東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー

書は人なり

           

行って来ました。 上条信山 書の世界展 5月21日〜6月13日武蔵野市立吉祥寺美術館
                     http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

吉祥寺なんて ほんと何年振りでしょう。井の頭公園 とか 前進座とか反対側は何回か来たのですが • • サンロード商店街を少し行って左に曲がった コピス吉祥寺A館7階に 美術館はありました。

知人に頂いたチケットを手に出かけましたが 3面違う信山の書を掲げた箱形の看板は なんと13万円もしたそうですが、入場料は100円でした。

市から援助がでているようですが、吉祥寺に生きた文化功労者 上条信山の面目躍如と言う所です。

色紙より大きく 半切2分の1迄という作品25点は構成といい 線質といい 正に当代随一 素晴らしい作品ばかりでした。

信山バリとは言えないような、丸みのある線の 優しいかなの作品が目につきました。

きりっとした ストイックな作品ばかり 連想していたのですが、一書一面貌 いろいろな信山に会う事ができました。

信山去っても こうして作品は生き続けるのだと 納得1!です。
                         11/05/25 書道担当 畑田穂苑

Posted at 2012年10月31日 14時47分26秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*