東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2015-05 の記事

美 発掘



上野公園 不忍池 びっくり!あの沢山の蓮の枯れ葉は一体何処へ? すっかりきれいな
池には沢山のスワンボート 明るく のーんびり



もう少し行くと左に横山大観記念館 一時日本画壇のドン あの大観の住居が今は記念館になっています。その先の信号を左折 暗闇坂を上って行くと右手に弥生美術館 今日のお目当てはこちら。 弥生美術館



知りませんでした。幻の画家 橘小夢展 6月28日(日)迄 なんとも手の混んだエロチック 発禁の画家 怖くて美しい! じっと見ていると引き込まれてしまいそう!!

小さな版画絵から大きな屏風絵迄 戦時中は発禁処分を受けたのも 納得です。江戸川乱歩 谷崎潤一郎等の小説の挿絵を描き 中原淳一とも親交があったといいます。

明治25年 秋田生まれ 昭和45年 77歳で没 お隣の竹久夢二美術館 夢二も真っ青 スゴイというしかありません。          15/04/09  墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2015年05月07日 19時56分09秒  /  コメント( 0 )

ほっと一息 です。

第11回 竹心展  浅草リバーサイドギャラリー 5歳の保育園児から80歳の達者なおばあちゃん迄 全129点の作品を見て頂く事ができました。
 
そして 11日 無事 終了致しました。浅草は今や全国区

北海道 仙台 新潟 富山 大阪 京都 九州は大牟田 福岡 長崎 四国は愛媛から 4日間で700人もの方に見て頂き 様々 ご感想を頂きました。 ほんとうにありがとうございました。これを励みに また2年後 もっと良い作品をお目にかけるべく 精進して参ります。

『褒められよう』『認められよう』と言う気持ちが働く内は本物ではない とか『ほめ殺し』なんていう言葉もありますが、褒めるのがあまり得意ではない日本人の中で、その心配はあまり無い?

ただ黙々と こつこつと 我が心の赴くまま ひたすら(墨)に(花)に対峙していけたら どんなに幸せかと、思いを新たにした4日間でした。心より御礼申しあげます。    
           10/10/13   華道 書道 墨画担当 畑田益惠 号穂苑


     



Posted at 2015年05月02日 15時47分02秒  /  コメント( 0 )

2年に1度のお目見えで...

 

第11回竹心展
 10月8日〜11日

始まりました。まだまだお見苦しい作品ばかりですが、去年より今年 今年より来年と、会員一同精進の結果です。ご高覧頂きご指導ご鞭撻 よろしくお願い致します。
            10/10/09  書道墨画華道担当 畑田益惠(号 穂苑)


Posted at 2015年05月02日 13時56分11秒  /  コメント( 0 )