東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2016-11 の記事

上野の山は装う



上野駅公園口、信号 渡って左が文化会館そして右にこの銀杏の木 まるでスカートをはいた女の子!



東洋館でやっていたのは『小林斗盦 生誕100年篆刻の軌跡展』 
12月23日(金祭)迄
      http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1825



小林斗盦(1916-2007) 川越の人 篆刻の第一人者 永田町の懐玉印室で生まれた膨大な雅印の一部 前期後期合わせて246点 それでも東洋館4階の広い部屋一杯の作品は一つ一つ心に迫ってくるものばかり。

正に方寸の藝術 温かみ溢れる作品 気品高い作品 精魂込めた作品 そして虚心に臨書された書作品 時間も忘れて見とれてしまいました。

お隣のホテルオークラレストランで美味しいランチお腹も心も満たされた至福の一日でした。



国立博物館 東洋館をでれば 右の本館の前この紅葉は桜 でしたか?
                   16/11/26 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2016年11月26日 15時58分37秒  /  コメント( 0 )

故郷は訛り……無く。



ここ何処かわかります? 過日テレビの『百年名家』という番組でレンガ工場跡地や渋沢栄一の生家を訪ねていました。そうご存知ですよね。私のふるさと…です。

埼玉県深谷駅 東京駅に似せて赤レンガで作られています。東京駅のレンガも無論ここ深谷で作られたのです。

駅前広場に渋沢栄一の像があります。そして最近仲間入りをしたのが〜ご当地ゆるキャラ
『ふっかちゃん』頭の角は何? 深谷の名産 深谷ねぎ です。

なんとこのねぎ土付きのまま炭火で焼いて皮を剥き、丸のママかぶりつくのが、一番美味しい? お行儀?悪くても味 よネ。               
                 16/11/24 書道墨画華道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2016年11月26日 13時25分00秒  /  コメント( 0 )

天高く秋 真っ盛り



これって何ですか? 妖怪お神輿 秋の日差し一杯浴びて上野公園に勢揃い びっくりです。

   

妖怪お神輿を右に見て、私のお目当ては都立美術館 現代水墨画協会の第55回
『現水展』 28日迄

びっくりな迫力 力強い作品に圧倒されます。



そして 第43回『青枢 SEISU』展 28日迄 これもバラエテイ豊かな
楽しい展覧会でした。







上野は本当に 楽しいですよ!!!外国語もたーくさん聞けますよ。
                      16/10/22 墨画担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2016年11月26日 13時24分28秒  /  コメント( 0 )

実力発揮

第48回 全国学生書道展 書象会主催の全国学生展 みんな良く頑張って100点の作品を出品しました。

全員銀賞以上 という素晴らしい成績です。当あかでみいの最高賞は全日本書道連盟奨励賞 1名中学3年 五藤耀子さん スバラシイ!! おおきな楯と大筆を戴きました。
!

喜びの(推薦書象賞)北島佳奈さん 金賞の北島圭翔君

他 推薦書象賞2名(楯小と大筆) 特選5名(特選小筆) 金賞19名(一般小筆) 銀賞は9名でした。

来年6月(国立新美術館)の書象展に展示されるのは特選以上9名です。楽しみ……ですね〜

又 有穂支部として団体賞を戴きました。これは38名のガンバリで戴いた賞です。アリガトウ!!!
                      16/09/24 書道担当 畑田雨郷 穂苑


Posted at 2016年11月26日 13時23分53秒  /  コメント( 0 )

山装う

   

左 生花正風体2種活け 花材 ヒバ 菊 秋? 冬?

中 右 変形花器で自由花 ヒペリクム(紅葉) カーネーション(染め上げ) 小菊2色

今日56年振りの11月積雪!! ここはまだ秋です。ヒペリクム 和名 コボウズオトギリソウ赤い可愛い実はよく使うのですが、こんなにきれいな紅葉は初めて!深い朱色 まるでビロ−ドのようです。

人工的に色水を吸い上げさせたカーネーション びっくりするような配色です。フオーカルポイント ピッタリ!!そういえば ブルー一色の胡蝶蘭を見かけた時は異様な雰囲気でしたよー
                       16/11/24 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2016年11月26日 13時23分26秒  /  コメント( 0 )

今 日本に四季は無い?



左 えんぞ君 盛り花 中 先輩 自由花 右 はるかちゃん 投げ入れ 花材 いずれも ボケ 菊2種 クジャクアスター

ボケ? 春の花ですよね! バラ科の落葉低木 中国原産 平安時代に渡来 花期3月〜4月とあります。信じらんなーい!花色は朱紅 又は白 八重咲きもあります。

黄色の実は果実酒 薬用となり 園芸品種は約30種 花言葉は『熱情』クサボケは日本原産種 トゲがあっても茶花として重宝されています。

ボケと菊 春秋(しゅんじゅう)なんと1年を表しています!!
                     16/10/27 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2016年11月26日 13時23分07秒  /  コメント( 0 )

ゴージャスに、ゴージ...



フラワーアレンジ ランチボックスに活ける 花材グロリオーサ 菊2色 蘇芳(葉) レザーフアン

頃以ランチボックス(2段)  おかず入れの小さなボックスも外して全てに活けました。

えっ? 大丈夫 あとでお弁当箱として使います。ただ活ける花材には気を付けて すずらんとか彼岸花:はだめです。

靴形のスリッパとか ヘルメットとかにも活けますよ。楽しいです。ヨ
                       116/10/20 華道担当 畑田益惠(穂苑)
                 


Posted at 2016年11月26日 13時22分36秒  /  コメント( 0 )

秋 春同居です。

   

左 自由花 モンステラ 猫目柳 リンドウ 小菊

えんぞ君 インスピレーション スゴイ! まるで下段の巣から鳥が、今まさに大きく羽を広げて 大空に飛び立つかのようです。これぞまさに 自 由 花。

モンステラの扱いが見事。熱帯アメリカ原産 里芋科 大きなはっぱ 風除けの切れ目がスゴイ です。

七夕の短冊に毛筆で願い事を書くとき 里芋のはっぱに溜まった露を集めて擦った墨で書くと 字が上手になると 言われた事ありませんか?

えっ 今毛筆で短冊書いたりしない……ですか?

右 先輩 生花正風体2種活け 猫目柳(春) リンドウ(秋) 春秋と言えば一年を表します。夏冬は入りません。

一年 過ぎるの早いですね〜。今年ももう残り一ヶ月半 私今年何をしたでしょう。ちょっと待った!! 待ったは違反?ですか。
                       16/11/12 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2016年11月24日 19時07分48秒  /  コメント( 0 )

台風に向かって

台風18号 韓国から 今 京都で大荒れです。 クワバラクワバラ どうかお手柔らかに……

湯河原に行ってきました。皆様よくご存知文人墨客が愛したゆったりとしたあったかーい温泉地
疲れを癒やすのに最高です。千歳川にせり出すような ホテル四季彩 上野から無料バスで3時間半

泉質最高 大昔怪我をした狸が入って傷を直していたので見つけたという言い伝え……です。





町立湯河原美術館 http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/museum/

2日目ちょっとの雨上がり 脚を延ばして町立湯河原美術館を訪ねました。日本画の平松礼二 ご存知ですか?

色彩豊か 緻密な造形 近くで見ると平面的? ちょっと離れると思いもかけず立体的 正に遠目が効く画でビックリ 彼がモネに傾倒 モネの水蓮を何度も訪ね ついにモネの池から水連の株が届いた?

なんとそこからさらに株分けをしてこの美術館のお庭に花を咲かせていたのです!!
でも今年は雨が多くようやく7月に一つ咲いたのだそうです。

  



なんと帰りにはクロサギ(羽を広げると黒い)が出ましてお見送りしてくれました。絶対 又 お邪魔します ネ。        16/10/05 書道墨画華道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2016年11月24日 19時05分57秒  /  コメント( 0 )