東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー

日本にも文字はあった?

だいぶ前の話 お弟子の一人に聞かれました。中国の歴史を見ると4000年くらい前からいろいろ載っているのに、同じ頃の日本を見ると 真っ白なんです。日本にも人がいたと思うのに なぜですか?

いつ頃から日本列島に人がいたか?

9万年前とか8万年前とか……えっ?そんな前から?……らしいですよ。
でも木の文化の日本では 中国のような遺跡がなかなか出てこないのです。

しかも 酸性の土で古代人の骨は 溶けちゃっているんですね。長い雨期が年に何回もあるしね、
三内丸山遺跡が 古いけれど それでも縄文前期 今から5500年前〜4000年前位だそうです。

でもお陰で縄文時代が 思っていたより高度な文明を持っていた事が 判りました。そしてこれからももっと古い遺跡が出てくると もっといろいろな事が 判ると思います。

漢字が285年百済(くだら)の王仁(わに)によって日本に伝えられる迄 日本に文字はなかった、と言われています……が 日本にも文字があったという話があります。

古代文字、もしあったとしたら、先祖がその文字で どんな事を書き綴ったのか、興味ありますよね。

なんでもサンスクリット語に似た美しい文字で ひらがな みたいな文字だったとか、そして横書きで 右から書いていたとか、見てみたいものですね。

中国にも漢民族が使った それも始皇帝の秦国が使っていた物だけでなく 少数民族が使っていた文字がいろいろあるようです。

文字もやはり政治が絡んで 強い民族の文字が力ずくで 広く使われるようになるという 悲しい側面が あるのでしょうか。

そう思うと日本の何処かの 土の中にもし古代文字が埋まっていたとしたら……早く発掘されると良いですね.   

いやー ロマン 感じますよね〜 えっ それより しっかり勉強ですか?    あなたは エ ラ イ !!!
                   09/06/24  書道担当 畑田穂苑

Posted at 2011年10月21日 14時29分15秒

 
この記事へのコメント

古代文字考

漢字渡来以前から我国には国字があった、という主張は日本を神の国に祭り上げるためにはどうしても必要だったのでしょう。
江戸時代には平田篤胤が神代文字存在説を唱えたようです。彼のいう神代文字は、赤城山南面中腹にある三夜沢の赤城神社境内にある石碑に実物が掘られて現存します。私は数年前、この石碑に韓国人の研究者を案内したことがあります。ひと目見て彼は笑い、これはハングルをもとにして作ったものですねと言いました。そしてその文字を音読して意味を教えてくれたのでした。
古代の文字にロマンを求めるととんだくわせものの偉い学者にエライものをつかまされますよ。それよりも、熊谷駅北のまじまで安くておいしいものを食べた方が間違いない・・・。
Posted by 長七郎 at 2009/08/24 21:37:52

モンクレール ダウン

カッコいい!興味をそそりますね(^m^)
Posted by モンクレール ダウン at 2013/09/13 08:22:54

バーバリーブラックレーベル

Hey this can be a actual cool web site…Hey I discovered this web site to be really attention-grabbing! Bookmarked!…
Posted by バーバリーブラックレーベル at 2013/09/22 02:35:55

コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*