東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2014-03 の記事

貴方の春はどこから?



左 自由花 花材 榊 洋蘭(シンビジウム黄色 ハンターズポイント'サンセット) 
百合(スカシユリオレンジ色のコリナ)

花屋さんの店先に 見た事も無い枝物発見! ご主人に伺うとなんと『榊』だというのです。

神棚に供えるあの おさかき こんな大振りの枝は 初めて見ました。いつも小さな束になって売られていますから。よく見ると 葉裏に小さな白い花が点々と対いています。

今が花時なんだそうです。  

春 やって来ましたね〜。あちこちから桜便り でも今夜から明日 お天気下り坂 てるてる坊主下げましょうか。

右 我が家の前の花壇 私が台東区にお願いして植えさせて貰った 大島椿とユキヤナギ 今正に満開 見事です。

大島椿は今から20年位前 大島に旅行した今は亡きお姑さんが お土産に買って来た小さな苗が こんなに大きくなりました。お姑さんとは38年一緒に暮らし 私が看取りました。

ユキヤナギは今も95歳 元気に一人暮らしをしている 実家の母の庭から 脇芽を貰って来て植えたもの どちらも見上げるような大きさです。

私の元気の源 です。             14/03/28 華道担当 畑田益惠(穂苑) 


Posted at 2014年03月29日 10時03分30秒  /  コメント( 0 )

春なのに〜

  

左 はるかちゃんが活けました。(ご機嫌!) 盛り花 斜体 花材 チューリップ(深紅) デンフレ スプレーカーネーション ヒペリクム

しっくりくる枝物が 花屋さんで見つからず、家の前の花壇に自生している枝に 登場して貰いました。

はるかちゃんに名前を聞かれましたが、断りもせず勝手に生えて来たので判りません。10年くらい前から生えているのですが、未だ花も咲かなければ 無論実もつけません。

名無しでごめんなさい ね。

右 生花正風体 二種活け  花材 きぶし フリージア 

きぶし 又は きふじ 木五倍子 と書きます。今は緑色の小さな花が垂れ下がって咲いていますが、夏には実がなり 黒色染料の材料となったのだそうです。

今時 郊外の林の中を注意して見ると 結構良くみかけます。

フリージア 菖蒲科の球根草 南アフリカ原産 良い香りが部屋中に漂います。色も豊富 
黄色 白 オレンジ 赤 紫 ピンク 青 

花言葉は純潔 無邪気 あまり大きな花ではありませんが、存在感 ありますね〜                             14/03/20 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2014年03月23日 12時18分40秒  /  コメント( 0 )

ハピイ バースデイ

ハピイ バースデイ えっ 誰のかって? 無論私めの でございます。

もう 歳は要らないのです! でも 縁起物だから という訳で 行って参りました。

鶴巻温泉 かの明治天皇もお泊まりになったという 陣屋 以前は三井財閥の持ち物で 其の昔 鎌倉武者 和田義盛の屋敷跡 1萬坪のお庭には悠々と錦鯉が泳いでおりました。
               http://www.jinya-inn.com

久しぶりに 普段 散り散りの家族が揃って 独特のお湯に浸かり 美味しい御膳に舌鼓を打ちました。





夕食は池に面した シックな食堂で選びぬかれた地元の食材を 上品な味付けで仕上げた 逸品料理 外には 数個の篝火が炊かれ 池の水面に映って なんとも幻想的な眺めです。

ここは又 幾多の将棋 名人戦の行われたところで 将棋フアンにとっても聖地のような所です。

将棋を知らない私でも 大山 米長 中原 羽生 etc 知った顔の名人達の写真や書が 所狭しと飾られているのです。





一芸に秀でた方の書は またなんとも味がありますよね〜 巧い下手を超越しています。良寛さんは書家の書を嫌ったそうですが〜 私としては ひたすら修行あるのみ です。
                 14/03/18(71歳の誕生日) 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2014年03月18日 20時29分45秒  /  コメント( 0 )

三寒四温の中で。



左 盛り花 垂体 花材 コデマリ スイトピー3色 チューリップ黄 キンギョソウソリダコ スターチス

コデマリ ゴージャスですね〜 中世貴婦人のドレスのようです。

中国原産 バラ科の落葉低木 植物は本来真っすぐ伸び上がって行くものですが、他にも桜や梅 桃などにも枝垂れるものがあり 恥じらうような優しさを感じます。花言葉は 努力

似たような トサシモツケはイワデマリと呼ばれて 四国に自生しています。

チューリップは花びらの先が鋭くとがった 黄色の可愛い園芸品種 これを活けた はるかちゃん(5歳)が 妖精のスカートみたい と言いました。スルドイ!


右 生花正風体一種活け テッポウユリ 百合も今たくさんの園芸品種があり 華やかなイメージの物ばかり、やはり正風体は古典花形なので 華やか というよりは楚々としたイメージに活けたいのです。

近年作られた 新風体ではお生花と言えども モダンの追求となりましたし、現代の建築にあまりに楚々としたものは 合いません。

日本は大きく 変化していますよ〜今 私なんぞ ついていけません。古い女ですから……
                    14/03/14 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2014年03月14日 12時24分42秒  /  コメント( 0 )

恒例 文化書道展

文化書道展 3月8日迄 東京都立美術館







東京は 二度の大雪の後 7日の夕方も一時 激しく雪が降りました。でも上野公園の入り口はもう桜祭りの準備ができ すぐ脇の桜の木に 開花を見つけました。

〜もう すぐ 春ですねえ〜        14/03/09  書道墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2014年03月09日 11時21分14秒  /  コメント( 0 )

春はそこ迄

   

左 生花一種活け アマリリス 久しぶりですね〜 アマリリス 彼岸花科の球根草 メキシコ 南アメリカに70種分布 日本には 江戸末期に原種が渡来 今のような 大振りの園芸品種が入って来たのは 戦後の事です。

〜ラリラリラリラ 調べはアマリリス〜 ご存知ですか? 赤 ピンク オレンジ 白 複色の八重咲きもあります。

お生花で活ける時は出生を大切に 和合4枚の葉組の外に花を挿します。茎が空洞なので必ず添え木を付けます。

手前 下段の体は 3枚の葉組として 葉は奇数枚とします。鮮やかな大振りのアマリリス 花言葉は おしゃべり です。 えっ お前の事だろう? その通り です。 ハイ

右 自由花 花材は 雲竜柳 白のフリージア キンセンカ 

暴れん坊の雲竜柳 生命力旺盛で お水の中でニョキニョキ根が生えます。うっかり地植えをして その暴れ振りに音をあげた友人がいます。

雲竜柳に存分に暴れてもらって キンセンカをポイントに。菊科の一年草 春先 房総で一面キンセンカの畑を見ました。南ヨーロッパ原産 こんなに明るい花なのに なぜか花言葉は 悲歎 離別を悲しむ 

毎年 卒業式の頃に咲くから……? 

甘い香りの白のフリージアが なおさら 感傷的 ですか? 南アフリカ原産 花言葉は 純潔 無邪気  心はいつまでも そうでありたい。えっ 無理 ですか?

                      14/03/06 華道担当 畑田穂苑


Posted at 2014年03月07日 06時49分42秒  /  コメント( 0 )