東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー

9連休のお正月

皆様 長いお正月休み どこか行かれました? きっと遠く迄 行かれたのでしょうね。

フランス? スペイン それともニューヨーク 弟子の小学生 なんと冬休み中 ずーっと韓国の済州島に行っていた というのです。

お母さんが済州の人で……おばあちゃんのお家に行っていたというのです。ほかにも お母さんがタイの人 お父さんがニュージーランドの人 我が家の店子のなかにも インド人 韓国人がいます。

日本もグローバルになりました。相撲界なんて もう16年も日本人の横綱が出ないのです!

一時(震災の後) 外国人の姿が影を潜めていましたけれど 浅草 今外人さんが多くなりましたよ!スカイツリーのおかげ? 人力車も人気 ですよ〜。

お正月 私 行って参りました! 小笠原(父島 南島) 目の前に兄島 私にとって まるで外国です。小笠原って飛行場がないのです! 皆さんご存知でした?

えっ 知らなかったのは 私だけ? なんと竹芝桟橋(浜松町)から 小笠原丸という舟で25時間半!でも文句は言えません。

世界遺産になるずーっと前から 行きたかった! 悲願の小笠原 です。 
陸続きになった事の無い海中火山の噴火で突然できた島 今も西の島で新しい火山の噴火が 話題になっています。



生まれたばかりの子くじらを守り乍ら お母さんは静かな湾の入り江で食事もせずに子育て中です。若い人たちはイルカと一緒に泳いでいます。



美しい珊瑚礁の南島はマイマイの殻の化石(何百年も前の物)がゴロゴロ ツアーガイドの説明で噴火の後の岩石の島がどういう経路で緑豊かな島に変わるかが よく解ります。



亜熱帯の小笠原は タコの木の実が鈴なり 1月1日というのに ハイビスカスの花盛り 小笠原ではハイビスカスの花びらを 食べるそうです。タコの木の実も アオウミガメも食べるとか

1月1日(水)最高気温21度 最低気温15度 ペンションのママは『寒い 寒い』と言っていました。



大陸と地続きになったことのない 小笠原には 島でしか見られない固有種が沢山 絶滅危惧種の赤ぽっぽ が 猫に襲われないよう 道路沿い延々と金網の猫返しが作られていました。

ラッキーな事に 島ウグイス(本島のより小さく人懐こい)も赤ぽっぽの子供(黒ぽっぽ)も 見る事ができたのです。

オオハマボウの黄色い花 銀合歓の種を落とした後の実の殻 島で唯一紅葉する モモタマナのゴムの木のような大きな赤い葉 本当に夢を見ていたのでは?と思うような 別世界!

地元のツアーコンダクターが言っていましたよ。『小笠原の最寄り駅は 浜松町 飲みに行くのは 新橋』 然り!!       14/01/13 書道 墨画 華道担当 畑田益惠(穂苑)

Posted at 2014年01月13日 17時18分51秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*