東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー

縁は異な物

   人の縁 なぜ今こうして貴方と?

本当に 不思議な ご縁ですよね!この前 頂いた ご質問のお答えです。
篆書(てんしょ)って 何ですか?

お答え どこまであっているか…は判りませんが、そう 今から約2000年以上前の事

紙も印刷もままならいときのお話です。勿論見た訳ではないので これは 聞いた話です。

それ以前 つまり中国 秦の始皇帝の頃のお話です。ようやく中国を一つにまとめた始皇帝 たった15年の間に 彼がなし得た事 今の日本の総理に見倣うことは……無理よねえ。

あの広い中国を 始めて 統一した始皇帝は国民に 知らせたい事はすべて 石に彫って 各街街の広場に建てたのです。その時に使った書体 それが 篆書です。
 
石に彫ったのが今に残っています。

そして今も 実印等に使っています。あー見た事あるわー。

そう 絵文字のような……。あれが 篆書 です。その頃は 篆書が正式書体 そして隷書(れいしょ)が通行体です。

いまは? 楷書が正式書体 行書が 通行体 ですよね。未来は? 判りません。もしかしたら 漫画文字が 通行体になっているかも知れません。

では 隷書ってなに?奴隷が作った? だから隷書? そう でもなんと言っても紀元前のお話なので 真相は判りません。

とりあえず 絵のような文字 アジアの人間が初めて作った文字 それが 篆書

 いやーもっと前に 甲骨文字 もしかしたら まだ発掘されていないだけで もっと古い文字が出てくるかも知れません。

でも漢の時代には 全ての書体が出来ていたというのです。あれから二千年 今の中国は一体どうなってしまったのでしょう。唐の時代には 世界一だった……というのに

そう 私の生まれ故郷 中国 は北朝鮮をも巻き込んで チベットも モンゴルも どうするつもり?      さっぱり判りません。  09/06/14 書道 墨画担当 畑田穂苑

Posted at 2011年10月21日 14時20分59秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*