東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー

夏は来ぬ!



自由花 水平形態 凄いですねえ。 5歳のはるかちゃんが活けました。

花材は フトイ 紅花 スターチス二色 かすみ草 です。

一生懸命 フトイにワイヤーを通してくれました。ペンチで直角に曲げるのも とても楽しそうにやってくれました。

真ん中にホーカルポイントを作るのももうお手の物 きれいきれい と言い乍らお見事 というしかありません。

フトイ 夏の花材 かやつり草科の多年草 池や沼の水の中に自生する 水物 の花材です。

たてじまフトイ よこじまフトイなどがあり、短く切って束ねたり ワイヤーを通していろいろな形を作る 自由花には重宝な花材です。

紅花 別名サフラワー 末摘花 源氏物語にあまり恵まれないお姫様として登場します。(白い花もある) 染料 オイルの材料 ドライフラワーにもなります。

そしてこれもドライフラワーになるスターチス 白いかすみ草が優しい雰囲気を醸し出します

足付きの背の高い花器(コンポート)に活けると良いでしょう。

  

左 生花 正風体一種活け クジャクソウ 正式にはクジャクアスターです。これはなんと秋の花材です。

普通は暑くなってかすみ草が傷み出した頃代わりに出てくる花なんですけどね〜 ま 細かい事は言いっこなし。

昔 クジャクソウと言えば白 でしたが今は園芸品種多く 青紫 赤紫 ピンク etc etcで、正に 百花繚乱 私も ガ ン バ ラ なくっちゃ えっ 無理? でしょうかね〜

右は 17日 18日と ちょっと深谷の実家に行き 妹の家の庭に咲いていた キショウブとシャクヤクです。見事ですね〜

17日(土)は私の出身校 熊女の同窓会(さくら会)の総会が池袋のメトロポリタンホテルであり そのまま東武東上線で 東松山住まいの友達と 玉淀に向かいました。

久しぶりの再会に話が弾み 彼女は意図的に小川町まで 乗り越し(料金ちゃんと払ったかな?払った。あ そう)


玉淀 良いとこですよ〜 ホームが高架になっていて、下から伸びている桜の花に子供でも 手が届きます。一度行ってみてみ〜 右の眼下は荒川です。 バッチリ!

妹が迎えに来てくれて 96歳 今年年女の母に1ヶ月振りに会って来ました。元気でしたよ〜
私 全く 負けてます。  残念乍ら〜
                14/05/22 華道担当 畑田益惠(穂苑)

Posted at 2014年06月17日 17時09分07秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*