東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2014-05 の記事

ひたすら コツコツと……

第2回めの個展 穂苑書画展 平成25年11月3日~5日 台東区リバーサイドギャラリーより

 

爾来 書画聯 として拙い作品を 完成させてきました。

一昨年 産経国際書展に発表した『慟哭』に墨画『慟哭』を聯に致しました。突き抜けるような深い悲しみ どうこらえたら良いのでしょうか? 教えて下さい。 ねえお猿さん。




散華』の書作品はずいぶん前のものです。桜の写真と組み合わせて ポストカードにしたりしてきました。

散華というのは中国で 天女が空から桜ではなく(もともと中国に桜は無い) 蓮の花びらを撒いて 幸せを分け与えて下さるというのです。

華道 池ノ坊の花伝書に 蓮の生花一種活け というのがあります。願いを込めて墨画に致しました。


 

カンボジア アンコールワットの手前 ジャングルの中の細い道を入った所に アンコールトムのほか 今も 点々と古い遺跡が残っています。

アンコールワットは日本等も協力して すっかりきれいになってしまいましたが、他の遺跡はジャングルの中でよくぞ生き延びた という雰囲気で残っています。

悠久』』の時を刻み乍ら……       
                        14/03/04 書道墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2014年05月28日 20時57分09秒  /  コメント( 0 )

季節の花の色

   

季節によって花色は移り変わります。春 最初に目を楽しませてくれるのは黄色が多い。福寿草 タンポポ 菜花 そして マンサク サンシュ レンギョウ…… 

それから 梅 桃 桜 ボケ ピンクがだんだん濃くなって 八重桜のあの華々しいまるで赤のような桃色 それからちょっとひかえめになって白 ユキヤナギ コデマリ クチナシ ムシカリ 

紫は 桐 アジサイ 藤そして極め付きは 花菖蒲 今が旬 5月5日 男の子の健やかな成長を願って鯉のぼりを立て 菖蒲湯に浸かる。

お風呂に入れるのは 野菖蒲で別種 野花菖蒲を改良して作られたのが花菖蒲{ちょっとややこしい) 世界にジャパニーズアイリスとして知られています。

いずれアヤメかカキツバタ さらにイチハツが加わります。なかなか見分けがつきにくい。
特に江戸時代 こぞって新種が作られた花菖蒲には 約2000種もあるそうです。

伊勢系 江戸系 肥後系 それぞれ特徴があります。花言葉は 『優しい心』

左 花菖蒲に 半分に切ったモンステラで動きを出し 百合 スターチス 小菊(黄色)をあしらって 自由花 です。

右 盛り花 斜体 花材は朝鮮レンギョウ 百合 変種の中菊 

そして ラナンキュラス 金鳳花科の球根草 ポピーやアネモネの仲間です。花びらの数の多い事  今日はクリーム色ですが 花色も豊富です。

花の重さの割に茎が華奢なので要注意 花言葉は 『晴れやかな魅力』 そしてなんと 『忘恩』 だそうです。恩を忘れちゃ〜いけません。
                     14/05/03 華道担当 畑田益惠{穂苑}


Posted at 2014年05月26日 14時03分22秒  /  コメント( 0 )