東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2015-12 の記事

'15 今日で最後……です。

クリスマスも終わり 今年も大詰めとなりました。ご報告が遅れましたが、12月22日(火) 教育部の稽古納め会が行われました。

紅白に別れ 席書き大会です。交代で審査員にも なります。みんなの前で一発本番で書きました。課題は簡単? ひらがな カタカナ これが以外に難しいのです。

でも緊張して 真剣な眼差し みんな 普段よりずっと巧く書ける。これが狙いです。


                      ○○君には負けたくない!


                      ○○ちゃんには絶対負けない!




            よーく 見せて……      さあ 審判や いかに?



勝ったのは…? 白? 赤?  大丈夫!! 又来年があるのです。鬼? 笑ったり絶対しません。

初詣でしっかりお願いしましょう。来年はもっと上手になりますよう。…

来年は1月4日(月) 5日(火) 学校のお書初めの宿題 成田山書道展の特別稽古 から始まります。

どうぞ良いお年を…              15/12/27 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2015年12月30日 15時08分06秒  /  コメント( 0 )

忙し(師走)くても 展覧会

温かい 小春日和 昇って来ました。上野山 都立美術館 高校生達でロビーは大賑わい。



沢山の会の中 添削会の道すがらバタバタと三つだけ拝見しました。本当にいろんな作品に刺激されます。

先ずは第61回東洋書芸展 20日(日)迄

書道には5体(楷書 行書 草書 篆書 隷書)あるのですが 最近破体というのを提唱する会派があるという事は聞いていたのですが、実際に拝見したのは初めて ビックリです。





第41回 IMA展 韓国 モンゴル ドイツ 交流展 今を彩る市井の絵 と銘打ってバラエテイ豊かな作品がならんでいました。

有料だったのですが、70歳以上は無料だそうで、喜んで見せて戴きました。


                   東洋署芸展の作品



最後に 第28回 水墨画振興展 20日迄 ここはじっくり見せて頂きました。墨画 落ち着きますね〜。





みなさんも是非 上野のお山昇ってみて下さい。上野の森美術館 国立美術館 西洋美術館 合格祈願 ここに参れば絶対落ちないという大佛さんもいるんですよ。

清水さんの舞台(寛永寺)の舞台の前には 植木屋さんが精魂込めて作った浮世絵にも描かれた まん丸枝の松 だってあるんです。
15/12/21 書道 墨画担当 畑田穂苑(益惠)
 


Posted at 2015年12月30日 15時06分57秒  /  コメント( 0 )

ちょっとお寒い芸術の...

始まりました。第25回 国際書画芸術展 入場無料 12月3日(木)迄 於上野 都立美術館 当あかでみいより11人出品しました。

初参加で高橋穂波さん 特選 田村一紅さん横田良子さん 秀作 そして全員入選の快挙です。スゴイ!!

5月(韓国南原) 6月(韓国釜山)から凱旋展覧会 日本参加184点 韓国参加254点 特別出品24点

さらに今年は日韓国交回復50周年の記念の年 韓国パワー全開です。28日の贈賞祝賀会には韓国から40人の参加者!!!











墨画あり バラエテ豊かな書あり 是非会場でとくとご覧あれ!そして益々のレベルアップの為のご指導 ご鞭撻ズ、ズイーっと御願い奉りまーす。

先ずはとりあえず 当あかでみいの皆さんの頑張りに ハクシュー          
                      15/11/26 書画担当 畑田穂苑(益惠)

 
喜びの横田良子さん(秀作)                喜びの高橋穂波さん(特選)

   


Posted at 2015年12月10日 19時22分55秒  /  コメント( 0 )

恒例 日展

 一応今日本のトップクラスとされているアーテスト 応募者の数も半端ではない展覧会 スキャンダル一新後の 改組 第2回 日展 12月6日(日)迄 於国立新美術館(六本木)





今年は全体に応募者が少なかったようで 金曜日の午前中という事もあって 会場は静か 今日から3連休という事で混み合うだろうと重い昨日急いで見て来ました。

先ずは3階から 書道(応募点数8717-483)入選点数952 書道ダントツ1位 入選率ダントツ最下位(苦笑)

工芸美術(同724-72)入選点数430 彫刻(同148-8)入選点数100









2階 1階 洋画(同1967-29)入選点数587 日本画(同452-39)入選点数199 もう大分前から 画材の違い 画題の違いもあまり感じられなくなっています。(分ける必要ある?)


          日本画                      洋画

そういえば 30年前我が家の近く(上野)に居た 大渓洗耳という書家の『くたばれ日展』という著書がありましたっけ。

でも やっぱり 日展 疲れるネー       15/11/21 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2015年12月10日 19時22分21秒  /  コメント( 0 )