東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2013-04 の記事

穂苑のかけら 5

第44回蘭生展出品作品  
   竹心會主宰 産経国際書会無鑑査会員 日本書道藝術学会副理事長 
   日本書道藝術学会審査員 文化書道学会最高七段 
                        畑田益惠(穂苑)   

 
     アート書作品 『守 破 離』
     寸松庵色紙2枚 スプレー式カラーペイント テイッシュペーパー

  

左 産経国際書道展(無鑑査) 出品作品マワシ 『慟哭』突き上げる悲しみ

右 オリジナル作品 『寛愚平常心 諦観不自棄』種田山頭火の言葉より


Posted at 2013年04月28日 14時41分36秒  /  コメント( 10 )

穂苑のかけら4

第12回竹心展出品作品
   竹心會主宰 産経国際書会無鑑査会員 日本書道藝術学会副理事長 
   日本書道藝術学会審査員 文化書道学会最高七段 
   池の坊正教授                     畑田益惠(穂苑)



左『悪道』津波に耐えた陸前高田市の一本松(墨絵 3尺×6尺)オリジナル 
右『悪道』悪い道 険しい道 困難な道 (書 3尺×6尺)”11年産経展出品作品マワシ           


屏風小作品2点 石川啄木の唄 オリジナル
左 友が皆 我よりえらく見ゆる夜 花を買い来て妻と親しむ
右 命なき 砂の悲しさよ さらさらと 握れば指の間より落つ



左『生きる』鳥でも魚でも 生きると言う事に諍いはつきもの まして人間はなおさら 諍いに負けないで 強く生きて行こう!(墨絵3尺×6尺)

右上 『祷』亡くなった魂を悼んで 灯籠流し(墨絵 2尺×8尺)
右下 『祷』妹へ どうか安らかに 成仏して下さい。(書 2尺×8尺)

  

四季の書け軸 左 春『三春群卉盛』次 夏『蝉在高樹』次 秋『清秋竹露深』右 冬『楓林江色寒』

私の作品らしくない? 今 軽くて深い 軽くて強い作品めざしています。(書半切サイズ)

 

左2点 木簡の書体で 唐の詩を書きました。(書特殊サイズ)

右 アート書作品『恕』優しい 許す 
発砲スチロール スプレー式カラーペイント 11年蘭生展出品作品



生け花3点 左 生花新風体 バラ ドラセナ 吾亦紅 中 生花正風体2種活け サンゴミズキ カーネーション 右 投げ入れ キソケイ ケイトウ ヒペリクム クジャクソウ


Posted at 2013年04月28日 14時23分55秒  /  コメント( 10 )

絆? いいえご縁です。

     

昨年の震災以来 やたら『絆』と言う字が一人歩きをしています。絆と言う字は 良い意味ばかりではありません。縛る と言う意味もあります。

日本人は 絆が好きなのですね。大昔からがんじがらめの絆の中で生きて来ました。

そしてこの頃縛られるのを嫌って 個人情報とか ◯◯権だとか 声高く 自由を求めた結果虐待死とか孤独死とか 悲しい事故 が多くなったのではないか と 私は思うのです。

震災があろうが無かろうが、みんな縛られるのは嫌なのです。国歌斉唱の時 無理矢理立たされるのが嫌と言う人さえいるのです。

でもオリンピックでメダルを取れば 国旗も上がるし 国歌だって流れるのです。震災で忘れていた絆を取り戻せば またまた 自由を求める人の声が高くなるでしょう。矛盾していますよね。

この作品 今年最初の私の作品 お弟子さんの結婚祝いのプレゼントです。

絆ではなく『縁』です。結婚相手とのご縁を大切にね!<袖摩り合うも 多少の縁> そんな気持ちで幸せになって欲しいという私の切なる願いです。頑張りすぎないで、ゆる〜く生きて行って欲しい!!

私は? 頑張るのよね〜 絆? 好きじゃない。 ゆる〜く頑張るぞー。(ふふふ)
                         12/02/24 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2013年04月28日 13時17分22秒  /  コメント( 3 )

11年 最初の作品

 

今年始めて頂いた ご注文 色紙作品です。

左は 丸窓という色紙を使ってみました。丸い窓から爽やかな風が一陣 さ〜っと吹き込んで来ました。草書体で軽やかに吹き抜ける風をイメージしてみました。

雅印は瓢箪の中の 穂苑 です。以前文化書道の先輩服部礁山先生に刻って頂いた 私のお気に入りのものです。

瓢箪は昔 お酒を入れました。窓からちょっと顔を出し 心地よい風を受けながら 一杯!!良いですね〜 貴方も一杯 いかがですか?

右は草書知足これはどちらも ご注文者のリクエストです。難しいご注文です。特に『知足』はどうしても イメージが湧いて来ません。なぜ? 私はまだ足りていません。まだまだ勉強が足りていません。

でもいつか そういう心境に達してみたい、充分稽古を積んだ!と思える傑作を書いてみたい! ! と願いつつ • • • いつかきっと!!!

えっ いくらか ですか? 今年の私の芸術家年鑑の公式価格は 126万円となっています。でもそれは 半切というサイズで傑作という条件です。

これは色紙という小作品です。大サービス価格 15000円で書かせて頂きました。
高いか安いかは ご注文下さった方が ご満足頂けたかどうか • • •

私達はいつも精一杯書いたという達成感と 気に入って頂けるかという不安感の中で 揺れ動いているのです。今日も そして明日も 多分 一生 • • • ね。
                      11/01/18 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2013年04月28日 12時16分05秒  /  コメント( 0 )

穂苑のかけら 2

  
   『散華』3尺×6尺               『輪廻転生』 2尺×8尺   
   背景 皇居東の桜 撮影畑田尚次       背景 日光裏山 撮影畑田益惠
  


Posted at 2013年04月28日 12時07分48秒  /  コメント( 0 )

縁は浅からず

文化書道最高七段 日本書道芸術学会副理事長 長月会講師 畑田穂苑


 茨城県常陸太田市耕山寺ご住職と             84/8/18 西安文房四宝店で


Posted at 2013年04月20日 14時09分23秒  /  コメント( 0 )

第10回記念竹心展出品作品


                     『書画 鶴亀』各3尺×6尺



                     『書画 墨守』各3尺×6尺


Posted at 2013年04月20日 13時15分54秒  /  コメント( 1 )

希望を持って 一歩前進

  

おめでとうございます。当あかでみいより 審査会員 第2号誕生 井村湖苑 さん ついに審査会員(日本書道芸術学会)になりました。今迄の頑張りが実を結びました。

でも 責任も重大です。審査するための勉強 良い作品 そうでない作品を 瞬時に見分ける目を養わなければなりません。

これから自分の作品だけでなく、他の人の作品も 沢山見て眼力をつけていきましょうネ。 
因に 当あかでみい 審査会員第1号は 柳沢夢苑さんです。
                13/02/28 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2013年04月18日 19時34分03秒  /  コメント( 0 )