東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2013-08 の記事

日本の書の歴史の中で……

すこ〜し爽やかになったかな? みなさんの方はいかがですか? 

和様の書展 9月8日(日)迄 東京国立博物館 平成館 行ってきました。



鹿下絵和歌巻断簡〜しんがりの杉岡華邨迄 平安時代(9世紀) から現代(21世紀)迄 日本人の美意識を支えて来た書 中国(唐様)の書から見るとなんと律儀な なんと優しい そしてなんとひ弱な……と言ったら叱られるでしょうか?

3回の掛け替えがあるので たまたま今回に限ったこと?

一休さんとか 良寛さんとか 日本人でも力強い書を残した人は 数多いるのになぜ? 主催者の意図的な選択を感じたのは 私だけでしょうか?

ここに並べられた 国宝 重文 重要美術品を含んだ 160点余を否定するなんておこがましい気持ちは全くありません。でも 和様 はこれだけではないぞ! と言うのが 私の本音 です。
                           • • •
圧倒的に かな と お経 が多い。和様 唐様 というくくりが いまいちよく解らない展覧会 ではありました。

本館に回って ホッとして(こちらはいつも閑散としている) 外に出て 右を振り返れば もうそろそろ4時になろうかというのに 平成館に続く人影 

サルスベリの白い花(白は珍しい) が涼やかに咲いていました。                                     13/08/03 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2013年08月16日 14時44分17秒  /  コメント( 0 )

花の力 2



             自由花2種

左 花材 モンステラ カーネーション アルストロメリア スターチス かすみ草
カーネーションも本当に種類が多くなりましたね。母の日と言えばカーネーション 

5月になるとぐんとお高くなったものですが、この頃はお母さんの好みのお花を送ったり、趣味の洋服や雑貨などを送る人が増えたようで、特にお高くなったりはしなくなりました。

モンステラ インパクトありますよね〜 里芋の仲間です。かすみ草が強烈なイメージを優しく包んでくれています。

右 花材 バイカウツギ ガーベラそしてもう一度 カーネーション 何と言っても5月はカーネーション お母さん ありがとう!です。花器を二つ使いました。

今の季節 山野は白い花でいっぱいです。ヤブデマリ カンボク ヤマボウシ 大きいところでは、ホオの木 タイサンボク かわいい所でエゴノ木等々 今日はバイカウツギです。

ユキノシタ科の落葉低木 枝先に4弁の香りのある白い花をつけます。枝の中が空洞になっているので空木 うつぎです。同じ仲間に白い小花を塊につける ノリウツギがあります。

ナナカマド リョウブ そういえば クチナシも白 でしたね。なんとなく白は汚れない清純なイメージですよね。長く人間やっていると 嫌でも汚れて図図しくなってしまいます。

あ〜昔に戻りたーい 無理? 判っています。 13/05/23 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2013年08月16日 14時17分09秒  /  コメント( 0 )

展覧会梯子はいくつ?...

  

雨の中をてくてくと まずは京橋 ギャラリーくぼた 第13回創造美術界 東京支部展 8月4日迄

仲良しの知人の作品を 本展(都立美術館) で拝見したばかり 今日は優しいメルヘンチックな小品です。そのまま てくてく日本橋へ……



    

東海東京証券ギャラリー アメリカ スミソニアン自然博物館の 
        自然最高写真日本 8月3日迄

NATURE’S…………勝手に翻訳させて貰いました。お許しあれ……絵画のような…といったら叱られるでしょうか? ジュニア部門も力作揃いでした。ため息をつきながら 拝見しました。

自然の美しさは 人知をはるかにこえています。只頭が下がる思いです。心をきれいに洗浄して頂きました。 ア リ ガ ト ウ !!

お向かいの丸善書店の3階で 熊谷守一版画展をやっていました。守一独特の世界 マルだの三角だの四角が 鳥や猫や花の中で 楽しそうに踊っていました。



雨はまだ上がりません。降ったりやんだり……地下鉄で上野に戻って来ました。

今度は 上野の森美術館 産経国際書会主催の 書家たちの『宝もの』展 みなさん本当に凄いお宝をお持ちなんですね〜書くだけで精一杯の私には遠い世界のお話です。

見た事も無い 太鼓のような形の硯 見事な文房四宝 律儀な書体(無論毛筆)の東条英機の書簡 宮本武蔵のだるま絵 亀田鵬斎の6曲1双 狂草の屏風がたのしげに でもちょっと苦しげにくねっていました。

他にも池大雅 川合玉堂 中村不折 楊守敬 市河米庵 趙之謙 上田桑鳩 水上勉 中曽根康弘 etc etc

今日の本目はこんなんじゃ〜ありません。ひがんでる?とんでもない。気を取り直して 
産経国際書道展 の方へ……はい。 31日迄  








当あかでみい から 今年は4人出展 全員入選を果たしています。良く頑張りました!
良い作品をじっくり見せて貰って 来年は更なる上を目指して 頑張りましょう!!!

えっ 鬼が笑い ますか? いえ1年なんて あっという間 です。年をとればとる程 ネ。
                        13/07/29 書画担当 畑田穂苑


Posted at 2013年08月07日 14時31分52秒  /  コメント( 0 )