東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー

秋の花達

秋の七草 ご存知ですか?

春の七草は 知っているけれど • • • そう云う方多いですよね。

先ずは『萩』細かいピンクの花を沢山つける 豆科の植物 白い花もあります。生命力の強い植物で株を切ってもすぐ 生える木 生え木というのが語源だそうです。

次は『尾花』薄です。映画<魔の刻>で 一面の薄が原を息子を追って車を走らせる 岩下志麻の横顔が印象に残っています。

日本中の山野に自生し 斑入りの 鷹の葉薄<やはずすすき> 縞薄 等があります。『幽霊の 正体見たり 枯れ尾花』なんて句もありましたね。

そして『葛 くず』これも日本中に自生する 豆科の植物です。長ーく伸びた蔓に 小さな蝶のような赤紫の可愛い花を沢山つけます。

『撫子 なでしこ』正式には河原撫子といいます。河原や野原の薄いピンクの清楚な花を例えて 大和撫子 とは誰の事? 花言葉は 貞節 だそうです。今はもういませんか?

『おみなえし 女郎花』あまりに花が小さいので粟花ともいいます。この花は黄色ですが 白い花をつける<男郎花 おとこえし>もあります。

そして『藤袴 ふじばかま』今この花を 山野で見つけるのは 大変です。めっきり数が少なくなりました。これも淡紅色の地味な花ですが 白い花をつける種類もあります。

最後に『桔梗 ききょう』古歌に あさがおの花 などと 詠まれています。昔は桔梗と朝顔の区別がなかったようです。

どれも茶花などに大切に使われますが、地味な花でリビングなどには向かないようで 花屋さんの店先では トンとお見かけしなくなりました。

通年ものという一年中出回る 華やかなものばかり  四季を一番知らないのは 花屋さんの子?
喜ぶべきか 悲しむべきか 私にはトンと判りません。 
                   09/09/30  華道担当 畑田益惠(穂苑)

Posted at 2012年09月28日 15時28分47秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*