東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2012-03 の記事

やっぱり 春でした。



有楽町ルミネ前 櫻が満開! 日本各地から取り寄せた櫻の枝を 温室で管理して咲かせた櫻です。ありがとう!!

櫻さんにはご迷惑? でも雨の中大勢集まって撮影会 なんだか心があったかくなりました。
よく見ると 枝に札が付いています。届けて下さった県名でした。ほんとうにありがとう!!

明後日には撤去とか 勿体ない!!! 滋賀県知事の嘉田さんが叫びそうです。

元気になって展覧会を三つ まず皇居お堀端 帝国劇場の9階 出光美術館の『古筆手鏡展』 25日迄

古筆とは 日本の有名な古い書の作品<高野切れ>とか<寸松庵色紙>とか<継色紙>とか〜
それに対して中国の古い有名な作品は古法帖と言います。

古筆はカナが多く 古法帖は漢字のみです。無論中国にカナはありませんから。

<切れ>というのは ひとつの作品を断裁して 欲しい人に分けてしまった物を指し 持っている人の名前や場所で 呼び名が付いています。

『見努世友』『藻塩草』『濱千鳥』『はまちどり』収集家が名付け 大切に保存されて来た逸品が勢揃い、私が印刷されたものを 数々お手本にして来た お馴染みのものが多かったのですが、やはり真筆の迫力はさすがです。

細かい字ばかりなのに、迫って来るものがあります。鍛えられた線の見事さに圧倒されました。

ここのロビーは絶景です。お堀を見下ろしながら 暖かいお茶を頂き 銀座 鳩居堂4階へ。
いつも案内状を下さる知人の 個展 墨染めの料紙を使った独特の作品もありました。

ついでに3階も覗いて来ました。米寿を迎えられた方の個展。
板に付いた腕で てらい無く自然の筆運びが素敵でした。

特に『朝辞白帝彩雲間』の6曲1双の屏風が目を引きました。目の保養をさせて頂きました。

     

私は米寿の時 どんな風になっているのでしょうか? 元気で精進していたいものです。
応援 よろしくお願いいたしま〜す。
                   12/03/24 書道華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2012年03月30日 12時55分17秒  /  コメント( 0 )

春と言うのに!

京都から滋賀(琵琶湖南)へ 3泊4日の旅 浅草は50余年振りの舟渡御を盛大にやっていると言うのに、私は西への旅をしておりました。

3月18日(この日は 浅草寺の一寸八分の観音様が隅田川で漁師の網にかかって 拾い上げられた日)迄 御開帳の秘仏やら襖絵やら拝見に 妙心寺 相国寺 

そして今 梅が見頃の北野天満宮へ〜  春とは思えぬ寒さに震えておりました。



やはり それなりに見応えは十分 今年の干支は 龍 妙心寺三門の龍の天井画 玉鳳院 狩野永眞筆と言われる龍図 相国寺の法堂 日本最古の龍の天井画は八方睨みの『蟠龍図』これは圧巻 

そして妙心寺の隣華院で長谷川等伯の方丈襖絵『山水図』存命中 なにかと確執のあった狩野派の面々に囲まれて 一人気を吐いておりました。感激!!

次の日は琵琶湖南端 大津で 明智光秀の居城のあった坂本から ケーブルカー 『縁』と 『福』で比叡山 延暦寺  高校の修学旅行とバスツアーで2度来てはいるのですが、根本中堂くらいでいつもばたばた。

今回は時間の許す限り じっくり見ようと言う訳です。修学旅行も3月18日で雪が降りましたが(何十年前?〜さあ)今回も寒いことこの上なし 修行僧は大変です。

国宝殿には 最澄の律儀な縁起書 五大明王像を始め夥しい仏像達 そして『天台宗書僧展』を開催中でラッキーでした。

麓の滋賀院門跡も拝観させて頂きました。天海大僧正が1615年に後陽成上皇から賜ったと言う事で 薬師如来を祀った内仏殿 狭いながらも蓬莱山形式のお庭 二階の書院には立派な松の襖絵

比叡山の高僧達が高齢になると 冬の厳しい寒さに耐えきれず座主に許しを得て 此処で過ごす里山でもあるそうです。



3日目は 三井寺石山寺

石山寺は紫式部展を見る事ができました。式部はここで源氏物語の着想を得たと言われ 式部が使ったという 硯にはびっくり!!

そしてホテルの近くの 義仲寺  ここには松尾芭蕉のお墓と狭い境内に沢山の 句碑や歌碑がありましたが、風雪にさらされ大分痛んでいて見分けるのが大変でした。

毎日追われまくっている バタバタから逃れ 文化の香りにどっぷり浸って来ました。

滋賀県知事の嘉田由起子氏は私の高校の後輩 よほど県庁の前を通った時は 表敬訪問をしようかと思ったのですが……こちらの日程が詰んでいましたので失礼してしまいました。  ハイ
                 12/03/23 書道墨画華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2012年03月30日 12時54分19秒  /  コメント( 0 )

3/11がやって来る。

忘れもしません。昨年3月11日東日本大震災 あの日私はサンシャイン文化会館で『謙慎展』を見ていました。

今年もやって来ました。謙慎展  3月6日〜11日 場所は去年と同じ

昨日見て来ました。あいかわらずの俄作りのパネル 昨年の悪夢が甦ります。市沢静山先生の解説をうかがい 3階の知り合いの作品をじっくり見て来ました。

  



きっとこの展覧会は 生涯忘れる事の出来ない会となるでしょう。
あの悪夢を忘れずに そして力を奮い立たせて又前進 ですね。哀しみを乗り越えて!
                       12/03/07 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2012年03月30日 12時52分33秒  /  コメント( 0 )

桜便りはまだ?

お寒い毎日 お元気ですか? 現代女流100人展 於日本橋高島屋 15日迄

これは毎日系です。毎年お邪魔してきたのですが、今年は 20年程前 毎日女流展でお世話になっていた 西田茜秋先生 が 新しく加わられたので楽しみが増えました。

100人の女流 勢揃い! 壮観です。思ったより落ち着いた雰囲気で ゆっくりさせていただきました。







それでも 一つ一つ 思いの籠った作品ばかり 日本の女性は元気です。
                      12/02/17 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2012年03月07日 10時39分40秒  /  コメント( 0 )