東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー

四季 おりおりに……

下の4点は2回目の個展 穂苑書画展(平成25年11月3日〜5日 於 台東区リバーサイドギャラリー)にて発表の作品です。

日本の原風景を 書と墨画が一体となった作品で表現できないものか と考えて制作致しました。



流よ冷たきうれい秘め ながれてゆくか麓までも まだみぬ顔の不可思議の
咽喉(のんど)の見えるあたりまで……  中原中也詩  60cm×160cm




木啄も 庵はやぶらず 夏木立  松尾芭蕉句  60cm×160cm





秋空は鈍色にして 黒馬の瞳のひかり 神もなくしるべもなくて 窓近く婦(をんな)の
逝きぬ 白き空盲(めし)ひてありて 白き風冷たくありぬ    中原中也詩
                          60cm×160cm




有難や 雪をかほらす 南谷   松尾芭蕉句  60cm×160cm

  14/02/24 書道墨画担当 畑田穂苑

Posted at 2014年06月08日 14時03分56秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*