新潟県新発田市の不動産屋、丸井興産HP・ブログ担当の犬井です。このページでは、あまり不動産に関係ないことを書くつもりなので、気軽に読んで頂けると嬉しいです。
メインメニュー
2010-08 の記事

「遅刻常習犯♪」

海か川に飛び込みた〜い(笑)
ていうぐらいとんでもなく暑いですね〜
てんつくマンも言ってましたが、
暑すぎて体温がみんな高くなって
結果、
病気が減るかも!!
体温が一度上がると病気は3分の1〜半分減るんだそうな。
病気の原因のひとつは低体温。
だから、、、
暑いのもプラスに考えていきましょうねっ

というわけで8月ラストラン
イキますっ!


夏の猛暑でヘタっている方や何か悩んでいる方へ

長く続く雨もいつかはあがります。
厳しい暑さ寒さもいつかは緩みます。
不快のあとには快がやって来ます。
大変のあとには感動が待っています。

喉が渇いていない時、
なまぬるい水を飲んでも感動はしません。

「コップに入っている一杯のなまぬるい水を、
最高に美味しい水にするにはどうしたら良いでしょうか??」
ただし、、、水に手を加えてはいけません!

どうするか?







思いっきり汗をかいて
喉がカラッカラになるまで我慢してみて、
もうムリ〜〜っって時に飲むとどうでしょう

普段は“なまぬるい水”ですが、
「あぁ〜この一杯の水に命が救われた〜」
という感じで涙が出るほどの感動があるのではないでしょうか。


終わらないトンネルなんてのは存在しません。
暗く何も見えないトンネルも歩み続ければいつかは終わります。
走り続ける必要なんてないんです。
自分のペースでいい。
一歩、また一歩、遅くても前に進めば
必ず周りは明るくなる。

真っ暗闇の中にいたからこそ
太陽の有難みを痛感することが出来る。

大変なコトは、
そのあとに“感動くん”がやって来る一歩手前

困難くんも障害くんも〜
感動くんの仲間〜♪♪

だから何があっても大丈夫。
絶対にあきらめないかぎり!!
感動くんは誰にとってもすぐそこにあります!!!








by 犬

Posted at 2010年08月31日 15時07分32秒  /  コメント( 0 )

「努くん♪」

今朝の新潟日報朝刊の芸能面記事を見てビックリしました!!
『励まし屋』というデュオの記事なんですが、
そのうちの一人、吉野努さんが同級生だったのです
昔はよく、一緒に野球をしたものですっ♪♪
努くん。
夢を追い、素敵な歌うたいとして世の中を励まし続けているみたいです。
微力ながら応援していきたいと思います!!




by 夢を追い続ける不動産屋

Posted at 2010年08月30日 13時34分49秒  /  コメント( 0 )

「息子たちに伝えたいこ...

世のお父さん、お母さん。
子育てって大変ですよね
でも大変だからこそ!
楽しみや幸福感といったものがあるんだと思います♪♪

きょうは、、、
息子たちにこんな人になってもらいたい!
と私自身が覚悟を決めたお話をご紹介いたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「続 気くばりのすすめ」
鈴木健二著 より


知的障害者を兄にもつ
小学一年生の子(弟)の話です。


入学式の日、その子(弟)の席のとなりに、
小児麻痺で左腕が不自由な子が座りました。

最初の体育のときでした。

手が不自由な小児麻痺の子は、
着替えるのに30分もかかってしまいました。
時間がかかっても、
担任の先生は何も言わずこの子を放っておくことにしました。
でも、二度目の体育の時間には、
この子も他の子といっしょにきちんと並んで待っていました。

どうしてだろうと思った先生は、
次の体育の前の休み時間にそっと陰から見ていました。

すると、隣の子(弟)が一生懸命に
手の不自由な子が着替えるのを手伝ってあげていたのです。

そしてその子が着替え終わると、
ふたりで校庭に元気良く駆け出していったのです。


先生はやはり何も言わずに見守ることにしました。


七夕の日のことです。

ちょうど授業参観日でした。

先生は子どもたちに願い事を書かせて
それを教室の笹に下げておきました。

お母さんたちが集まったところで、
先生は、一枚一枚
短冊を読んでいきました。

一年生ですから、

「あのおもちゃかってちょうだい」

「おこずかいちょうだい」

というようなことが書いてありました。

その中に一枚だけ、
こう書かれてありました。

「かみさま
どうか
ぼくのとなりの子のうでをなおしてあげてください」




あの弟が書いたものでした。


先生は、この一途な祈りを読むと、
もう我慢できなくなって、
あの体育の時間のことをお母さんたちに話しました。

小児麻痺の子のお母さんは
子どもがどんなに教室で不自由しているのだろう
迷惑をかけているのだろう
申し訳ないことをしてしまったと
教室に入れずに
廊下からじっと様子を見ていました。

が、

先生の話を聞いた時
突然、廊下から飛び込んできました。

教室に入るなり、ぺったり床に座り
この弟の首にしがみついて絶叫しました。

「坊や、ありがとう、
ありがとう、ありがとう、ありがとう。
ありがとう、ありがとう、
ありがとう。・・・・・・・・・・」



その声がいつまでも教室に響き渡ったそうです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




相手の痛みや苦しみが分かるということ。

そしてそれが自分事のように祈りに変わるということ。

あらためて、
父親として自分はどうなんだ。
ちゃんと背中で魅せてあげられているのだろうか。
そう思います。

自分に熱く、人に温かく生きていきたいと思います!

まだまだです!!

もっともっとです!!!


本当の優しさをこの弟さんから学ばせて頂きました









今日も読んで下さりありがとうございますっ!!!










by 犬

Posted at 2010年08月28日 09時42分00秒  /  コメント( 0 )

「USAVICH」

先日、妻のかおちゃんがTSUTAYAから
あるDVDを借りてきてくれました。。。

やばいです

遅ればせながら最近知っちゃいました♪♪

妻には「え〜っ!何で知らないの!?」と驚かれましたが・・・・・・

<ウサビッチ>

かなり衝撃的ですっ!!!

しばらく頭から離れそうにないです。。。








by 犬

P.S. さっきイオン新発田店に行った時、ヴィレッジヴァンガードを覗いたらっ!
☆ウサビッチがいっぱい☆
グッズは妻に相談して今度購入だな。。。

Posted at 2010年08月27日 12時44分10秒  /  コメント( 0 )

「貴章〜!」

アルビの貴章がドイツ・ブンデスリーガへ移籍か!?
なんだかW杯南ア大会からドイツが熱くなってきてますね
本大会でもドイツは面白いサッカーを展開していましたし、
セリエA・プレミアリーグ・リーガエスパニョーラの3大欧州リーグよりも
ドイツが今熱いっっ!?!?!?
そう言えば、、、大好きだった若林くんも昔からブンデスリーガだし(笑)。

いずれにせよ
矢野選手の夢を応援させて頂きたいと思います。


「夢が見つからないときは、
他人の夢を自分の夢にして応援する」
by 福島先生


というわけで、
夢を追うすべての人に送る賃貸情報イキますっ!
今なら仲介料いりません!!
新発田市豊町のアパート
クリックお願いします↑↑

新発田駅近し・・・夢をつかむために電車に乗るのに便利

五十公野公園近し・・・夢をつかむために運動するのに便利

サークルKやウオロク近し・・・夢をつかむためにお買い物するのに便利

新発田高校近し・・・夢をつかむための高校通学便利

新発田病院近し・・・夢をつかむため治療に便利



ぜひっ!!








by 犬

Posted at 2010年08月26日 17時31分33秒  /  コメント( 0 )

「天使の羽根」

おやすみ〜の直後

昨晩の図

おはよ〜の直前

今朝の図

子どもって面白いっ♪♪

サイコーですっ!!


さて、
きょうは感動エピソードと出会いましたのでご紹介いたします!!

===============
『ランドセル』

幼くして父親を亡くした女の子が、
小学校に入学する頃のことでした。
周りの子はみんな、
親から買ってもらった赤いランドセルを背負って通学していました。
しかし、
その子の家庭は幼くして父親を亡くし母子家庭でしたから、
ランドセルを買ってもらえるほどの余裕がなかったそうです。
もちろん、家に余裕が無いことがわかっていたその子は、
ランドセルがほしくても母親にねだることはできません。
子どもながらに、
それはお母さんを困らせてしまうことだとわかっていたからです。
でも、毎日友達と通学していると、
どうしても自分もあの赤いランドセルがほしくてほしくてたまらなくなります。
通学路にあるお店のショーウィンドーに飾ってある、
新品でピカピカの赤いランドセルをいつも眺めていたそうです。

そんなある時、彼女は考えました。

「お母さんに迷惑をかけるわけには行かない。
でも、私もあの赤いランドセルがほしい・・・。
そうだ、お父さんにお願いしてみよう!
きっとお父さんなら私の願いを叶えてくれるにちがいない!」

そう思った彼女は、
天国にいるお父さんに手紙を書くことにしました。
まだ習いたてのひらがなで、
一生懸命にお父さん宛にハガキを書きました。

「てんごくの おとうさんへ
わたしは、ことししょうがくせいになりました。
べんきょうもがんばっています。
いっぱいがんばって、おかあさんをたすけようとおもいます。
だから、おとうさんにおねがいがあります。
わたしに、あかいらんどせるをください。
いっぱい、いっぱい、べんきょうして、がんばるから。
いいこにしているから。
おねがいします。」

もちろん、天国へのハガキです。

宛名は“てんごくのおとうさんへ”と書いてポストに投函したそうです。

そのハガキを集配し、郵便局の職員の方がそのハガキを見つけます。

宛名は天国・・・・・・。

ハガキの表には、幼い彼女が一生懸命に書いたあの文章・・・・・・。

いつものように宛先不明で送り返すわけにも行かず、
このハガキを手に取った職員がどうしたらいいんだろうと
仲間の職員の方に相談したそうです。
「ねぇ、見て、このハガキ・・・。
どうしたらいいだろうかぁ・・・。
送り返すにはあまりにも残酷だよね。」

「う〜ん・・・。
そしたら、僕達がこの子の天国のお父さんになろうよ。」

「えっ、どうやって?」

「仲間みんなにお願いしてさぁ、
ちょっとずつお金を出し合って、ランドセルを買ってあげようよ!」

そして、郵便局の職員みんなで、ちょっとずつお金を出し合い、
真っ赤なピカピカのランドセルを買うことにしました。

そしてそのランドセルを小包に入れ、
その郵便局の中で一番字の上手い人が代表して、
お父さんのメッセージを書いて、その子の家に送ったそうです。

「○○ちゃん、お手紙ありがとう。
お父さん、とってもうれしかったよ。
いつも頑張っているのを天国から見ているからね。
これからも、優しい人になってね。
そして、お母さんを助けてあげようね。
天国からいつも○○ちゃんのことを応援しているよ。
ちょっと遅くなったけど、ランドセル贈るね!!」

数日後、ランドセルとメッセージの入った小包が女の子のところに届きます。

その女の子は飛び跳ねるように喜び、
お父さんからランドセルをもらったと、はしゃいでいたそうです。

そして、数年後
この話を作文に書き、
全国のコンクールで入賞したそうです。
===============


。。。。。
感動です。。。

志ある郵便局の人に本当に感動です。
もし自分が郵便局の人だったとしたら、同じような行動をしていただろうか?
どんな行動をしただろうか?
思いやりや優しさを忘れずに行動したいですね!!



今日も子どもたちに胸を張って引き渡せる世界にするために
今ある力で全力で本気で
顔晴っていきまっしょ〜〜〜い!!!



「昼に輝くのは、太陽
暗くなると輝くのは、星
明るくても暗くても輝くことができるのは、
君」
by 福島先生


っしゃーーーーー!!!



きょうも読んで下さりありがとうございます






by 犬

Posted at 2010年08月25日 10時15分57秒  /  コメント( 0 )

「ナカータ♪」

みなさん、幻冬舎さんの
『GOETHE(ゲーテ)』最新10月号御覧になりましたか?
私はまだ読んでないのですが、
今朝の日本経済新聞の広告欄に掲載されていた写真を見て
ぶったまげました!!
中田英寿さんの身体がスゴイ!!!
あとで書店へレッツラGOですね

めちゃくちゃ鍛えられた肉体を見た時、
尊敬の眼差しで捉えます(笑)
だって、それは毎日の努力の賜物だから

そしてこれは・・・心もおんなじ。
生まれつき意思の強い人も、
生まれつきポジティブな人もいない。
日々の生活の中で、鍛えられていく。
毎日毎日筋トレを続けて行くコトで身体は変わっていく。
毎日毎日
“心のビリーズ・ブート・キャンプ”や“心のコアリズム”を
続けて行くコトで心は変わっていく。

筋トレと一緒で、
すぐになんて成果は出ないけど継続することで、
身体も心も鍛えられていく。。。

悔しい経験や感動した経験。
悩んだり苦しんだり、
逃げ出したい
投げ出したい
でも、負けたくないと葛藤だらけ・・・

そんな経験が、
“心のビリーズ・ブート・キャンプ”だし“心のコアリズム”なんだと思う。

そんな心を鍛えてくれる経験をするためには
やっぱり!!

『行動する』こと

『動く』こと

動かないと身体も太るし心も弱くなる。

動くと悩んだり苦しんだりするけど心が鍛えられる。



毎日毎日、筋トレを続けて行くコトで身体は変わっていく。

毎日毎日、心の筋トレを続けて行くコトで心は変わっていく。


いつまでもアグレッシブに動きまくる自分でありたい!!!




今日も読んで下さりありがとうございますっ♪♪








by 犬

Posted at 2010年08月24日 16時19分19秒  /  コメント( 0 )

「角田さん」

暑っちぇねー。
とにかく暑っちぇねー。
というわけで、暑いと言えば避暑地。
避暑地と言えば軽井沢。
軽井沢と言えば、、、
鳩山元総理の別荘。。。
先週やたらと話題になっていましたね

150人以上の人が集まり、“庭”で集会をしたらしいですね。
この別荘、土地の広さは武道館を一回り小さくしたくらい!?らしいです。
そこに200崋紊硲隠毅悪崋紊里佞燭弔侶物があるだけ。

・・・余っている土地を売ればいいのに・・・
なーんて思ってしまいますね。

ただ、庭の掃除は大変でしょうね。

それ相当の庭師やハウスキーパーが掃除をしてくれるんでしょう♪♪



さてさて、昨日は我が家は、
避暑しようということで
(たぶん)今年最後の海に行って参りました〜!!
犬井家フェイバリット海水浴場の角田浜へレッツラGO!!
昨日は人出もピークからしたら全然少なかったですし、
晴れ間が続いているからか海の水もとても透明度が高かったです
昨日は刺されませんでしたが若干沖合いに行くとクラゲさんもいましたし、、、
(たぶん)今年最後となる海水浴をとっても楽しみました〜(笑)

うみさいこーー!!!







by 期待のセレッソ大阪7番と同じ苗字(漢字は違います)

Posted at 2010年08月23日 16時51分35秒  /  コメント( 0 )

「ヘビーローテーション」

タイトルに深い意味はありません・・・。
ただ・・・売れてるみたいですね♪


昨日は新発田市ではなく、、、
新潟市北区島見の物件調査に行ったついでに
ペット霊園に立ち寄り、
昔、実家で飼っていたわんこの墓参りをしてきました。



この季節は
故人や故犬を偲びたくなる季節ですね。。。
全ての出会いに感謝です。


さて、
昨晩は日テレ系「アナザースカイ」を観ていて
長谷川潤さんの回だったのですが、
好きになってしまいました。
元来、
モデル顔といいますか美人といいますか、
あんまり好きになったコトはなかったのですが・・・
ちなみに芸能人で言うと、
酒井○子さんとか宮崎あおいさんみたいな
スッキリとしたさっぱりとしたさわやかなかわいい顔が好みでした。。。

でも、昨日の長谷川さんを観ていて、
外見はもちろん美しいのですが、
内面があまりにも美しくて魅力的で!!
いまでも外見のタイプは美方向に寄ってはいません。
長谷川さんはそんな外っつらよりも
中身がとても素敵に思いました。

35歳(既婚・♂)
陰ながら応援させていただきます♪






by 犬

Posted at 2010年08月21日 08時48分03秒  /  コメント( 0 )

「松下VSトヨタ」

暑いですねー。
あんまりにも暑くて、
薩摩藩名義で軍艦と銃を揃えたくなってきました。
犬井社中の大仕事です




というわけで、
ひすいこたろうさんの
3秒でHappy?名言セラピーメルマガより
熱い話のご紹介を!!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昭和36年。

松下幸之助率いる松下通信工業の幹部全員が集まり会議が開かれていた。
トヨタ自動車から大幅な値引き要求があったのだ。
松下が納めていたカーラジオを半年以内に20%コストダウンしろ、
との要求がトヨタからあったのだ。
これは松下にとって、死ね。
というに等しいくらいのムリな要求。
松下の幹部たちは困り果て、言葉も出ない。
20%のコストダウンなんて絶対ムリ。
静まりかえる会議室に、あの男が現れる。
松下幸之助の登場だ。
ここから幸之助の伝説のトークが始まります。
第一声はこうだ。
「どうして、トヨタはこういう要求をしてきたんや?」
トヨタのこの要求の裏には貿易の自由化問題があった。
GMやフォードといった大メーカーとの価格面での競争が本格化し、
このままでは日本の自動車産業そのものが滅んでしまう、
という危機感がトヨタにはあったのだ。
「そうか。そういうこっちゃな。
でも、よく考えてみい。
松下がトヨタさんの立場だったらどう考えるかや。
やはり、同じ要求をしていたかもしれんな。
君らは無茶な要求やと驚いているが、トヨタさんはどうや。
どうすればコストダウンを達成して、
日本の自動車産業を発展させていくことができるか
という危機感でいっぱいやろう。
いわば業界全体、さらには国のためを考えてるんや。
松下1社の話とは違うんや。
ここはできません、と断ってはいかんと思う。
なんとしてでも、値を下げなければならん。」
幸之助のこの発言に対して、幹部の一人がこう発言した。
「けれどもトヨタの要求はまず5%、
半年後に15%、計20%という無茶なハードルです。」
幸之助はこう返した。
「コストダウンというのは5%、10%を目標にしたらかえってできないんや。
20%となると、もう小手先の知恵ではどうにもならない。
発想を全て変えないとできん。
大きさを半分にしてしまうくらいの発想でないと、これはできんわな?
これは単に値引き要求を受けたというだけのことではないんや。
日本の産業を発展させるための公の声だと受け止めなければならんのやないか?
もし20%の値引きに耐えられる製品ができたら、どうや?
トヨタさんだけやなく世界で通用する製品になるんやないか?」
会議室の空気が一変した。
この会議に参加していた幹部の一人は
「最初、みんなが困惑してよどんでいた会議の雰囲気が
ぱっと晴れたかのように明るくなった」と、語っている。
「これができたときには全世界の会社が売ってくれと飛んでくるで。
そう考えると、これはピンチやないな。
松下にとって飛躍への天佑やな。チャンスやと思わんか?
ありがたいことに、できたら買ってくれるという先まで決まってるんや。
こんなにありがたいことはないで。
普通は納入先を探さなあかんのやからな。」
幸之助がこう語り終える頃には、
「やります!やります!!きっとやり遂げます!!!」
と、幹部一人一人の気持ちは燃え上がっていた。
最後に幸之助は幹部にこう言ったという。
「よし、その調子やで。ところで、いま利益はどのくらい出とるんや?」
「3%です。」
「なに?????3%やて少なすぎるで、それは。」
数分前まで深刻に困り果てていた幹部が、
やる気になり、そして最後のこの会話で笑いが起きた。
やる気があり、笑いもある。
そんなところには、天使が舞い降りる。
結論を書こう。
松下、コストダウン20%達成。
本気になって協力してくれた松下の心意気に、
トヨタも販売台数という形で答えた。
つまり、コストダウン20%したにもかかわらず、
以前よりも松下の利益が増えたのです。
まさに、この瞬間、松下通信工業がカーラジオの
トップメーカーに踊り出たのである。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

すごいですよね〜♪♪

大ピンチを大チャンスに変えてしまう松下幸之助さんの一言。

鳥肌が立ちます!!

まさに、
『好景気は企業が伸びる
不景気は人が伸びる』
by 福島正伸先生

問題が起きたことが問題ではなく、
問題をどう捉え考えるかが問題。

問題は、
プラスに考えればチャンスになり
マイナスに考えればピンチになる。

リーダーは、
まさにどんな環境であろうが、
プラスに変化を起こす人のことを言う。

まだまだ暑くて熱い日が続きます。
夏の甲子園高校野球、
新潟明訓は負けてしまいましたが今日は
準決勝やってますね
高校球児たちに刺激を受けつつ

今日も
プラスに変化を起こしまくりまくりすてぃでいきましょう♪♪





by 犬

Posted at 2010年08月20日 14時08分28秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ