東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー

犬も歩けば 

産経国際書道展 見終わって上野駅公園口目指して歩いている時 ふと目に留まったポスターは『今井凌雪 人と書のすべて』 7月29日迄 上野の森美術館 なんと入場無料 です。

これを見ないテはありません。今井凌雪(1922~2011) 奈良の人です。筑波大学 大東文化大学教授を歴任 卒意の書 をスローガンに独特の書風を確立した人。

金文 楷書 行書 一見粗野にも見える骨太の作品が目を引きます。


会場の天井が高いので 大作ばかり 中に 女人高野室生寺の碑文の拓本が堂々と 聳えていました。黒沢明の映画 乱や夢のタイトル文字 さらに篆刻の作品など 力のこもった作品群に圧倒されました。



    

大の男が一生賭けるに値する世界だという事実が 私に力をくれた アツイ 展覧会でした。
                     14/07/28 書道担当 畑田穂苑

Posted at 2014年07月29日 17時10分27秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*