東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2016-05 の記事

銀座の蝶 華 

いけばな 古流松濤会2016 於 松屋銀座8階イベントスクエア 5月30日(月)迄





さすが歴史ある伝統華道会 でも中にはかなりの大きさの木(名前はわからない)を 逆さに吊っているのもあってビックリ!(下の写真 右端) えっ 生け花もここ迄……?



生け花の意味 花材への想い いろいろ考えさせられた展覧会 でした。
                    16/05/30 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2016年05月30日 12時49分34秒  /  コメント( 0 )

臨書のお話

       
台東区立書道博物館 http://www.taitocity.net/zaidan/shodou/oshirase/news/789/

書のスケッチ『臨書』の世界展 5月29日(日)迄

臨書 ちょっと耳慣れない言葉ですよね。書道の稽古をするとき先生のお手本を見ながら 真似をして書きますよね。でもそれは臨書 とは言いません。

やっていることは同じなのですが……。昔の 評価の定まった 能書家の作品(拓本とか)を真似てする稽古を臨書する と言います。形を真似る『形臨』雰囲気迄真似るのを『意臨』と言いこれは非常に難しい高度な稽古です。

有名な物は 先ず王羲之 そして顔真卿 孫過庭 米芾 等々数えきれない作品がキラ星の如く…です。何を臨書するか? パッと見て これっと思った物を臨書すれば良いのです。

外野が何を言おうと好きなものを です。どんなに勧められても嫌いな文字では上達は覚束ない…その字に惚れる事 です。(フフフ) 惚れてしまえばこっちのもの。くりかえし 繰り返し しつこくせまりましょう。

一字より二字 一枚より二枚 とにかく 数多く 枚数多く 倦まず 弛まず 諦めない それしかありません。

必死で書いていると 柳公権が『まだまだ』『へたくそ』と言います。こっちは悔しい! もっと書く 『いやいや』『やれやれ』……『えーい これでどうだっ』 『まだまだ』と涼しい顔。

何年?何十年? なんとか少し 『いくらか ましになったかな?』 そうこれは戦いだと思って下さい。寝てる暇はありませんぞ! いつかきっと いつかきっと あっと言う間に四十うん年……

本当に充実した四十うん年 みっしりと 実の詰まった四十うん年 楽しき哉
                     16/05/26 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2016年05月29日 15時18分24秒  /  コメント( 0 )

ネギ坊主の仲間です。

  

フラワーアレンジメント 今日は楽しい容器にオアシス(スポンジ)を入れて楽しく遊びます。

花材 ギガンジウム(アリウム) 洋蘭(アマンダ) トルコキキョウ エミール(スターチス) ポンポン菊 レザーフアン

大きなネギ坊主 名古屋の花博で もっと巨大なギガンジウムを見てビックリした記憶があります。『切るとネギのにおいがして目に沁みるからから嫌い』はるかちゃんはちょっと苦手なようです。

洋蘭も様々な種類 長持ちするので暑い季節には有り難い花材です。

水漏れのしないような工夫をすればどんな容器にでもお花を活ける事が出来ます。
左はヤシの実をくりぬいた丸い容器に手の付いた物 右はアヒル型の籠 思い切っていろいろ試してみて下さい。新しい発見がある筈ですよ ネ
                      16/05/29 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2016年05月29日 15時17分43秒  /  コメント( 0 )

サプライズ求めて



どちらも自由花 花材 深紅のガーベラ 赤いドラセナはアトム 淡い紫のカンパニュラ別名ベルフラワー釣鐘草 ナデシコのようなカーネーション かすみ草

左 はるかちゃん(大人っぽーい ビックリ) 右大先輩 ずいぶん雰囲気 違いますよネ どちらがお好み? 『どっちも〜』 そう どちらも素敵ですよネ

そういえば ラ 、カンパニュラ という素敵な曲がありました。どうぞ じっくりお楽しみ下さいませ。
                     16/05/19 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2016年05月19日 20時16分33秒  /  コメント( 0 )

緑の風を活ける!

 

どちらも自由花 花材 どちらも 楓 ユリ(レループ) トルコキキョウ

正に薫風 新緑まっただ中 です。窓を開けて爽やかな風をお部屋一杯に……
                     16/05/12/ 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2016年05月12日 20時24分10秒  /  コメント( 0 )

ゴールデンウイーク ...

皆様 長ーい休暇 何処へ行かれましたか? ゴールデンウイークなんてよしたほうが良い。混むし、高いし、仕事は滞るし、体も財布も疲れて瘠せるし 良いこと何もなし!と断言している人もおられましたが……

私 13万トン 全長31m 収容人員3100人 14階建ての客船 マリナオブザシイで世界一周 イエ アジアちょこっと旅してきました。

毎日食べ放題 イベント盛り沢山 2000人位収用のシアター 毎日レベル高いショーのテンコ盛り
スポーツ施設 プール スパ エステ ブランド商店8 テイフアニー コーチ etc etc


        船は14階建て 私たちの部屋は8階 横浜を出航


神戸元町チャイナタウン                  高知港の歓迎








野球トーク                  はりまや橋



最後の上海は霧が凄く(光化学スモッグ?) 鮒が2時間も遅れ 南京路の中華料理店で飲茶で昼食 一路空港へ 中国人ガイド(施さん)はバスの中でしっかりお土産物と集合写真を売りさばき

私たちは未練たっぷりに上海を後にしました。あ〜イベント疲れ!
               16/05/12 書道 墨画 華道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2016年05月12日 20時10分00秒  /  コメント( 0 )

伝統文化を大切に1

     

書象会の会長さんから 団体署名を依頼されました。『日本文化』をユネスコの無形文化遺産に登録をするため……だそうです。

下町の片隅に書道教室を開いて40年 ユネスコの文化遺産 なんて大層な事をして来たつもりは全くありません。

日本人にとって必要な事を次代に伝え残す為? パソコン横行の今 便利な筆記用具が数々あるのに今でも廃れない筆の魅力とは 日本人の心にどっしり今も座り込んでいる 筆

一本の筆で太い線 細い線 強い線 優しい線 ちょっと扱いは面倒だけれど 自由自在 墨(なぜか英語ではチャイナインクという)の明暗で表現の幅はもっと広くなります。

のし袋にも 芳名録にも 年賀状にも 展覧会は 大字が溢れています。スゴイ と言うしかありません。

でも その日本でも 最近 使用頻度はずいぶん下がってきています。

荒船清彦日本書道ユネスコ登録推進委員会会長初め 毎日 読売 朝日 産経 各新聞社 高木聖鶴 日比野光鳳 他 そうそうたる書道家の名前が列記されておりました。

落ち着いて墨を擂り たっぷり筆に含ませて真っ白な紙に落とす。この心地よさを世界にそして未来の日本人に 残したい 全く同感です。

喜んで署名させて戴きました。毛筆 バンザイ!!
                     16/04/30 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2016年05月02日 10時27分23秒  /  コメント( 0 )

春は謙慎書道展から

書象会お仲間にして頂いて2年 書象会が参加している 第78回『謙慎書道展』3月19日(土)~27日(日) 池袋サンシャインワールドインポートマートビル4階(無料)


 
ここには水族館があり 筆文字でお魚の名前を席書きするイベントが行われていました。





そして第一会場(無料です。ハイ) 早くもお花見の場所取り合戦中の 上野 都立美術館へ 20日(日)〜28日(月) 火曜日は休み こちらは動物園が近いので 筆文字 動物の名前です。







   

これから書道展 目白押し 第55回『書象展』6月9日(木)〜19日(日) 火曜は休館 六本木国立新美術館 

第25回『国際書画展』7月12日(火)~18日(月) 韓国釜山 8月12日(金)〜20日(土) 都立美術館 

第32回『産経国際書道展』 7月25日(月)~31日(日) 都立美術館 そして 『毎日書道展』 『読売書法展』etc etc 楽しみですね〜 また順次ご報告させて戴きます。ワクワク
                     16/03/23 書道担当 畑田穂苑(益惠) 

ついでに(ついでだ-い好き)地下で見て来ました。現代瓦•造形と竜生派いけばなコラボレーション展 3月20日(日)〜28日(月)





瓦とお花の不思議な出会い シブイ 落ち着いた展覧会でした。(無論 無料)
16/03/23 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2016年05月02日 10時26分33秒  /  コメント( 0 )

もう 初夏でした!

3月28日午前11時35分 羽田空港を飛び立って2時間 新緑が見事な 躑躅満開 百合やアイリス そして黄金葛(イッペイ)の黄色い花満開 日陰ヘゴの巨大な葉が日陰をたっぷり作ってくれていました。

何処かって? 奄美大島 でございます。初めてです。



 
マングローブの森

 
1年中咲いているハイビスカス           熟したアダンの実(昔は食料だった)

 
リュウキュウアユ(ちょっと小振り)            カヌーを楽しむ

島 固有の植物 動物 珍しく 新鮮で 目から鱗!!の3日間でした。


ヒメシオマネキ    ミナミコメツキガニ   ミナミトビハゼ   ハクセンシオマネキ


シレナシジミ     ノコギリガザミ     オキナワアナジャコ   アナジャコの塚


ハマボウ      ルリカケス       メヒルギ      オヒルギ


アマサギ       マガモ       カワセミ      岩抱きガジュマル

海の幸 山の幸 骨付き豚肉の柔らかい事 おもてなし料理の鶏版に舌鼓打って帰って来ました。又 行きたーい。        16/03/31  書道墨画華道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2016年05月02日 10時23分46秒  /  コメント( 0 )

展覧会は梯子 に限る?

2月29日(月) 4年振りに一日多い この日はもう4年待たないとやって来ません。皆さん何か記念になるような事 なさいました?

私は展覧会 5ケ 梯子しました。上野は都立美術館 無論無料の です。
全日本水墨画展 大東文化大学卒展 嘯龍社展 行動美術TOKYO展 そして古巣の文化書道展 (いずれも29日迄)  フー さすがに疲れますね〜

先ずは 全日本水墨画展 モノクロの世界 イメージを膨らませ乍ら拝見 中には私の狭いイメージ世界では理解不能の作品もありましたけれど……

















月曜日? なんですか上野公園のこの混み具合いは……行き交う言葉は殆ど中国語 噂によれば今中国では空前の日本ブーム…とか ありがたいことです。


Posted at 2016年05月02日 10時23分18秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ