東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2012-01 の記事

12 初生けです。

早いものです。除夜の鐘(ここは回りにたくさんお寺があるのですが、鐘楼のあるお寺が殆どないのです。)聞かれました?

あっと言う間に 七草粥 鏡開きのおしるこも済み 15日は小正月 アズキ粥 です。

小正月は 地方によっては女正月と言って 女の人がお正月の疲れを癒して 台所に男の人が入るとか、

私の実家は養蚕地帯(埼玉県深谷市)だったので、もう一度お餅をついて繭玉を作り 枯れ枝に沢山刺して 養蚕の豊作を祈りました。

一生懸命育てても 流行病で沢山死んだり、へびに食べられてしまったり、養蚕小屋の梁の上をするする這っているへびを 何度も見ました。

そんな風習も殆ど見られなくなってしまいましたが、季節の行事を大切に 小正月の為に活けました。

          

竹籠(去年の暮れ 養老温泉に行き 産直のお店で見つけた 手作り)に 若松 千両 モロコシ(これも産直のお店で見つけました)ピンクとレモンイエローのカーネーション 白と紫のストックです。

やっぱり お正月は 和 ですよね!

そういえば 海外で日本の 炬燵 が人気だそうです。日本人の昔の智恵 捨てたものではありませんね。炬燵でお餅にみかん これが子供の頃の私たちの 冬の定番でした。

電気? いいえ 練炭 でした。ご存知ありません?  古くて どうもすみません!!!
              12/01/13 華道担当 畑田益惠(穂苑)       


Posted at 2012年01月27日 14時46分28秒  /  コメント( 0 )

12 新年

     

      明けまして おめでとうございます。

ここ 何処だか お判りですか? JR深谷駅前 青淵公園 です。
澁澤栄一(号 青淵)左上の方に銅像が見えますか? 栄一はここ深谷の血洗島という所で生を受けました。

清貧を貫き 財を残さなかった 近代経済の祖 です。えっ ちょっと持ち上げ過ぎですか?

すみません、身贔屓と言う事でお許しを!!

93歳 一人暮らしの母(深谷市櫛引在住)に お年賀の挨拶に行って来ました。御陰様でチョー元気でした。

何にも 作らないからね。と言うので 勿論何も要らないよ。と言って

上野駅で 美味しい駅弁をたんまり買って 持って行ったのですが、おせち料理がいっぱいあって 駅弁はとうとう手をつけず、私たちのは 持って帰って来ました。

近くに住む妹が作ったさといもと 漬けた梅をどっさり お土産に貰って,ご機嫌で帰って来ました。

皆様 良いお正月を迎えられましたか? 

震災に会われた方々 の復興が一日も早い事 心よりお祈り致しております。

下の写真は 初詣に行った 我が氏神様 鳥越神社です。

お披露目の千貫神輿に『震災復興祈願』の幟が立てられていました。

  

どうか 今年は 穏やかな 良い年でありますよう!!!

このブログも 又1年 よろしくお付き合い下さい。
            12/01/06 華道 書道 墨画 ペン字講師 畑田益惠(号 穂苑) 


Posted at 2012年01月27日 14時45分36秒  /  コメント( 1 )

どうして『耕山寺』な...

私の作品の中に 常陸太田市『耕山寺門碑の文字』があります。
実は私の父も母も 出身が茨城県の常陸太田市なのです。父は瑞龍の小野という所の生まれで菩提寺が『耕山寺』なのです。

耕山寺はかの御老公 水戸光圀がよく遊びに来た所だそうで その時に作った『遊 耕山寺』という漢詩があって御住職の松浦さんの委嘱で 半切軸裝『草書』と2尺×8尺『楷書』作品を奉納させて頂いているのです。

母は天神という所が実家ですぐ裏に『佐竹寺』という室町時代に建立の重要文化財の本堂が 今も小振りながらどっしりした 佇まいで残っています。

子供の頃の母はそんな立派なお寺とはつゆ知らず 鬼ごっこやかくれんぼをしながら 境内を遊び場にしていたそうです。近くには城跡も残っています。

佐竹の殿様は 徳川幕府の 藩の力を削る政策の為 後に遠い秋田に移封となります。

そして縁あって嫁いだ私の家(台東区)のすぐ近くに佐竹藩の江戸家敷があったので 今も 『佐竹商店街』があります。ほんとうに世間は狭い 悪い事はできません。

大丈夫か? ですって? ご心配頂いて恐縮です。

西山荘(光圀の別荘)が近くにありテレビドラマ(水戸黄門)のタイトルバックに映っていま
す。

久し振りに水戸を訪ねました。お目当ては今が見頃の 梅=偕楽園です。

梅祭りは2月20日から始まったのですが、天候不順の今年は遅れているそうで、まだ五分咲きですが、中にはまだまだこれからの木も沢山あって、当分楽しめそうです。

園内には馥郁とした 甘い香りが漂っています。

もう一つのお目当ては『県立美術館』です。http://search.yahoo.co.jp/search?p=茨城県立美術館

今の企画展は『アンソールからマグリットへ』ベルギー アントワープ美術館コレクション展です。(2月6日〜3月28日)
騙し絵のようなマグリットも面白いのですが 私のお目当ては常設館 茨城出身の画家達の作品です。

なんと言っても代表格は 横山大観 そして上野の芸大を追われて 五浦に籠った 岡倉天心を慕って集まった仲間達。 六角堂が有名です。

墨画の六曲一双の屏風絵『朝霧』は私の大のお気に入りです。長谷川等伯の『松林図』とは又違った雰囲気です。

小川芋銭(うせん)カッパの絵もひょうひょうとした世捨て人の味がなんとも言えません。
茨城は私の第二の古里です。茨城の方 どうぞよろしく ね。


偕楽園の入り口          県立美術館のお庭にも立派な梅の木が何本もありました

偕楽園は100種類の梅の木が3000本 桜 躑躅 菊も有名です。一見の価値あり です。
                          10/03/03  書画担当 畑田穂苑
  


Posted at 2012年01月26日 19時24分11秒  /  コメント( 0 )

西高 東低ですか?

季節の話? この頃随分寒くなって あちこちから雪便り………

でもこれは 日本文化のお話です。東北人は我慢強い 東北は貧乏 勘違いしている人 結構多いんですよ ね。

三内丸山遺跡の発見で 古代 東北には高度な文明が存在していた事が判りました。

作家の司馬遼太郎氏が 『年貢を米で納めるようになって 東北は貧乏 というレッテルが貼られてしまった』と言っていました。

今でこそ 北海道でも品種改良されて おいしいお米が採れるようになりましたが、もともと稲は南から来た物で東北では 採れなかった!でも『東北は海の幸 山の幸が豊富で生活も 文明も豊かだったのだ』 と。

無論関東も 大和尊命に 東方征伐などされるいわれなんか なかったのです。古代の日本三碑は群馬 宮城 栃木 にあるんです。

多胡郡碑(群馬)多賀城碑(宮城)那須国造碑(栃木)この三碑の拓本を 今台東区書道博物館で見る事ができます。http://www.taitocity.net/taito/shodou/

日本の古代碑  多胡郡碑建立1300年を記念して 12年1月15日迄

多胡郡碑は 群馬県の吉井町にあります。

笠のような覆石を載せ下は二段の䑓石の上に立っていて、幅約70センチ 高さ約138センチ 

昭和56年 文化書道千葉連合会の研修旅行で拝見した時、小さいな という印象でしたが、彫られた文字が素晴らしい!!

6行 約80文字 豪放磊落という言葉がぴったりの大振りの楷書で、
内容は 和銅4年(711年)に多胡郡が 制定されたことについての記述です。

一部意味のはっきりしない所もあるけれど、おおよその内容は つかめています。

そしてその年の最高段七段の試験 論文に『多胡郡碑について 知れる所を記せ』
何と言うラッキー こういう事もあるんですね〜

無論 合格!! 実はその前2年も浪人していたのです。
私の記念すべき 特別大切な 多胡群碑 です。
                       11/112/28 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2012年01月13日 13時12分05秒  /  コメント( 0 )