東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー

映画鑑賞



原作 鬼塚忠 監督 篠原哲雄 約2時間 野村萬斎さん演じる 初代池坊専好の物語 池坊正教授の私としては見ないわけにはいきません。 http://www.ikenobo.jp

花の力 死にかけていた少女が 蓮が開く音で蘇る! 餓死者一人一人に石を支えにして一輪づつ花を手向ける専好さん。

いきなり高さ3m 幅4,5mの大砂物(信長に見せる)の登場にはビックリ 

もともと池坊は京都 頂法寺 六角堂の花僧達の創意工夫から始まったのは知れている事 でも長い歴史の中で剣を使わず、花での命のやり取りがあったとは……

この頃の生け花には、ただ闇雲に花を放り込むような風潮があるけれど 広い空間をたった一輪の花が、凛と引き締める力がある事を再確認して欲しいと つくづく思わせる映画でした。

カキツバタの『夏跳ねる』素晴らしかった!!日本の伝統文化は『余白』を大切に……ね
                          花道担当 畑田益惠(穂苑)

Posted at 2017年08月02日 18時48分22秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*