東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー

展覧会を山車にして

   産経展  見てきました。
毎年この展覧会を楽しみに 来て下さるお友達が何人か居ます。
展覧会を見た後のお食事(無論ビールで乾杯の後)がお目当てだったりして • • •

  
漢字 かな 大字書 みんな力一杯の作品です。あまりに数が多すぎてゆっくり見ていたら何日もかかってしまいそうです。どうしても流してしまいます。

現代人はみな忙しいのです。仕方ありません。
それに書いた人の熱気にあてられて 疲れてしまいますから • • • 文句は言えません。

でも でもです。そんな中に ふと おや? あら!いいわねえ。と思わず足を止めてしまう作品が 必ずあります。そして立ち止まってつくづく眺めてしまいます。

中には 何処を探しても全く文字が見えない作品 心象風景かな?と思われる物も見受けられました。
個人的に言わせて頂けば 書道展でなくアート展のほうに出して頂きたいと思います。

目を覆いたくなる程 これ見よがしの 悲しい作品もないわけではありません。

しかし なぜか判らないけど 引きつけられる作品 それこそが本物なのでしょう。
他はみな偽物?

そこ迄言うつもりはありませんが、その作者がその作品にたどり着く迄に 懸けた時間とエネルギー そして 心  気 
女優 佐久間良子さんの『心』という作品もありましたが やはり最後は 心 心意気なのかな?と思いつつ • • •
 
いつもの伊豆栄 『梅川亭』 しかも今日の席は屋外 緑したたる川の上の席 やさしい風の中 せせらぎの音 まるで別世界です。

みんなで頂いたビールと鰻の美味しかった事 これでまた1年 頑張れま〜す。えっ ずいぶんお安いのね〜 ですって?
そ の と お り 焼け跡派の悲しい性 でしょうか?
                            09/09/14   畑田穂苑
産経国際書道展 9月1日〜16日 於 東京都立美術館

Posted at 2013年05月06日 13時23分46秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*