東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2017-04 の記事

賑々しく華やかに……



左 フラワーアレンジメント 花材 グロリオーサ 菊3種 レザーフアン 3個の花器? いえ2段のランチボックスです。 

ちょっと蓋を立てかけてお洒落に!後でしっかり消毒をして使って下さいね。寿司桶でもソーメン鉢でもスープカップでも 中にペットボトルを仕込んで 靴にも帽子にもお花活けられるんですヨ。

右 生花3種活け  花材 コデマリ ストック ユリ まだユリが硬い蕾ですが、開くと賑やかになりますよ。

これははるかちゃんのお家に飾られた作品です。ちゃんとはまってますよね〜 素敵です。
                           17/04/13 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年04月18日 12時10分17秒  /  コメント( 0 )

桜も終わりですが……

/5001967/img/s20170413191200.jpg" border="0" hspace="5" class="pict">

生花『桜一種活け』 花と言えば日本では桜 神様がお座りになる所 体奥に若松を添えて桜を引き立てます。

弘前城公園の5000本の桜を引き立てるのは3000本の松 <真っ青な空をバックにまだ白い雪を被った岩木山 そして色鮮やかな八重桜> 今も脳裏に焼き付いています。

右 生花二種活け 花材 コデマリ スカシユリ 蕾が開けば豪華絢爛 お花には敵いませんね〜
                       17/04/13 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年04月13日 19時24分58秒  /  コメント( 0 )

渋谷駅で迷子

渋谷文化村ザ˘ミユージアム『これぞ暁斎』 16日(日)迄
10数年振りの渋谷駅 ハチ公が見つかりません。道玄坂をやっと見つけて文化村通り 上村松園下絵展を見に来たのは何時だったでしょう。ようやくたどり着いて……

そうこの衝撃を受けたくて忙しい時間やりくりをしてやって来たのです。

    

グロテスク? 気持ち悪〜い ? 解ります。でも好奇心満載!一気呵成の線の妙味!マンガチックでオドロオドロしい……これでもか、これでもか。

もう沢山 なんと今回初めて彼の春画をイヤというほど拝見いたしました。もうビックリ!!!

『あんたも少しおかしいんじゃあないの』 『ハイそうかもしれません』すっかり暁斎の毒気に当てられて帰ろうとしたら見つけました。

『大人の塗り絵コンテスト展覧会』 9日(日)迄 ホットしました。優しい絵 アッタカイ絵 癒されて外に出ることができました。







会場の奥でワークショップが行われていました。塗り絵の本も沢山並んでいました。ついこの間、深谷の母(98歳)に七十二候塗り絵の本と色鉛筆をプレゼントしたばかり……です。



貴方もおやりになりません? とても楽しそうでした。   17/04/08 墨画担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年04月12日 20時54分36秒  /  コメント( 0 )

久しぶりのはとバス

4月3日(月) はとバス『八芳園とベイエリア』コース 快晴 桜も待ってました! 一斉にひらいて心地良い一日でした。



築地場外市場 テリー伊藤さんの実家の卵焼き屋さんで、厚焼き卵をご馳走になり豆屋さんでお土産を頂き『八芳園』へ 昼食も庭園も最高!!





『八芳園』から『六本木ヒルズ』へ 52階からの眺めは最高でした。





お台場から船で日の出桟橋へ はとバスシンフオニイがお出迎え。残念!これに乗りたかった!!!
                     17/04/05 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)   


Posted at 2017年04月05日 15時00分15秒  /  コメント( 0 )

暴れん坊のユキヤナギ



左エンゾ君 盛り花『垂体』 役枝が枝垂れる形です。

本来植物は太陽に向かってすくすくうえに伸びていくのですが なぜか枝垂れるという植物(コデマリ、しだれ柳等)でしかこの形は活けられません。

今日のユキヤナギはうってつけ 配材はカーネーション スターチス キフジです。しなやかでゴージャスな作品です。

右 フラワーアレンジメント ホリゾンタルホガース、S字スタイル 真上からS字に見えるよう主張している花材を慎重にオアシス(スポンジ)に挿し込んで行きます。

テーブルフラワーの形 テーブルが明るくなりますね。  17/03/28 花道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年04月01日 15時14分26秒  /  コメント( 0 )

温故知新



左 古典花形 生花生風体2種活け 花材 ツツジ ストック 古式ゆかしく床の間の花形<先輩>

右 フラワーアレンジ インバーテットテイ 花材 シンビジウム 金魚草 ドラセナ(アトム) かすみ草

インバーテットとは逆さという事 つまりアルハベットの T です。明るくモダンに<はるかちゃん>

世代を超えて 歴史 大切にネ 貴方はどちらがお好み?
                           17/03/16 花道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年04月01日 15時03分30秒  /  コメント( 0 )

ご報告が遅れました。

3月恒例『第79回、謙慎書道展』 3月20日〜27日 於都立美術館 池袋文化会館





20日(月祭)は午前午後2回計7名の大先生方の席書(デモンストレーション)が行われていました。各人各様の筆力に圧倒されました。気合いが半端ではない。スゴイ の一言。会場に並んだ作品も夫々に力作ばかり……(私のもです。ハイ )









会場で『文字の動物園』というイベントが行われていて賑わっていました。自分の好きな動物の名前を筆文字で生き生きと書き 壁いっぱいに貼り出されていました。池袋サンシャインの文化会館の方は 『文字の水族館』お魚の名前を書いていたようです。

出品総数6000点 入選者で授賞式出席者1000人 東京タワー下のホテルでの大掛かりな式典は 端から端まで見渡せないほどでした。ビックリ!! さすが『謙慎』です。





                          17/03/27 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年04月01日 14時43分16秒  /  コメント( 0 )