東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2012-03 の記事

暖かくなりました!



自由花2題 左 傾斜形態

花材 雪ヤナギ カラー(黄色) スターチス(紫)
自由花 といってもなんでもOKというわけにはいきません。抽象画でもまとまりが必要なように 自由花にもやはり基本形があります。

な〜んだ とおっしゃらないで。見て頂く方に 何かメッセージを発信する為のとっかかりと思って下さい。垂直形態 水平形態 複合形態 そしてこれは傾斜形態です。

主財の雪ヤナギを 斜めに形取り カラーとスターチスをホーカルポイントとして 雪ヤナギを補足する形となります。

ヤナギのように枝が枝垂れ 雪のような小さな白い花なので 雪ヤナギ でも柳ではありません。これはバラ科の落葉低木です。

花が終われば緑豊かな枝 秋は紅葉が花材として頻繁に使われます。花言葉は『殊勝』
今我が家の前 台東区の花壇に植えさせて頂いた雪ヤナギが増え 真っ白い花で埋め尽くされています。

その中に 遅れて咲いた大島椿の真っ赤な花が点々と……それは見事です。

右 複合形態 花材 アレカヤシ アルストロメリア カーネーション かすみ草
自由花の基本形から いろいろなイメージを膨らませて行きます。

変形花器 右上の形を 左中段から 中下段が受けている形です。流れを大切に 活け手の気持ちが見て下さるお客様に伝わった時、素晴らしい『ご縁』が生まれると 思われません?

              12/03/27 華道担当 畑田益惠(穂苑)
                     


Posted at 2012年03月30日 12時55分27秒  /  コメント( 0 )

やっぱり 春でした。



有楽町ルミネ前 櫻が満開! 日本各地から取り寄せた櫻の枝を 温室で管理して咲かせた櫻です。ありがとう!!

櫻さんにはご迷惑? でも雨の中大勢集まって撮影会 なんだか心があったかくなりました。
よく見ると 枝に札が付いています。届けて下さった県名でした。ほんとうにありがとう!!

明後日には撤去とか 勿体ない!!! 滋賀県知事の嘉田さんが叫びそうです。

元気になって展覧会を三つ まず皇居お堀端 帝国劇場の9階 出光美術館の『古筆手鏡展』 25日迄

古筆とは 日本の有名な古い書の作品<高野切れ>とか<寸松庵色紙>とか<継色紙>とか〜
それに対して中国の古い有名な作品は古法帖と言います。

古筆はカナが多く 古法帖は漢字のみです。無論中国にカナはありませんから。

<切れ>というのは ひとつの作品を断裁して 欲しい人に分けてしまった物を指し 持っている人の名前や場所で 呼び名が付いています。

『見努世友』『藻塩草』『濱千鳥』『はまちどり』収集家が名付け 大切に保存されて来た逸品が勢揃い、私が印刷されたものを 数々お手本にして来た お馴染みのものが多かったのですが、やはり真筆の迫力はさすがです。

細かい字ばかりなのに、迫って来るものがあります。鍛えられた線の見事さに圧倒されました。

ここのロビーは絶景です。お堀を見下ろしながら 暖かいお茶を頂き 銀座 鳩居堂4階へ。
いつも案内状を下さる知人の 個展 墨染めの料紙を使った独特の作品もありました。

ついでに3階も覗いて来ました。米寿を迎えられた方の個展。
板に付いた腕で てらい無く自然の筆運びが素敵でした。

特に『朝辞白帝彩雲間』の6曲1双の屏風が目を引きました。目の保養をさせて頂きました。

     

私は米寿の時 どんな風になっているのでしょうか? 元気で精進していたいものです。
応援 よろしくお願いいたしま〜す。
                   12/03/24 書道華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2012年03月30日 12時55分17秒  /  コメント( 0 )

春と言うのに!

京都から滋賀(琵琶湖南)へ 3泊4日の旅 浅草は50余年振りの舟渡御を盛大にやっていると言うのに、私は西への旅をしておりました。

3月18日(この日は 浅草寺の一寸八分の観音様が隅田川で漁師の網にかかって 拾い上げられた日)迄 御開帳の秘仏やら襖絵やら拝見に 妙心寺 相国寺 

そして今 梅が見頃の北野天満宮へ〜  春とは思えぬ寒さに震えておりました。



やはり それなりに見応えは十分 今年の干支は 龍 妙心寺三門の龍の天井画 玉鳳院 狩野永眞筆と言われる龍図 相国寺の法堂 日本最古の龍の天井画は八方睨みの『蟠龍図』これは圧巻 

そして妙心寺の隣華院で長谷川等伯の方丈襖絵『山水図』存命中 なにかと確執のあった狩野派の面々に囲まれて 一人気を吐いておりました。感激!!

次の日は琵琶湖南端 大津で 明智光秀の居城のあった坂本から ケーブルカー 『縁』と 『福』で比叡山 延暦寺  高校の修学旅行とバスツアーで2度来てはいるのですが、根本中堂くらいでいつもばたばた。

今回は時間の許す限り じっくり見ようと言う訳です。修学旅行も3月18日で雪が降りましたが(何十年前?〜さあ)今回も寒いことこの上なし 修行僧は大変です。

国宝殿には 最澄の律儀な縁起書 五大明王像を始め夥しい仏像達 そして『天台宗書僧展』を開催中でラッキーでした。

麓の滋賀院門跡も拝観させて頂きました。天海大僧正が1615年に後陽成上皇から賜ったと言う事で 薬師如来を祀った内仏殿 狭いながらも蓬莱山形式のお庭 二階の書院には立派な松の襖絵

比叡山の高僧達が高齢になると 冬の厳しい寒さに耐えきれず座主に許しを得て 此処で過ごす里山でもあるそうです。



3日目は 三井寺石山寺

石山寺は紫式部展を見る事ができました。式部はここで源氏物語の着想を得たと言われ 式部が使ったという 硯にはびっくり!!

そしてホテルの近くの 義仲寺  ここには松尾芭蕉のお墓と狭い境内に沢山の 句碑や歌碑がありましたが、風雪にさらされ大分痛んでいて見分けるのが大変でした。

毎日追われまくっている バタバタから逃れ 文化の香りにどっぷり浸って来ました。

滋賀県知事の嘉田由起子氏は私の高校の後輩 よほど県庁の前を通った時は 表敬訪問をしようかと思ったのですが……こちらの日程が詰んでいましたので失礼してしまいました。  ハイ
                 12/03/23 書道墨画華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2012年03月30日 12時54分19秒  /  コメント( 0 )

必ず春はやってくる。

  

3月10日 そして11日 つらい思い出の日 でもようやく湯島天神の梅が咲き始めました。
梅祭りはとっくに過ぎちゃいましたけど〜 そして春 です。

生花二題 左 生花新風体 紫のスイトピー チューリップ ピンクの覆輪八重咲き 新種です。

そしてドラセナのような葉はコルデイリネです。斑入りのターミナリスという品種です。
生花の自由花 基本の形を最低限守って モダンに 主 用 あしらい 三っつの役枝

今日は 主が 春の息吹 スイトピー 用はそれを補足するチューリップ あしらいはインパクトのあるコルデイリネです。

スイトピー 別名ジャコウレンリソウ なんとシチリア原産だそうです。花から受ける印象は優しくて可愛らしい 柔らかなイメージですが… 香りも良いですし…ね。

春咲き系と夏咲き系 今は 秋〜冬を除き 割と手に入り易い花材です。マメ科の一年草 蔓は4~5メートルも伸びるそうです。 花言葉 私を覚えて下さい、微妙な悲しみ です。

コルデイリネはリュウゼツラン科の常緑低木 高木 東南アジア オーストラリア ニュージーランドに20種 分布しています。樹高2~3メートルですが、オーストラリスという品種は 10メートルにもなるそうです。

別名 ニオイシュロラン 花に芳香があるそうです。

右 生花一種活け アイリス です。別名オランダアヤメ 正式にはダッチアイリスと言います。

似た一種生けに燕子花 花菖蒲がありますが、花の裏表だけに気をつければ 特別な葉組はありません。上段に開花 下段に蕾を使います。副と体先には葉を使います。

すっきりと活けたい花形です。今日は5本で 爽やかに活けました。何回も活けているうちにだんだん美しく活けられる様になります。毎回花が違います。これで完璧と言う事はありません。

正に 一期一会 です。 貴方とも………    11/03/15 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2012年03月30日 12時52分46秒  /  コメント( 0 )

3/11がやって来る。

忘れもしません。昨年3月11日東日本大震災 あの日私はサンシャイン文化会館で『謙慎展』を見ていました。

今年もやって来ました。謙慎展  3月6日〜11日 場所は去年と同じ

昨日見て来ました。あいかわらずの俄作りのパネル 昨年の悪夢が甦ります。市沢静山先生の解説をうかがい 3階の知り合いの作品をじっくり見て来ました。

  



きっとこの展覧会は 生涯忘れる事の出来ない会となるでしょう。
あの悪夢を忘れずに そして力を奮い立たせて又前進 ですね。哀しみを乗り越えて!
                       12/03/07 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2012年03月30日 12時52分33秒  /  コメント( 0 )

灯りを点けましょ ぼ...

  

あ〜 もう2月も過ぎてしまいました。今年2月はいつもより1日多かったのに………

明後日は ひな祭り 桃の節句です。陰暦の3月3日はもう春真っ盛り そろそろ櫻も咲こうかと言う時ですが、まだまだ寒いですねー。昨日の雪にはびっくりです。

みなさん お怪我はありませんでしたか? その上 毎日のように地震で揺れています。

愚痴っていても仕方ない!気を取り直して お花に慰めてもらいしょう。と言っても室でむりやり咲かされた 桃の花 思えばちょっとお気の毒です。

左 立花 池の坊の お家芸 たまには やらないといけません。でもこれってとっても時間がかかるので、なかなかできないのです。今は皆さんお忙しいですからね〜。

花材は 桃 スイトピー オンシジウム 麦の穂 アスプレニウム(オオタニワタリ) タマシダ です。

立花は役枝が沢山ありますが、これは省略立花 現代立花といい モダンにすっきりといけます。インパクトが強い方が モダンになります。

右は 生花正風体二種活け 桃と菜の花 春定番の配材です。 

桃は果実用と観賞用の花桃があり観賞用には 紅八重咲きのアメンドウ 白の関白や枝垂れ桃ピンクのキクモモ や 矢口などがあります。

原産地の中国で悪魔 悪疫を追い払う 霊木として使われ そのまま日本でも女の子の無病息災を祈って 女の子の節句に飾られるようになった事は 皆様良くご存知の通りです。

花言葉は 『気だての良さ』そしてなんと『恋の奴隷』だそうです。
貴方はどう思われます? 私は ちょっとご遠慮申しあげます。ハイ
                       12/03/01 華道担当 畑田穂苑 


Posted at 2012年03月30日 12時52分21秒  /  コメント( 0 )

ささくれた心は緑に癒...

           

        
生花正風体一種生け ハラン

ハランだけで作品にするなんて ちょっと想像できませんよね。極彩色のお花が溢れている今
ハランの緑が目に沁みます。でもこれって とっても難しいのですよ!

足下 もう少しすっきりさせたいところでしたけれど、剣山では難しい。こみわらとか配りで生けた昔の方がもっとスッキリしていたかも知れません。

5枚から15舞までを奇数で生けます。よく見るとハランは真ん中の葉脈の左右の幅が違っています。

お生花の本勝手では向かって左が陽(日向)右が陰(日陰)です。むろん逆勝手は反対です。

真を入れて手前にさす葉は裏が手前 真の後ろにさす葉は表が手前(真を挟んで和合)と、なります。表葉も裏葉も向かって左(陽 つまり日向)に幅の広い方が見えるようにさします。

裏葉は真を入れると1枚多くなるのが 池の坊の特徴で ぎぼうし しおん アマリリス等広葉ものを生ける時は全てこのように生けます。

ハランは中国原産 ユリ科の常緑多年草 春に根元に座り込むように 紫褐色の肉厚で偏平な花が咲くそうですが、残念ながら見た事がありません。生け花では専ら葉を生けます。

古典花形の他にいろいろ鋏を入れたり針金を付けて変形させたり 幅広く使えます。

種類も 縞模様の物 斑入りの物などいろいろあります。

そう云えば お料理にも使いますよね。ほら お寿司のあい間に山型に切った 緑の葉、見たことありません? えっ 今はビニール製の人工葉ですか? あじけないーですね〜
                        10/04/22   華道担当 畑田益惠
 


Posted at 2012年03月30日 12時50分31秒  /  コメント( 0 )

夏はそこ迄

        

自由花 季節を生かした夏限定版です。花材は モンステラ カンパニユラ ミニヒマワリ

カンパニユラ 釣鐘型のベルフラワー 優しい可愛い花ですね〜 今日は紫とピンク 淡い色が モンステラとミニヒマワリの強い個性を和らげてくれています。

花言葉は『感謝 誠実』キキョウ科の1,2年又は多年草です。北半球の温帯から亜熱帯にかけて 250種も分布しています。

主な種類は『フウリン草』『モモバキキョウ』『りんどう咲きカンパニユラ』『イトシャジン』青紫 黄 白 など。

もうすぐ 夏至です。1年で1番昼間の時間が長いのです。梅雨が明ければ 今年の夏は暑そうですね。原発撤廃の気運の中で どう暑さを乗り切るか?

冬至は ゆず湯につかったり かぼちゃを食べたりする習わしがありますが、夏至はどうするのでしょう? 貴方のお郷ではなにか なさいますか? もしあったら教えて頂けませんか?
                       11/06/02  華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2012年03月30日 12時45分56秒  /  コメント( 0 )

櫻 咲く

       

今年は梅便りがなかなか届きません。異常な程の寒さで 地元の小学校では2クラスしか無い4年生がインフルエンザで 学年閉鎖となってしまいました。

でも 花屋さん(ウハラ生花 台東区蔵前3-17-4 ☎03-3863-6335 FAX 3861-8708)で見つけました。なんと櫻です。

最も早く 花屋さんに出回る『敬翁櫻』です。彼岸櫻と支那桜桃の園芸品種 太い幹は無く、形の良い細い枝が何本も纏まって、株となるのだそうです。

切り出した枝をハウスの中で 細やかな温度管理をして 蕾を膨らませていくのだそうです。
そしてこんなに早く 春を届けてくれるのです。

左 生花正風体一種活け『彼岸櫻』です。

山桜などの生花は 若松をあしらって格調高くいけますが、春一番 楚々とした彼岸桜はざっくりとまだ寒さの残る風情で、あまり手を加えずに けなげな雰囲気を大切に活けます。

日本中が櫻に包まれるその日を待ちながら………櫻の花言葉<純潔 淡泊 精神美>

右 自由花  変形花器に アレカヤシ 百合 アルストロメリア です。

ヤシ類 別名 パーム 熱帯 亜熱帯 温帯に広く分布 細長い羽状の葉が特徴です。花言葉<戦勝>大きく広げた羽のような葉は 包み込むようなスケールです。

シンノウヤシ カナリーヤシ コモチクジャクヤシ パーラーヤシ 等があるようですが、今日はアレカヤシ 葉先を切って 交差させて遊びました。

どんなイメージで活けるか、自由花の楽しくそして難しい所です。

いろいろ考えて あーでも無い こーでも無い あっという間に時間が過ぎる 正に三昧 至福の時 これを幸せと言わずして なんと申せましょう。

貴方も 色とりどりのお花と 戯れてみませんか? 幸せのおすそわけ………です。
                         12/02/23 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2012年03月07日 10時40分32秒  /  コメント( 1 )

せめて お花で春を!

   

生花正風体 2題 左 フリージア一種活け アヤメ科の球根層 南アフリカ原産で 色が豊富です。

赤 紫 青 ピンク オレンジ 白 今日はレモンイエロー 良い香りがします。
花言葉は『純潔』『無邪気』

今日は花の向きの都合で 非勝手になりました。本勝手は 正面 向かって左が 陽 右が 陰 となるのですが これは逆です。

陰陽は床の間の窓の位置で決まるのですが、このように花材の 枝振りでも変化します。

右は キンバテマリとストックの二種活けです。

キンバテマリは キンバコデマリ キンヨウコデマリともいって、バラ科の落葉低木 芽出しがなんとも春らしいですね。赤褐色の枝に映えます。アメリカ東部原産 4~5月に白い可愛い花を咲かせます。

八重咲きの見事なストック イギリス名で『茎』と言う意味です。楚々とした一重咲きのもあります。赤 青 藤色 黄色 そしてそれぞれ濃淡あって すくっとした立ち姿の美しい花 香りも良く 春の定番です。

今日はちょっと華やかな ピンクです。南ヨーロッパ原産 花言葉は『永久の美』
ちょっと 羨ましい ですか? あやかりたいものです。
                 12/02/09 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2012年03月07日 10時40分18秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ