東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー

恒例 日展

 一応今日本のトップクラスとされているアーテスト 応募者の数も半端ではない展覧会 スキャンダル一新後の 改組 第2回 日展 12月6日(日)迄 於国立新美術館(六本木)





今年は全体に応募者が少なかったようで 金曜日の午前中という事もあって 会場は静か 今日から3連休という事で混み合うだろうと重い昨日急いで見て来ました。

先ずは3階から 書道(応募点数8717-483)入選点数952 書道ダントツ1位 入選率ダントツ最下位(苦笑)

工芸美術(同724-72)入選点数430 彫刻(同148-8)入選点数100









2階 1階 洋画(同1967-29)入選点数587 日本画(同452-39)入選点数199 もう大分前から 画材の違い 画題の違いもあまり感じられなくなっています。(分ける必要ある?)


          日本画                      洋画

そういえば 30年前我が家の近く(上野)に居た 大渓洗耳という書家の『くたばれ日展』という著書がありましたっけ。

でも やっぱり 日展 疲れるネー       15/11/21 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)

Posted at 2015年12月10日 19時22分21秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*