東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2013-05 の記事

古都 花巡り

ゴールデンウィーク どこか行かれましたか? 混んでいるし お値段高いし 家で寝ているのが一番ですか? えっ 海外でしたか? 羨ましい!

私 連休明けを待って 奈良 京都の花を訪ねて来ました。桜が終わった今 まずツツジ  シャクナゲ 藤 牡丹 シャクヤク そして早くもアヤメ類が見事に咲いて 大歓迎してくれました。



奈良の石光寺は 牡丹が有名なのですが、ちょっと遅かったようでシャクヤクが見事でした。



室生寺のシャクナゲ 春日大社万葉植物園のカキツバタ 藤 シャガ 堪能しました。

  

特に凄かったのが 藤でした。20品種 200本の藤が園内いっぱいに甘い香りを漂わせて
いました。以前足利フラワーパークで見た藤も見事でしたが、ここは早咲きから遅咲き迄 沢山の藤が楽しめます。

管理員さんに伺いました。山藤は蔓が左巻き 野田藤は右巻きって 本当ですか?
本当です。やはり山藤は 木に巻き付いて締め上げる 『山のギャング』 だそうです。

今年は陽気の関係で 早咲き(麝香藤)が まだ咲いていて もう遅咲き(野田長藤)が 咲き始め一度に沢山見る事ができます。特に珍しかったのが八重黒竜藤 初めて見ました。

他にも万葉集に出てくる植物がずらりと並び もう花は少ししかありませんでしたが、椿園もあります。シャガも何処で見たのより背が高く 立派でした。

引き水を悠々と泳ぐ色とりどりの 鯉 春日大社万葉植物園 絶対お薦め です。
             http://www.kasugataisha.or.jp/h_s_tearoom/manyou-s/
                   13/05/10 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2013年05月12日 15時59分59秒  /  コメント( 0 )

はとバスで行ってきま...

日帰りバスツアー 秘湯の宿 養老温泉 滝見苑とたけのこ掘り

食いしん坊の私は たけのこ掘りに舌なめずり(笑)知人には 今頃?もう遅いんじゃない?と 怪しまれ乍ら心ウキウキ参加しました。

天気予報は全国的に荒れ模様 でも私は晴れ女 一応用意はしたけど 傘を使うことなんかない と自信を持って出発!

先ずは 千葉県夷隅郡大多喜町の観光たけのこ採取園 一人2キロ迄持ち帰れます。中くらいのを2本が目安。でもやっぱりちょっと遅かった たけのこはもう私の背丈より大きく伸びていました。

頑張って1.5キロの大物を現地のガイドに手助けしてもらい乍ら掘りました。小さいのを掘ったところで専属カメラマンが トイレ〜と言って 山を降りてしまっていて写真が無いのが本当に残念!

養老温泉 滝見苑で頂いた たけのこづくしのお料理も絶品でした。掘った時にもかじってみたのですが、たけのこのお刺身(真ん中 竹を斜めに割った器のなか)は全くアクが無くハリハリとした食感が何とも言えませんでした。

  

でも竹って不思議な植物ですよね。私は昔から松や梅より竹が好きで、支部名も 竹心  とつけたのですが、竹って 木ですか? 草ですか? 笹もありますよね〜。でなんと イネ科だそうです。

たけのこの季節 今は竹にとっては 秋 どこの竹も何となく黄ばんでいます。秋になると竹の葉は生き生き緑色になります。しかも竹は花が咲いたら 枯れてしまうと言います。

楽器になったり 工芸品の重要な材料になったり、最近は雨後の筍なんて言われる繁殖力の強さにお手上げ状態、紙の材料に という話もあります。そう昔はこれで筆管だけでなく 筆の穂迄 作ったりもしたのです。

しなやかで 雪に埋もれていても 雪が解ければまたピンと立つ。
『ますぐなるもの地面に生え、するどき青きもの地面に生え』

私はまだ竹の花は見た事がありませんが、稲の特徴が判るそうです。中国のパンダセンターでも 竹の開花にはお手上げだと 現地の飼育員に聞きました。

竹の中から かぐや姫が出て来たり……そういえば 滝見苑 たけのこづくしのお料理は かぐや姫御膳となっていました。 竹って本当に面白いですよね。

今の時期はあちらこちらに 見事な 山藤 巻き付いた木の大きさで 高かったり低かったりつる性の植物って ずるいと思いません?太陽独り占め ですよね。

ところで 山藤の蔓は左巻きって聞いたのですが 本当でしょうか?

滝見苑の前の山道を降りた所に 粟又の滝 があります。昼食を頂いて ゆっくりお風呂に入って(化石の湯 願いの湯 長寿の湯)さてこれから滝を見に行こうとしたら 急に土砂降りま たまには神通力が切れる事も〜 ハイ



最後に案内された『東京ドイツ村』に着いたときにはすっかりあがっていました。イエ〜イ

雨雲を払うときちょっと強く吹き過ぎたせいで 風速20メートルを超えてしまい アクアラインが通行止めになってしまいました。ゴメンね。

帰ってから早速 二人分4キロのたけのこを茹で上げ これからしばらくは たけのこ三昧 
たまりませんね〜           13/05/01   華道担当 畑田益惠(穂苑)           


Posted at 2013年05月12日 15時52分02秒  /  コメント( 0 )

仙台は元気です。



久しぶりの仙台です。震災にあった人に美しい物を見て元気になって欲しい と ジョー プライスさんとエツ子夫人が個人収集の江戸時代の日本画を100点も 公開して下さったのです。

タイトルは 若冲が来てくれました。曾我蕭白 円山応挙 長沢蘆雪 酒井抱一 鈴木基一等 有名人が目白押しですが、中でも圧倒的に多いのは 伊藤若冲です。

数々の名画がありますが中でも圧巻は 8万6千個もの升目に描かれた 鳥獣花木図屏風!
いやいや〜ビックリです。場所は仙台博物館 http://jakuchu.exhn.jp 5月6日(月)迄



せっかくなので 白石川の一目千本桜を見て来ました。雪をかぶった蔵王の山々 見事な桜に息を飲む思いでした。

仙台はささかまぼこが有名ですが 牛タンも美味しいのです。駅の中に牛タン通りがあるのです。勿論たらふく(笑) 頂いて来ました。昼食を頂いた みちのく というお店は郷土料理 

芭蕉の奥の細道の一節が墨絵とともに描かれていました。作者は虹泉となっていました。がっぱ天 春の味覚 なんとふきのとうの天ぷらでした。

心もお腹もいっぱい の 陸奥の旅でした。      13/04/18 書画担当 畑田穂苑


Posted at 2013年05月06日 15時58分41秒  /  コメント( 0 )

夏が来〜れば



左 生花正風体二種活け 花材 あじさいの芽出し スカシユリ

アジサイの芽出しなんて珍しいですよね。花はまだまだ でも芽出しもなかなか立派です。花は色変わりするところから 薄情 とか 移り気 なんてあまり良くない花言葉。

でも 百合は歴史も古く古代ローマの神話に登場 原種が100種 園芸種が2000を超えるそうです。花言葉も『純潔 飾らぬ美 荘厳』 ちょっと不公平 一票の格差的 なお話です。

右 自由花 花材は 白い小花びっしりのドウダンツツジ あぶらツツジではないようです。新種 でしょうか? サラサツツジににていますが、花色が違います。

そして 気品漂う白いデンフアレ 赤い実のヒペリクム この実はやがて 紫から黒に変わります。別名 コボウズオトギリ 西ヨーロッパ 北アメリカ原産 オトギリ草科の半落葉小低木です。

花器を二つ使って豊かに活けました。

花の力 桜前線はだいぶ北上してしまいました。今年の桜はずいぶん長持ちしました。お疲れ様 でした。                  13/04/12 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2013年05月06日 15時58分28秒  /  コメント( 0 )

書道博物館では



唐時代(618~907) 中国文化が絢爛と花開いた時 日本からも命をかけて 遣唐使を送った時代 東晋の王羲之から 私たちが今勉強している書道の基本は この時代迄のものがとても多いのです。

中村不折のコレクションの中は 顔真卿 孫過庭 欧陽詢 太宗 の素晴らしい作品がザクザク 
今でもこれらの古法帖を開いて 臨書している時が至福の時です。

書いても書いてもなかなか近づけない時 『まだまだ』と顔真卿 これでどうか?と私 『まだまだ』と顔真卿 必死で書いて 『うーん 少しは良くなったかな?』と顔真卿 

まるで 背後霊? でも顔真卿の背後霊なら 大 歓 迎 !
                      13/04/12 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2013年05月06日 15時57分02秒  /  コメント( 0 )

変幻自在でありたい


  森羅万象に仏心有り    暮春帰故山草堂 その1     同じくその2
                           第11回 竹心展 出品作品


Posted at 2013年05月06日 15時56分05秒  /  コメント( 0 )

シドニーの暖かさ



国立シドニー大学は素晴らしいキャンパス 09/04/20 書道墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2013年05月06日 14時58分19秒  /  コメント( 0 )

始まりました。

     第42回交通安全祈願 蘭生展 10月29日〜31日 於 浦和埼玉会館



交通事故撲滅を祈った書道展 力の籠った作品が並びました。是非ご高覧下さい。
えっ 台風14号が心配? 雨にも負けず 風にも負けず 何かあったら責任?

あっ ゴメンナサイ 取れません。でもこんなに沢山の力作 貴方に見ていただきたいな〜
                     10/10/29  書道担当 畑田穂苑




追 10月30日(土)に行われた 贈賞式の様子をお知らせします。
埼玉会館 大ホールに307名の受賞者が集まりました。台風14号のまっただ中 雨にも負けず風にも負けず………
この情熱がきっと花咲き 実になる事 請け合います。
                      10/11/03  書道担当 畑田穂苑

                       


Posted at 2013年05月06日 13時48分36秒  /  コメント( 0 )

恒例 認定書授与式



2月の授与式以来 早半年が過ぎ 前期認定証授与式となりました。一般師範 雅号教育部十段認定です。

当あかでみいより 毛筆 硬筆共に 十段合格で6年女子が一人(森瀬瑞巴さん)堂々と参加しました。

やったね!(9月4日 於 鳩ヶ谷中央公民館)

鳩ヶ谷祭りが盛大に行われておりました。鳩ヶ谷市としてのお祭りは今年が最後 残念ながら10月から 蕨と鳩ヶ谷は川口市に吸収合併されます。

はとがや市民新聞も10月からは はとがや新聞 となります。
合併反対の声も大きかったように聞いていましたが、案外すんなりと決まってしまった様です

小さい市には あんまり合併のメリットはないのでは?と思いますが……
川口在住の鳩ヶ谷市長さんだった事もあって簡単に決まった様です。良いのかな〜 って心配してみても始まらないか……

その後 会場を変えて(南鳩ヶ谷 ビューテイプラザ、オークラ)4時より 産経国際書展入賞者の社中贈賞式 当あかでみいは 出品者6名 全員入選 全員出席 先ずは存在感 アピールです。

その後納涼会 台風の後遺症 じめじめ暑い納涼会 でも歌あり ダンスあり 中華料理に舌鼓を打ち 程よく酔って 楽しい会 松茸のお土産付きでした。

香り松茸 味しめじ 松茸ご飯と まいりましょうか? 楽しみ楽しみ えっ 一緒に食べたい?
良いですね〜 秋の香り 満喫しましょう1!!
                       11/09/05 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2013年05月06日 13時27分21秒  /  コメント( 0 )

展覧会を山車にして

   産経展  見てきました。
毎年この展覧会を楽しみに 来て下さるお友達が何人か居ます。
展覧会を見た後のお食事(無論ビールで乾杯の後)がお目当てだったりして • • •

  
漢字 かな 大字書 みんな力一杯の作品です。あまりに数が多すぎてゆっくり見ていたら何日もかかってしまいそうです。どうしても流してしまいます。

現代人はみな忙しいのです。仕方ありません。
それに書いた人の熱気にあてられて 疲れてしまいますから • • • 文句は言えません。

でも でもです。そんな中に ふと おや? あら!いいわねえ。と思わず足を止めてしまう作品が 必ずあります。そして立ち止まってつくづく眺めてしまいます。

中には 何処を探しても全く文字が見えない作品 心象風景かな?と思われる物も見受けられました。
個人的に言わせて頂けば 書道展でなくアート展のほうに出して頂きたいと思います。

目を覆いたくなる程 これ見よがしの 悲しい作品もないわけではありません。

しかし なぜか判らないけど 引きつけられる作品 それこそが本物なのでしょう。
他はみな偽物?

そこ迄言うつもりはありませんが、その作者がその作品にたどり着く迄に 懸けた時間とエネルギー そして 心  気 
女優 佐久間良子さんの『心』という作品もありましたが やはり最後は 心 心意気なのかな?と思いつつ • • •
 
いつもの伊豆栄 『梅川亭』 しかも今日の席は屋外 緑したたる川の上の席 やさしい風の中 せせらぎの音 まるで別世界です。

みんなで頂いたビールと鰻の美味しかった事 これでまた1年 頑張れま〜す。えっ ずいぶんお安いのね〜 ですって?
そ の と お り 焼け跡派の悲しい性 でしょうか?
                            09/09/14   畑田穂苑
産経国際書道展 9月1日〜16日 於 東京都立美術館


Posted at 2013年05月06日 13時23分46秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ