東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2016-02 の記事

優しく あったかく……



お弟子さん(書道) が所属している俳画の会の展覧会 穂有会展 銀座美術画廊 28日(日)迄 お誘いを受けてチャリコちゃんと行って来ました。





外は冷たい風 でもここはどこまでも温かく優しく 救われた雰囲気 門外漢の私には難しい事は判りません。 でも 俳画っていいな〜 日本っていいなあ しみじみそう思わせてくれた 展覧会でした。
                     16/02/25 墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2016年02月25日 19時59分37秒  /  コメント( 0 )

椿と桜 です!!



大島 椿祭りでございます。2月16日(火) この日 なんと7台の観光バスが岡田港から出発しました。椿真っ盛り。大島桜も応援です。

 

 

あったかいイメージで訪ねた大島 なんと雪が残っておりました。冷たい風の吹く中健気に椿が咲いていました。そしてまあ 大島桜 ビックリです。

それになんと椿の種類の多い事! 約3000種? 4月迄楽しめる という事です。寒いけれども快晴 三原山もクッキリ お土産に白椿の苗を買ってきました。

25年くらい前に姑が大島で買ってきた真っ赤な大島椿は私の手が届かない程大きくなって 毎年沢山花をつけ夥しい実がバラバラ落ちてきます。

これで紅白 バッチリです。無事に大きくなって……ネ 
                     16/02/17 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2016年02月18日 19時13分16秒  /  コメント( 0 )

コツコツ 観察お勉強

上野公園 チョ込みでした。風も穏やか そして祭日 大道芸人3組 満開の桜一本 イヤースゴイ混雑

都立総合芸術学校 第4回 業制作展 14日(日)迄

日本画 油画 彫刻 デザイン 映像メデイア専攻

第67回 東洋美術学校卒展13日(土)迄

油画 中国墨画 保存修復 クリエイテブデザイン インデストリアルデザイン マンガ グラヒックデザイン イラストレーション

コミカル モダン 可愛い 世代の違いを感じ乍ら楽しく拝見致しました。







そして最後は 第44回 書道一元會展 14日(日)迄 田邊古邨(明治36年〜昭和55年) 神田錦町生まれの江戸っ子です。

『篆書 隷書 楷書 行書 草書 仮名 全ての書体の用筆法は一つである』という信念のもとに彼が作った一元會 どの作品も同じ雰囲気というのが 良いか悪いか いえ好きか嫌いかという話で …… あっ 次元を低くしてしまって申し訳有りません。





漢字は表意文字 和歌や俳句 そして現代詩にも表現の違いがあります。書体によって変えるのではなく表現したい言葉の意味によって 表現を変える事が出来たらそれが理想 と私は思うのですが……

その為に過去の様々な筆法を学ぶ と私は信じて日夜七転八倒 致しております。
                      16/02/12 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2016年02月13日 14時20分42秒  /  コメント( 0 )

毎年恒例

今年も始まりました。東京都公立学校美術展 14日迄 於東京都立美術館 

















寒さも吹き飛ぶ力作揃い 暑ーい 空気漂う会場風景に圧倒されました。みんな頑張っているよね。
                   16/02/09 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2016年02月12日 11時30分24秒  /  コメント( 0 )

少し暖かになりました。



先ずはお堀端 出光美術館の『書の流儀』 2月14日(日)迄 

スゴイ の一言 <天皇 将軍 高僧 文人 美術家> 鎌倉 室町 江戸 明治 だれでも知っている有名人の『書』がこれでもか!とばかりに並んでいます。

書体 書き方 詳しく説明があり、初心者にも判りやすく、それでいて 凄ーい作品ばかり……

久しぶりに 私の大好きな 一休禅師の作品にお会いできました。『七佛通戒偈』

皇居を見晴るかす休憩所で美味しいお茶を戴き乍ら 至福のひと時でした。



ちょっと寄り道 東銀座 紙パルプ会館5階のミュージアムで 高木聖雨会長の 第27回 郁文社書道展 1月31日迄



ギリギリに滑り込み……青山杉雨 成瀬映山 高木聖鶴 梅原清山 さすがです。

最終日 ということで就活スタイル? 黒ジャケット姿の学生さん?が一杯 多分 大東文化大学 です。みんな 頑張っているね。
                    16/01/31 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2016年02月05日 11時47分28秒  /  コメント( 0 )

春の香り2



左 はるかちゃん 盛り花 垂体 初めて挑戦 今までなかなか垂体に合う花材が手に入らなかったのでチャンスがありませんでした。

花材 房アカシア ダッチアイリス スイトピー 正に今日の房アカシアは垂体にピッタリ。本来植物は 太陽に向かって上へ上へ伸びる性質があるのですが、枝垂れる植物も沢山あります。

枝垂れ桜 枝垂れ梅 枝垂れ柳 代表的なのは フジ(これは花のみ) ですが〜

アカシアの故郷はオーストラリア大陸とタスマニア島 明治にこの房アカシアと銀葉アカシアが渡来しました。柳葉アカシア 杉葉アカシア 三角葉アカシアなどがあります。

ニセアカシアというのはハリエンジュの事で別種です。ちょっと紛らわしい。

幼稚園生だったはるかちゃんも小学生 今迄沢山の花形をお稽古して来ましたので 今日はおさらいです。

先ず盛り花 型が三つあったよね。直体 斜体 そして今日の垂体 配り(枝)で活ける投げ入れにも同じ三つの型があったよね。

花器は垂体なので 足が付いたコンポートという花器です。投げ入れは口が狭く背の高いポットに活けました。覚えているよね。ちょっとはるかちゃん 配りを入れるのが 苦手 なのよね。

でも何回もお稽古して得意になろうね。

右 先輩はドッサリ枝垂れ枝が付いた 一本の房アカシアで自由花 まるで黄色い噴水の様ね。

春は先ず黄色から。マンサク サンシュ レンギョウ そうそうタンポポもね。
黄色って何か元気の出る色ですね。嫌な事一杯あっても 前向いて元気出した行こう!!ネ
                   16/02/05 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2016年02月05日 11時46分44秒  /  コメント( 0 )