東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー

犬も歩けば 

この頃ちょっと時間があれば せっせと街を歩いています。すると今迄気付かなかった事 沢山発見して 得した気分! 

今日は 長い付き合いの洋画家が ガラス絵を始めたという知らせで 銀座凮月堂の3階にある『一枚の絵』を訪ね ぶらぶら歩いて帰りました。

中央通りを戻ってくる途中に東京セントラル美術館に寄ってみると、

丁度 第25回『書壇受賞に輝く作家展』 1月19日〜1月24日 が行われていたので、ちょっと覗いてみました。

     

東京セントラル美術館 http://www.doko.jp/search/shop.do?sc=16944

中央通りと昭和通りの間(京橋)には『くぼた』を始め小振りなギャラリーが沢山あるので それをお目当てに 歩いて帰るのが楽しみなのです。

去る17日にも丸の内ピカデリーで 『マイケルThis is it 』を見た後 余韻に浸りながら(今迄ハードロックなんか 全然受け付けなかった私が 尾崎豊 で えっと思い マイケル にがーんと一撃された思いなのです。)歩いていました。

丸の内ピカデリー http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tyth/id11361/

昭和通りを神田辺り迄来ると 小さな画廊で『こけらおとし展』1月14日〜1月21日というのに出会いました。

表に『産経新聞』の生花が出ているのです。

引き込まれるように入ると なんと 斎藤香坡 戸田汀香 両先生の作品が 沢山展示されているではありませんか。

きっと私は お二人に呼ばれた としか思えません。こんな偶然がありましょうか?
さらに なんか見た事ある作品 いつもお世話になっている 宮澤静峰先生の『十雨』では無いですか!

戸田先生は お名前だけしか存知あげなかったのですが、この画廊(ギャラリーやまざき)のオーナーが ご親戚の方だそうで 神田のお生まれだとか 

私の母が若い頃この神田で お針子をしていて 三越呉服売り場に納めていた話などで、すっかり親しくさせて頂き ご自分で染められた用紙の素晴らしい作品の解説などもして下さり 帰りには先生の手書きのポストカードをお土産に頂いてしまったのです。

みなさーん 散歩 してますか? 散歩は ほんとうに良いですよ!!
えっ 『ちいさんぽ』じゃ〜 ないだろう ですか?
                       10/01/20   書道担当 畑田穂苑
 
         
ギャラリーやまざき 千代田寿商事株式会社  http://www.chiyoda-kotobuki.co.jp/

Posted at 2012年10月31日 14時42分25秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*