東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー

平成25年 今年 最後の活け込みです。

   
12月26日(木)の講座(華道 墨絵 書道) を持ちまして平成25年の講座を全て終了致しました。

華道 フラワーアレンジ 籠(竹製)に活け込みましたのは 松 菊二種 カーネーション2色 です。お正月を迎える気分で 大振りにゴージャスに……

菊は沢山の種類があって一年中楽しめる花材ですが 今日は 管物の黄色 伊勢か佐賀 独特の大輪です。菊は墨絵で先ず習う 四君子(蘭 竹 梅 菊)の一つ 中国では高貴な植物とされています。

更に黄色は中国では 皇帝しか使う事のできない高貴な色でした。

日本には奈良時代 薬用として渡来したと言われ 中国原産とされていますが、まだ原種は見つかっていないそうです。

花言葉は色によって違い 白は 真実 黄色は 僅かな愛 だそうです。

そして 今年一年無事に過ごせた感謝を籠めて カーネーションをあしらいました。

書道は 12月23日(月祭)に 教育部の稽古納め これは紅白に分かれて その日出された簡単な課題を一発ドンで書き比べをします。交代で審査員にもなります。

みんなの見ている前で書く事は『席書き』といって 武道館のお書初め風景が報道されたりしていますが、大切な勉強のひとつです。

私も海外の文化交流のデモンストレーションとして 何回も経験してきました。
緊張した雰囲気のなかで 思いがけない良い作品が出来ます。

ホットした後は お菓子とジュースを手に ニコニコと家路につきました。来年もガンバロウ ね。

一般(中学生以上)は お稽古終了の後 好きな漢字を色紙に仕上げました。あまり書き込み過ぎると お習字になってしまうので 短時間で仕上げます。

選んだ漢字に それぞれの思いが籠っています(輪?いいえ 誰も選びませんでした。)

技は一年の蓄積 その上でいかに 味 を出せるか が 鍵です。甘口 辛口 酸っぱくても激辛も良し です。

そして又一年 技を積んで来年どんな作品ができるか 楽しみ ですね〜

墨画は 文化書道南画検定 菊 不合格の報告がありました。 残念 丁寧な添削が付いて戻って来たようで 反省すべき所をしっかりと 気を取り直して 又チャレンジしましょう。

小野道風の カエル のように……合格したときの達成感は 経験した者だけが味わえる 
醍醐味 です。

悲喜こもごもの一年も 後僅か みなさん 風邪など召しませんよう。どうぞ良いお年をお迎え下さい。そして拙いブログに一年 お付き合い頂き 本当にありがとうございました。

そして 厚かましく 又来年も よろしくお付き合い頂けますよう 伏して お願い申しあげます。
                  13/12/27 書道 墨画 華道担当 畑田益惠(穂苑)

Posted at 2014年01月13日 17時17分54秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*