて言っても通じないのです。えっ?

日本人は『道』がお好き 何にでも『道』を付けてまるで精神修養みたい……。かく言う私も嫌いじゃあないんだけどドライ(?)な中国人にそんな事言ってもダメ!

ではなんて言う? 書法って言うんです。書は法則の研究 究極のバランスの勉強なんです。その辺にこの展覧会のネライがあるのかも…しれません。ネ

第1会場は六本木国立新美術館 アイウエオ順で ハ から第2会場 私の作品がここ上野都立美術館に展示されているのでとりあえず上野へ チャリこ飛ばして行きました。アツイ アツイ まるで溶けてしまいそう。

神様 助けて〜









産経展とはちょっと雰囲気が違います。ほとんどストイックに書き込んだ多字数の作品 えっ、ちょっと疲れる?

それは仕方ありません。みんな必死なんですから。会場の熱気は外より凄い? いえやっぱり外も凄かったです。                         17/08/24 書道担当 畑田穂苑(益惠)

第2会場 昨日<8月29日(火)>終了しました。昨日来てくれた友人は書はやりませんが、落ち着いた良い雰囲気の展覧会 と褒めてくれました。アリガタイ!(見方 イロイロ)

総出品数22,549点 内役員が6463点 特選326点 秀逸1416点 入選7807点 入選するだけでも大変です。日展の第5科(書道)でも1万点余り 実に日本1の規模 これから地方を回ります。

26日(土)は芝プリンスパークホテルの贈賞式祝賀会に 出席いたしました。贈賞式は代表制も交え手際良く行われましたが、たっぷり2時間(疲れる〜) 場所を移した祝賀会は立すいの余地無し。



今年は本当に忙しい!9月3日(日)には早朝5時半出発 富浦ロイヤルホテルでの合宿に合流いたします。暑さにメゲず 頑張るっきゃありませーん。  17/08/30 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年08月30日 13時48分28秒  /  コメント( 0 )

秋の色


左 生花正風体 2種活け ナナカマド リンドウ

ナナカマドの実 そして紅葉 初めてです。春の芽出しは良く使って来ましたが、実? 紅葉? 流通機構の発達のおかげ? 

秋、山が真っ赤に燃えるのは 漆 ナナカマド それにちょっとは桜 でもすぐ散ってしまいますから花材でなんか普通出回らないのです。ありがたーいご時世です。

リンドウの渋い江戸紫が良く合います。

中 右リアトリス一種活け 久しぶりですね。生花の基本形を学ぶのに絶好の花材。 復習です。

お生花は正面から見て縦一列 横から見て扇型に活けます。真3本(後あしらい前あしらい) 副2本 体2本です。割合は 7 *5* 3 水際の葉をしっかりと。陰、陽を踏まえて活けます。すっきりと……。

リアトリスって菊の仲間だったってご存知でした?和名は『キリンギク』白もあり 槍咲きと玉咲きがあります。本当に菊もいろいろ……ですネ
                            17/08/17 花道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年08月24日 20時26分57秒  /  コメント( 0 )

晴れの舞台!です。

お弟子さんと行ってまいりました。

産経国際書展贈賞祝賀会 8月1日(火) 於明治記念館



皇室好きの産経新聞社 お願いして平成17年より 高円宮賞 を拝受し以前は殿下御自ら展覧会場贈賞式場においで頂いておりました。

殿下がお亡くなりになられてからは 妃殿下久子さまに継がれており、この日も清楚なそして凛とした和服姿でおいで頂き 深く書を理解されたお言葉を頂きました。



   産経新聞社々長ご挨拶、右は久子妃殿下           高円宮賞を頂く風丘五城会長

約1時間半 贈賞式にお付き合い頂き 別室にて和気藹々の祝賀会 ありがたいことでした。

参加者約400人 平日 という事で出席できなかった当あかでみいの受賞者 誠に残念でした。
えっ お料理が少し足りなかった? いつもの事?です。(笑)
                              17/08/02 書道担当 畑田穂苑



贈賞式 出席できませんでしたが、新聞社が送ってくれました。『会友賞』おめでとうございます。努力が実を結びました。本当におめでとう!!
                         17/08/19 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年08月24日 20時15分44秒  /  コメント( 0 )

暑さと一緒にやっ来ます。

産経国際書道展 8月3日(木)迄 都立美術館(上野公園)






右4点は板に書を彫って彩色した 『刻書』 という作品です。これも楽しい。私はこれで腰を痛めて しまいましたけれど〜(残念!)



ご長寿作家のスペシャル作品 高円宮妃殿下からのお題は 『勢』 『豊』 個性豊かな色紙作品が並びました。暑さに負けず 勢い良く そして豊かな毎日を!! お祈りしましょう。

当竹心支部からは11名(内会友5名 )18点出品 会友賞1名 秀作1名 そして全員入賞いたしました。
オ メ デ ト オ ございました。

ご自分の作品を他作とじっくり見比べ、来年の構想を練りましょう。今年よりさらに練度の高い作品にいたしましょう。

今 来年に向け スタートラインに着いたところです。     17/07/29 書道担当 畑田穂苑 


Posted at 2017年08月10日 16時26分27秒  /  コメント( 0 )

地元の展覧会

台東書道展 8月3日(木)迄 於都立美術館

久しぶりに台東書道展に偶然出会いました。30年くらい前に所属させていただき 教育部が出品していました。今は 各学校からも出品しているようで、何人か当あかでみい所属のお子さんを見つけ、嬉しくなってしまいました。

みんな頑張っているね〜凄いです!!








                         17/07/29 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年08月10日 16時26分14秒  /  コメント( 0 )

2年に1度のお目見えです。

文化書道東京連合会展 9日(日)迄 於豊洲シビックセンター1階展示ホール







私の古巣 私の原点 文化書道学会 今何かと話題の豊洲 立派なシビックセンターの一階で 落ち着いた雰囲気の展覧会。

しっかりと書き込んだ作品ばかりなのに これ見よがしに主張したりしません。あくまでも静かに控えめに、お行儀良く並んでいます。

お転婆な私はいつもはみ出してばかり……でもこの静けさが懐かしいのです。

久しぶりにたくさんの同胞、先輩にお会いして、カッと焼け付くような太陽の光の下に出た時は、やはりいつもの自分に戻っていました。

足踏みなんかしてはいられないのです。頑張らなくっちゃ!
                           17/07/08 書道担当 畑田穂苑(益惠) 


Posted at 2017年08月10日 16時26分02秒  /  コメント( 0 )

あっという間の45年









Posted at 2017年08月10日 16時25分39秒  /  コメント( 0 )

映画鑑賞



原作 鬼塚忠 監督 篠原哲雄 約2時間 野村萬斎さん演じる 初代池坊専好の物語 池坊正教授の私としては見ないわけにはいきません。 http://www.ikenobo.jp

花の力 死にかけていた少女が 蓮が開く音で蘇る! 餓死者一人一人に石を支えにして一輪づつ花を手向ける専好さん。

いきなり高さ3m 幅4,5mの大砂物(信長に見せる)の登場にはビックリ 

もともと池坊は京都 頂法寺 六角堂の花僧達の創意工夫から始まったのは知れている事 でも長い歴史の中で剣を使わず、花での命のやり取りがあったとは……

この頃の生け花には、ただ闇雲に花を放り込むような風潮があるけれど 広い空間をたった一輪の花が、凛と引き締める力がある事を再確認して欲しいと つくづく思わせる映画でした。

カキツバタの『夏跳ねる』素晴らしかった!!日本の伝統文化は『余白』を大切に……ね
                          花道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年08月02日 18時48分22秒  /  コメント( 0 )

念願叶って

ずっと気になっていました。文京シビックセンター 地上28階、地下4階 高さ142m ホテル  JTB 椿山荘 カフエ 1802席のホール etc

2011,3,11日あの日あの時 私は池袋 サンシャイン文化会館で『謙慎展』を見ていました。地震に驚いて電車が皆止まってしまったのも知らず バイクで春日通りを上野に向かって走っていました。

隣が蔵前通り その向こうは靖国通り まさにその頃九段会館の天井が落下して2人亡くなっていました。

そんな事全く知らず この文京シビックセンターを右に見ながらこんな高いビルがびくともしていないのだから大した事はない と 軽い気持ちでいたのです。











その名の通りここは東京の文京地区 国公 私立の名門校が目白押し その卒業生達が腕を競って展覧会を催していました。

犬も歩けば 得した気分 皆さんも暑さになんか負けないで、街に出て見ませんか?
                          17/07/02 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年08月02日 18時48分03秒  /  コメント( 0 )