東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2014-06 の記事

梅雨の晴れ間

暑かったり 急に涼しくなったり 変な陽気ですが お変わりありませんか?
先日 貴重な梅雨の晴れ間に行って参りました。

柴又 帝釈天にお参りし 素晴らしい彫刻ギャラリー 素敵なお庭を見て来ました。大正から昭和の始めに 仏教の経典をモチーフに精魂込めて彫られた彫刻の 緻密な芸術を堪能しました。



お庭を巡り乍ら法堂の中に 沢山の墨絵や書作品が展示されており 横山大観の大きな屏風絵(群猿図)が目を引きました。

近くには豪商山本栄之助の屋敷が公開されており、和洋折衷の屋敷 素敵なお庭も見る事ができました。

山田洋次監督や寅さんのギャラリーもありますが、矢切の渡しを見 川千家で『鯉の洗い』『うな重』を戴き お店の前に飾られた 花菖蒲の鉢植えの数々を堪能してきました。



柴又 良いですよ〜 寅さん 団子ばかりじゃ〜 ありません。
                       14/06/12 書道墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2014年06月21日 06時50分14秒  /  コメント( 0 )

展覧会は楽し2





暑い 暑いなんて言ってられません。国立新美術館 6月15日(日)  照りつける太陽より 熱い作品が並んでいる会場を経巡って参りました。何と私の作品も 熱い仲間入りを果たしました。

乞われて恐る恐る出した作品が なんと特選に選ばれたのです。そりゃあもう 一生懸命 書きましたけれど……。

書象展 日本の書展 22日迄   国際墨画会展23日迄





木簡書 篆書 隷書 かな 近代書 琴線を揺する作品の数々 そんな中で際立つ作品 どこが違うのでしょう? 手探りで 一生稽古 しかないですよ ねえ〜 



ここも毎年拝見しています。無料だから でしょう? ハイ そのとおり!
日本だけじゃない。中国 台湾 オーストラリア ニュージーランド マレーシア アフリカまで 穏やかな墨の作品

ここでは 絶対に 戦争なんか起こりません。この平和 いつまでも続いて欲しいものです。
                   14/06/16 書道墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2014年06月17日 17時14分12秒  /  コメント( 0 )

なんと暑いこと!



ご存知でしたか? 講談社野間記念館 目白通り椿山荘の裏手にあります。見て参りました。

近代日本の水墨画展  7月21日(月祭) 迄 月•火休館(祝祭日は振替)

墨は五彩 いえ無限です。一色ながら 濃淡潤渇の千変万化 それだけに怖いところもありますが。名だたる画家達が真摯に墨と向き合った名品ぞろい。

横山大観 竹内栖鳳 川合玉堂 堂本印象 川端竜子 中村岳陵 平福百穂 小杉放庵 榊原紫峰 小粒ながら見応えのある作品が並んでいます。

中でも川合玉堂の『渓山月夜』が特に印象的でした。

近くには 細川家のお宝公開の『永青記念館』カテドラル大聖堂 芭蕉庵など見所たっぷり 椿山荘のお庭を見るも良し 格好のデートコースですよ。

無論 雨郷先生と一緒に………ハイ    14/05/28 墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2014年06月17日 17時09分19秒  /  コメント( 0 )

ラッシュウアワー?

池坊 いけばなの根源 花の品格展 MITSUKOSHI 日本橋本店 13日迄



とにかく 混んでました。入り口から行列 凄いです。こんなに人気だったなんて……有り難い事です。


第四十五世 お家元 ろうそくの灯りの下で        次期家元由紀先生



花の力って 本当にス ゴ イ ですね!  14/05/10  華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2014年06月17日 17時08分54秒  /  コメント( 0 )

14/ゴールデンウィーク...

今日はちょっと涼しいけど 早くも夏日! 日本は亜熱帯? しかも今朝は早くから東京は 大きな地震で叩き起こされました。千代田区(お隣)で震度5弱 コワいですね〜

壁掛け時計と飾り小物が少し落ちただけで 助かりました。

さて この連休 まだご旅行中の方も大勢いらっしゃるでしょうね。私は遷宮騒ぎもちょっと落ち着いたかな?新旧2つのお宮さんが見られるうちに という訳でお伊勢参りに行って来ました。

でも訊ねたのが連休初日 絶好の行楽日和(夏日でした)かなりの賑わいでびっくり!五十鈴川で手を清め 内宮 下宮 両方お参りして来ました。

神馬は留守でしたが、木立の中で立派な鶏冠の鶏さんが迎えてくれました。今回3回目で初めてお目にかかりました。皆さん ご存知でした?



二見が浦の夫婦岩を見て 鳥羽から舟で20分 答志島に泊まりました。

人口2600人 船便が少ないので大阪育ちの仲居さんは不便だとコボシておられましたけれど居ながらにして朝日 夕日が見られのんびり静か まるで時の流れが東京とは別物!でした。



海岸には ひじきが所狭しと広げられ さわら漁の舟がずらりと並び 対岸の鳥羽には 竜宮城をかたどった観光船に大きな乙姫さまが立っておられました。

命の洗濯 パワースポットで沢山『気』を頂いて参りました。又今日から元気でがんばりまーす。(子供の日だけどお稽古あり)
                14/05/05 書道墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2014年06月08日 14時04分34秒  /  コメント( 0 )

四季 おりおりに……

下の4点は2回目の個展 穂苑書画展(平成25年11月3日〜5日 於 台東区リバーサイドギャラリー)にて発表の作品です。

日本の原風景を 書と墨画が一体となった作品で表現できないものか と考えて制作致しました。



流よ冷たきうれい秘め ながれてゆくか麓までも まだみぬ顔の不可思議の
咽喉(のんど)の見えるあたりまで……  中原中也詩  60cm×160cm




木啄も 庵はやぶらず 夏木立  松尾芭蕉句  60cm×160cm





秋空は鈍色にして 黒馬の瞳のひかり 神もなくしるべもなくて 窓近く婦(をんな)の
逝きぬ 白き空盲(めし)ひてありて 白き風冷たくありぬ    中原中也詩
                          60cm×160cm




有難や 雪をかほらす 南谷   松尾芭蕉句  60cm×160cm

  14/02/24 書道墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2014年06月08日 14時03分56秒  /  コメント( 0 )

3/11を思い出す



あれから もう3年 東日本大震災 あの日私はこの 謙慎書道展 (池袋サンシャイン文化会館) にいたのでした。今日は ほんとうに穏やかな暖かい日で 有り難いことです。

                   3月27日迄 都立美術館 サンシャイン文化会館





サンシャインから都立美術館迄 無料送迎バスが出ていて30分で 池袋から 上野へ

都立美術館を借り切った大規模な展覧会 じっくり書き込んだと思われる作品の数々 
圧巻 でした!

帰り道 浮世絵になぞらえて 植木職人さんが苦労して育て上げた 円形の『月の松』凄い ですね〜 執念を覚えます。えっ? 松の気持ち? ………判りません……
                        14/03/22 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2014年06月08日 14時02分49秒  /  コメント( 0 )

作品集を発行して

ようやく暖かくなったと思ったら もう夏日? なかなか うまくいきません。

昨年11月3日〜5日 浅草リバーサイドギャラリーで個展を開かせて頂きました。

ご覧下さった方 飾り付けや撤去また受付など お手伝い下さった方のお陰で盛況の内に幕を下し コツコツと原稿を作り ようやく作品集『穂苑書画展』A4版横綴じ70頁 発行にこぎつけました。

大変ご好評頂き ほっとしているところです。

60歳の華甲展の作品集『穂苑華甲展』A4版52頁 
其の前45歳の時に発行した シルクロード旅行短歌集『高興的絲繍之路』A5版82頁とともに3冊 この度 
国立国会図書館に収蔵して戴きました。

作品を買って下さった方にもこの場を借りて 心より厚くお礼申しあげます。





書画の道に卒業はありません。今回 欲張って後50年修行します。 とあとがきに書きました。50年は無理? でも 臨終を迎えるその日迄(笑) がんばりまーす。 
                14/04/28 書道 墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2014年06月08日 13時57分17秒  /  コメント( 0 )

心 引き締まる新年初釜

  

兎の年 明けました。おめでとうございます。お茶の心 大切に今年も兎のように心優しく 倦まず弛まずひとつひとつ丁寧に心籠めて お稽古を重ねて行きましょう。

お昼寝をしていて 亀さんに追い越されないように? いえ そんな事 気にせずにマイペースでね!
                       11/01/11   茶道担当 畑田宗尚


Posted at 2014年06月08日 13時46分30秒  /  コメント( 0 )