新潟県新発田市の不動産屋、丸井興産HP・ブログ担当の犬井です。このページでは、あまり不動産に関係ないことを書くつもりなので、気軽に読んで頂けると嬉しいです。
メインメニュー
2010-01 の記事

「うまく行かない経験こ...

昨日は帰宅前に“カースポット新発田店”に寄り道。
理由は・・・・・
FM新潟のかみむらともせーがステッカーキャンペーンで来てたからです。
実は私、彼女のラジオのファンです。
いつも笑かしてもらっています。
ありがとう!!
少しだけ話させてもらいましたが、
真っ白なツバしぶきを飛ばすくらい面白い女性でした
これからもガンガン笑かして下さいね♪♪


“うまくいかない経験が
人間として成長させてくれる”


「動けば変わる」
「出会いで人生が変わる」
「学ぶと人生が変わる」
「ピンチはチャンス」
・・・・・こんなことを信じて動き出したいものですね。

『何かを変えたい!』
という想いが
“行動”を起こすキッカケとなったりします。

とにかく、
“未来は今から創れるんだ”って信じて、
ガムシャラに、
ひたすらに、
一生懸命に、
明るく、
謙虚に、
動いて、
人に出会って、
沢山のことを学ぶと思うんです。

“動いて変わったぁ〜♪”
“人に会うのが楽しい♪”
“沢山のことを学ばせていただいた♪”
何かを変えた結果、
手にするものがあると思うんです。

だけど、
フッと我にかえったように
自分の周りや足元を見直すと、
「あれ?楽しんでるのは自分だけ?」
「変わったと思っているのは自己満足?」
「一年前と何も変わってないじゃん!」
なんて思ってしまう時があったりもします。

例えば、
仕事をされてる方や、
家庭を持っている方、
勉学に励まれている方、
人間関係に悩まれている方。

業績が良くなったわけではない、
家庭が円満になったわけではない、
成績が良くなったわけではない、
人間関係が円滑になったわけではない。

“自分の心の在り方”は
大きく変化していても、
“結果”として
自分の“悩み”が解決していない、
もしくは、もっと深刻な事態になってしまった。。。

そんなことがあったりすると思うんです。

「このままで本当にいいのかな?」
と不安になったり、
「もっと違うことをするべきなんじゃ?」
なんて迷ってしまったりすることがあると思うんです。

私にももちろんあったりしましたし、
誰にでもあることだと思います。

ただ中には、同じような行動をしても、
みるみるうちに豊かになっていく人もいることでしょう。

そんな時、
「なんで自分は・・・」
と思ったりするもんです。

でも、大切なのは
他の誰かとの比較ではなくって、
あくまで、
己、自分を大切に見つめてあげるんです。

“うまくいかない経験は、
さらに大きな人間になるため”

“自分に与えられた使命が大きなこと”

だから、
沢山のうまくいかない経験をさせていただいているのだと。

うまくいかない経験を沢山した人は、
「それは必要なことなんだ」と、
決して諦めなかった人だと思います。

沢山傷付いてきた人は、
同じように心に傷を負った人の気持ちが分かる人になるでしょう。

沢山悩み苦しんできた人は、
同じように悩み苦しむ人にとって一筋の光となるでしょう。

やっぱり
どんな経験も決して無駄ではないというコトです♪♪

その経験を無駄にしてしまう考え方があるだけです♪♪

『命は時間。時間は命。』
と聞いたことがあります。

時間を削って生きている私たち。
時間を使って経験を積む私たち。

命の時間を使って得たこと、経験したことを、
これからの人生に、
仲間のために、
家族のために、
愛する人のために、
地域や社会のために、
日本のために、
世界のために活かして生きていきたいですね!!




今日は仲間うちでの新年会
どうやってみんなを楽しませるか!?


今日も張り切って顔晴ります!!!




by 犬

Posted at 2010年01月30日 09時13分21秒  /  コメント( 0 )

「耳からジュンジュワー」

昨夜は帰宅したら、
妻の学生時代の友達が2人遊びに来ていたので、
みんなで連れ立って尊敬する河原成美社長が経営するお店「一風堂新潟店」
隣の席にはカップルがいたのですが、
友達2人のうちのPちゃん(仮名)が突如、
「あっ!前に合コンで会った人だっ!
仕事の出来る30代の人だったんだけどね〜。
箸の使い方がおかしいとか、
やたら細かいことを指摘してくる人でさぁ〜。
あー、ちまちました男はガッカリだよね〜。」
・・・聞こえたらどーすんのPちゃん・・・
まぁ、微妙に聞こえないくらいの声でしゃべってたから大丈夫だろうけど、
向こうは彼女連れ(たぶん・・・)だし、
もし聞こえてたらキマヅイなと思いながら
うまいラーメンを食べました!

そして帰宅後、
長男・輝の耳掃除をしていたら、
ちょっと彼も動き、私もガツッと力が入った瞬間。。。
急に痛がり・・・
耳から血が・・・
しかも、結構な出血量・・・
ビックリして一瞬パニックになりましたが、
冷静に救急センターに電話したり、
相談にのってもらったりしながら、
明日、あらためて近くの耳鼻科の専門医に診て貰うのが良いでしょう。
ということで、本日午前中。
かおちゃんに耳鼻科へ連れて行ってもらっているハズです。。。
はでゅ。
ごめんね。
痛い痛い思いさせてホントにごめんね。
というわけで、今日はさくさく取り掛かって
さくさくやり切って
さくさく帰る予定!!
早くはでゅに会って抱きしめてあげたいです。

仕事でも
プライベートでも
うまくいかない経験が
きっと人間として成長させてくれるから。
どんな経験も必要なこと。
無駄なことなんて何もない。
無駄だと思う考え方、捉え方があるだけ。
起こるすべてのことをプラス受信して
前に歩いていきたいと思います。


きょうも読んで下さり、
サークルKサンクスです♪♪




by 犬(親父ギャグ全開の34歳児)

Posted at 2010年01月29日 10時04分16秒  /  コメント( 0 )

「身近な人への」

昨日は9時〜17時30分までみっちり講習でした
宅建の実務講習というやつです。
私は(有)丸井興産に入社してから、
つまり不動産業者に勤め始めてから2年未満なので
これを受けて修了しないと宅建の資格を県知事に登録できません。
というわけでもう一回、来週の水曜日に2日目のスクーリングに行ってきます。。。

でわ、今日の内容にイキまーす!

最近、妻のかおちゃんが
「今日もありがとう。」
と良く言ってくれます。
言われる方としてはとっても嬉しいので私も出来るだけ
いろんなことへの感謝を込めて
「ありがとう」
を意識して伝えたいなって改めて気づき始めた今日この頃。。。

身近な人だと、
ついつい、居ることが当たり前、
ご飯を作ってもらったり、掃除、洗濯してもらうのが
当たり前になってしまいがちですね。

相手に与えることが幸せだったことが、
いつの間にか、相手にもっとこうしてほしいと求めるばかりに・・・。

身近な人への“ありがとう”を大切にしていかないといかんです。

日本を、地方を、新潟を、新発田を変えるためには、
まずは家庭が変わらないとですね♪♪

晩ご飯を食べながら、夜寝る前に、家族みんなで、
“最近の嬉しかったこと”
を話していこうと思います!

【嬉しかったことを聞いているとき、
あなたは相手の天使なんです。】


素敵ですよね〜♪
相手の嬉しかったことを聞いて、
自分の嬉しかったことを話して、
どんどんHAPPYな人生にしちゃいましょう!!




by 犬

Posted at 2010年01月28日 09時16分37秒  /  コメント( 0 )

「鏡」

「何故オリンピックが感動するのか?
何故甲子園が感動するのか?
それは、何かに向かって一生懸命生きている人に
人は惹かれる。人は応援したくなる。人は感動するから。。。」

今年は冬期オリンピックやサッカーW杯などなど
アゲアゲなスポーツイベントが目白押しですもんね

気合い入れて参りましょう!!

今日は、最近読んだ子育て本からご紹介します。


【鏡】

子は親の鏡です。

周りの起こる全ては自分の責任であり、
人を責める前に自分を見つめ直すべきなのである。

けなされて育つと、子どもは人をけなすようになる。

励ましてあげると、子どもは自信を持つようになる。

広い心で接すれば、キレる子どもにはならない。

褒めてあげれば、子どもは明るく育つ。

認めてあげれば、子どもは自分が好きになる。

見つめてあげれば、子どもはがんばり屋さんになる。

分かち合うことを教えれば、子どもは思いやりを学ぶ。

喜ばせることの喜びを知ると、子どもは優しくなる。

感謝を教えれば、子どもは幸せを知る。




・・・・・いかがですか?
私は日々反省し、改善です(笑)

それからこれは、
会社や学校、すべての組織に当てはまりそうですよね。

周りの事象すべてが自分の責任。

本日も顔晴っていきまっしょい♪♪



by 犬

Posted at 2010年01月26日 08時07分33秒  /  コメント( 0 )

「最高のロッケンロール!」

昨日は新潟LOTSで
ザ・クロマニヨンズのライブに行ってきました〜

ライブなんてかなり久しぶりでした。
5年ぶりかな。。。
氷室京介の東京ドーム公演以来だったのでドキドキ・・・。
そして、オールスタンディングのライブなんて10年以上前にさかのぼってしまいます。
学生時代に行ったモトリークルーのZepp東京公演以来です。。。
やっぱりライブは、
当たり前ですがライブハウスのオールスタンディングの方が熱いですね!
私はもういい歳の中年なので、うしろの方で楽しもうと思っていましたが、
いざ始まったら若者に混じって前の方へ向かってました〜(笑)
ザ・クロマニヨンズはとにかく楽しくて熱いです!!
ヒロト、マーシー、コビー、カツジの4人のロッケンロールにしびれました!!
最新アルバムの「モンド ロッチャ」は全編で30分足らずなので、
ライブはほぼベスト的なセットリスト!!
相変わらず、どの曲も最高
タリホー、ギリギリガガンガン、紙飛行機・・・なんかはもちろん
スーパー絶叫!!とにかくでかい声で叫びまくりました〜っ
ヒロトとマーシーのつくる曲は歌詞もなんだかふざけたものもありますが、
深いものもあったり、じーんとくるものもあったりして本当に好きです。

「生きているうち できる事は何でも
やってしまう 毎秒が伝説」
グリセリン・クイーン

「放課後の自転車置き場 あなたが全部に見えました」
突然バーン

「ただ生きる 生きてやる 呼吸を止めてなるものか」
エイトビート

「変わらないものなんて 何ひとつないけど
変わるスピードが 違ったんだなあ」
スピードとナイフ


彼らの楽しく熱いロッケンロールのおかげで
まだまだ俺は34歳!!
人生これからだっ!!!
と再確認させてもらえましたっっ。

ライブには
6歳未満の子供はチケット無しで入場できたんですが、
子供や車椅子の方のスペースもあったりして、
アンコール前には子供の声で
「ヒロト〜!マ〜シ〜!」
という声も聞こえたりしてとても微笑ましかったです
私も子供がもう少し大きくなったら
一緒にライブに連れて行ってあげたいなぁ〜なんて思ってしまいました。



ザ・クロマニヨンズ、素晴らしい時間をありがとう!!!




by 犬

Posted at 2010年01月25日 09時48分47秒  /  コメント( 0 )

「運転が上手い人って?」

今日は自宅のある新潟市も
弊社事務所のある新発田市も
雪がのそのそと降り積もってきております
雪がたくさん降って積もることそれ自体は喜ばしいことだと思います。
春夏秋冬四季折々のその季節らしくあることが一番だからです。

ただ・・・、
クルマの運転だけは、
雪が積もっている時は
相当に集中力を高めないといけませんね。
サイヤ人だったらスーパーサイヤ人にならないとまずいです。

ということで、
きょうは“運転の上手い人”について

運転が上手いというのは、

スピードを出せる人でなければ、
車線変更が上手い人でもないし、
車庫入れが上手い人でもない。

簡単に言うと、

周りのことを考えられる人

右折する時に後ろの車のことも考えられる
反対車線の流れも気に出来る人。
周りの急いでいる車やゆっくりの車、
それぞれを理解し受け入れられる人。

歩いている人や自転車のように
自分と全く違う立場の人を思いやれる人。

隣に座っている人が安心して気持ち良く乗れる運転。

今日も一日
雪がある地域の人も
雪がない地域の人も
安全運転で参りましょうね♪♪


そしてもっと気づいたコトは何でもそうですねってコト。。。

自分勝手でなく、
周りの人のこと。
そして何より、
すぐ隣の大事な人のことを
自分以上に考えられる人になりたいです!!

今日も今出来ることを
徹底してやり切り生き切ります!!!





by 犬

Posted at 2010年01月23日 09時48分42秒  /  コメント( 0 )

「新発田市賃貸じょうほ...

さてさて本日2回目のブログ更新イキますよ〜

新発田市大手町1丁目にありますマンションです!

どんっ!!

どどんっ!
出ました!ダイアパレス大手町505号室です


間取り〜♪
3Kですね。。。
洋約12.4帖、洋約6帖、洋約5.2帖、キッチン約2.9帖です。


〜っっぽい洗面台〜


〜高級感漂うトイレ〜

そして来ました!
賃料は¥58,000円です!
敷金は2ヶ月、礼金なし。
仲介手数料は1ヶ月+消費税。

ただ、、、
駐車場がナッスィンなので、管理人さんに確認して近くを探すか、
弊社の方でも探す方向で考えております。。。

11階建てのこちらは5階のお部屋なので、
場所は新発田の街中ど真ん中ですが、
しっかりと二王子山が見えますよ〜〜♪♪

(有)まるこう、犬井まで
お問い合わせお待ちしておりまーす。




by 犬

Posted at 2010年01月22日 13時31分24秒  /  コメント( 0 )

「龍馬さんの如く」

今日も新発田市、気温はとっても寒いですが、
心は熱く燃えに萌えまくっていきたいと思います

「最後に
“いい人生だった”
と思って死ぬよりも
毎日
“いい日だった”
と思って寝た方がええぜよ」
by 茶谷清志氏

今日は、『龍馬の如く』(著、茶谷清志氏)よりご紹介します♪♪

==========
幸せな人は、一日一日を幸せに生きています。
今日一日を楽しめる人は、一生を楽しめる人です。
今日を楽しめなければ、死ぬ時にも「いい人生だった」とはいえません。
龍馬は、毎日を完全燃焼して生きていました。
“やることはやった”と思って眠りについたのです。
==========

そうですよね〜

「今日一日を楽しめる人は、
一生を楽しめる人。」

子供たちは、好奇心旺盛で、とにかく良く笑いますよね。
きっと龍馬さんも、
天真爛漫で、子供のように毎日を思いっきり楽しんで生きてきたと思います。

一回しかない人生どう生きるのか?

何のために?


日本の未来のために
子供たちに
夢のある未来を繋いでいくために


私も、龍馬さんのように、
自分に素直に、思いっきり思いっきり思いっきり
楽しんで、挑戦していきます!!

今日も自ら創る人生最幸の一日を♪♪

あざーっす!!




by 犬

Posted at 2010年01月22日 09時34分27秒  /  コメント( 0 )

「この場こそ、最高の職場」

凡人は努力したくない時、
出来ない理由を自分以外のせいにする。
本気の人は、
出来ない理由を自分の努力が足りないせいだと考える。

今日は、
ある方の青年時代のお話です

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ある一人の青年が、
地方の大学を出て京都の会社に入った。
しかし、
その会社は赤字続きで給料も遅れる。。。
これに対して労働組合は、頻繁にストを繰り返す。。。

もう辞めよう。

青年は自衛隊に入る事にし、
その手続きの書類を送ってくれるように実家に頼んだ。

が、

必要な書類は送られてこず、
長兄の手紙だけが送られてきた・・・。

「働くところもないお前を雇ってくれた会社に、
なんの恩返しもせずに辞めるとは何事か」

ズシンとこたえた

この場こそ、最高の職場と思おう!

青年は生活を一変させる・・・
会社に布団や炊事道具まで持ち込み、
寝る間も惜しんで仕事に没頭した!
そして、その努力は報われ、
会社にヒット製品が生まれる。

しかし、
ここでまた賃上げ要求の全面スト・・・。
だが青年は、
それでも仲間と会社に泊まり込み、
仕事を続けた。
作った製品は裏門の塀から手渡して納品した。

そんな青年の行為は全組合員から非難、罵倒された。

青年は言った・・・・・。
「私は会社の回し者でも皆さんの敵でもありません。
今我が社で唯一黒字を出しているのはこの製品だけです。
この生産を止めたら、それこそ皆さんの
給料も払えなくなるのではないですか。」

一歩も譲らない青年の姿勢。

これには組合幹部も心を動かし、
スト中も青年のチームだけは仕事の続行を黙認されることになった。

京セラ創業者であり、
今話題独占の日本航空新CEO、
稲盛和夫氏
25歳の頃の話です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


さすが稲盛さん!
カッコ良すぎますっ!!
「この場こそ、最高の職場」

簡単な言葉ですが、含蓄があると思います。

まさに“働き方”=“生き方”ですね。


「おもしろき
ことなきこの世を
おもしろく」
by 高杉晋作

っしゃーーーっ!!




by 犬

Posted at 2010年01月21日 09時26分53秒  /  コメント( 0 )

「ある不動産の実話」

まるこう犬井、
なんだか叫びたくなったので海の方まで行ってきました。

というのは冗談で!
新発田市紫雲寺藤塚浜まで物件調査で行って来ました

この辺一体は、
豊かな自然環境を背景に、
公園、ゴルフ場、オートキャンプ場、マリーナなどの施設が融合して、
国、県、市、そして民間企業が一体となって整備を進めている
魅力満載のエリアです〜。
私も久々に訪れてみたら、
なんだか住んでみたくなってしまいました。
歳をとっても生きがいを感じることが出来そうな予感・・・。

・・・というわけで、
今日もイッてみましょう!

福山さん(仮名)は、
海の近くの分譲マンションに賃貸で住んでいました。
きれいで住み心地も良くて、お気に入りのお部屋でした。
ずっとこの部屋で暮らしたいな・・・と思っていたある日、
大家さんからの手紙が郵便受けに入っていたのです。

内容は・・・、
「このたび結婚することになりました。
今の部屋が手狭まなので、
貴方様にお貸ししている部屋に夫婦で住みたいと思っています。
つきましては、退去をお願いいたします。」
というものでした。

以下、福山さんの目線でイキますよ〜〜。。。
血の気が引いて、
心臓がドキドキして、
手も震えました。
何か問題を起こしたわけでもなく、
家賃の滞納も、近隣とのトラブルもないのに、
家を追い出されてしまう!

定期借家ではない一般の賃貸契約で、
入居以来大家さんとは、
ずっといい関係を築いてきたと思っていたのですが、
あまりにも一方的な申し出に、
正直驚きました。。。

とにかく新しい引越先を探さなければいかんと
色々調べていたら、
偶然にも、
同じマンションの別の部屋に空きがあることがわかりました。

しかし、福山さん。
当時はお金に余裕がなく、
せめて居住者としての権利を主張しようと思って、
「引越しするにしても、
新居の敷金・礼金や、不動産屋の仲介手数料や
引越し代を全額負担してほしい」と伝えました。
すべて、今回の話がなければ、
福山さんが本来支払う必要のないお金です。
大家さんの都合で一方的に退去を迫られたわけだから、
当然の権利だと思ったわけですね〜。

でも、大家さんからの返事は、
「私には、新居への引越し費用をお支払いする義務はありません。
ですが、感謝の気持ちとして、
25万円お受け取りいただければと思っています。
また、最後のひと月分の家賃はお返しします。
これで、ご了承下さい。これが精一杯です。」
というものでした。

福山さんの心の中は、
怒りと悲しみでいっぱいでした。
毎月の家賃を支払うことは出来ても、
敷金・礼金などをまとめて払うとなると、
賃貸物件のレベルも生活レベルもかなり落とさないと、
引越し自体が出来ないような苦しい状況でした。
大家さんの言い値では、とてもとても足りません。

行政書士や不動産屋の話を聞いたり、
インターネットでの事例を見ても、
福山さんの主張は何らおかしくないこともわかっていました。
(むしろ、良心的過ぎる、
要求金額が少な過ぎると言われたそうです。)
まぁ、当然ですが・・・・・。

大家さんへの返事に困っていたら翌日、
「提示いたしました金額は、
結婚資金として貯めていたお金を崩してかき集めた
本当に精一杯の金額です。どうがご了解下さい。」
とメールで連絡がありました。

福山さんは、
「絶対に知らばっくれてる!
家主をやっていて、貸主都合の退去の社会通念を
知らないなんておかしい!
私の同情を買うために、
こんなことまで書いて必死さをアピールして・・・!」
と思いました。。。
本当に、悔しくて悲しくて、
この気持ちをどうやって伝えたらいいのか分からず、
本当につらかったそうです。

とにかく本当にイライラして、数日間を過ごしていました。
福山さんは一歩も引く気はなくて、
絶対に、1円の損もなく引っ越すつもりでした。

また同様に、大家さんも一歩も引く気はなくて、
それ以上の金額を払うつもりはないようでした。

複数の専門家に聞いても、
「大家さんの主張がおかしい。
貴方の主張が正当だし、絶対に勝てる。」
と言われていました。

だから、
少額訴訟を起こそうとか、市の法律無料相談所に行こうとか、
行政書士さんに間に入ってもらおうとか、
随分悩みました。
実際、少額訴訟の書類も揃えましたし、
行政書士さん探しも始めていました。


福山さん、
そんな時、ふと鏡に映った自分の姿が見えました。
そしたら何と!
般若の様な顔つきをしていたらしいんです!

その時、「あれっ?」って思って、
「私はこんなんだったっけ??」と思ったそうです。

大家さんの結婚という、
おめでたい話。
退去話と重なるように、めったに空きが出ない物件が、
しかも、現住居よりも
もっと良い条件で出たコト。
しかも、新しい部屋のことを考えると、
妙にワクワクして楽しい気持ちになるコト。

なにか、今のこの慢性的に不愉快な毎日を送っている、
自分の感じ方というか、
人生の向き合い方が、
間違っているんじゃないかと、ちょっと思いました。

本当は、いつも気持ち良く、
楽しく、笑顔で生きていたい。
でも、今自分が不愉快なのは、大家さんのせいなのか??
もし。もしかして、大家さんのお金がない事情が本当だとして、
相当に無理をさせて満額支払ってもらったトコロで、
私はスッキリとした気分で退去できるだろうか?
後ろめたさは残らないだろうか?
それで気持ちのいい人生を送れるだろうか?

いや、でもやっぱり損はしたくない。
私だって本当の本当にお金がないし、生活に困る。

でも、大家さんの事情が本当だったら・・・。

そんなことを悶々と考えて、ある結論に達しました。

「すべてを手放そう」って。

もう、自分が一番気持ちいいように生きようと決めました。
相手の事情が本当かどうかなんて、私には分かりません。

実は、大家さんが社会通念を知っていて、
お金がないフリをして少ししか払わないのだとしても。
本当にお金がないのだとしても。
福山さんにとっては、どちらでもいいことなんです。
大家さんの良心は、すべて知っていることです。



でも福山さんは、大家さんを信頼することにしました。

そして、手紙を書きました。

大家さんへの感謝の気持ちです。

“こんな素敵なマンションに住むことが出来たのも、
貸してくれた大家さんがいたからです。
大切な結婚資金から、
少しでも私の出費の足しになるようにというお礼の申し出も、
本当にありがたいことです。
そして、ご結婚され新たな人生をスタートさせる大家さんに、
この素敵なマンションに気持ちよく住んでほしいのです。”

こんな内容の手紙でした

福山さんが気づいたのはコレでした。
一番生きたい生き方は、
「自分が楽しくあること」
です。

自分や自分の利益を守ることに固執して、
自分が言いたいことだけを言って、
「納得できない」
なんて不愉快な感情に人生を支配させるのは、
不本意だなって思ったんです。

次のマンションも家賃は変わらないので、
出費といっても一時的なものです。
どれだけお金を手元に残そうとしたところで、
あの世には何ひとつ持っていけません。
そんなことは小さなことだと気づきました。

そして、幸い、引越しにまつわる経費の不足分は、
親から借りることができました。

福山さんにとって、
この一連の出来事は本当に大変でしたし、とても疲れました。
お金の面だけではなく、
心の揺れ動きという面でも、
あっちこっちを行き来して、
醜い自分というものも嫌というほど味わいました。


この福山さんの話から学べることは、

“目の前に起きた出来事や降って沸いた災難を、
自分のネガティブな感情に流されるまま、
そうした感情に支配されて生きる人生を選ぶことも出来るし、
災難や出来事をひとつ高い視点から見て、
それが何を意味するかを考え、相手を受け入れ、自分を受け入れ、
自分が本当に生きたい感情で気持ちよく生きる人生を選ぶことも出来る。”
っていうことです。

福山さんは、
この件を通して、「お金を損した、不当な条件に屈した・・・」
なんて思いにとらわれることなく、
「本当になりたい自分自身」になることが出来た。

そして、
そうなることで、
もっと素晴らしい大事なモノに気づくことが出来ました。

以下、福山さん曰く
==========
結局、私は「とらわれ」を手放したことで、
より豊かな感情に気づくことが出来ました。
本来持っていた思いやりの心を、
現実に実行することができ、言葉にすることができました。

結果的に以前よりも良い環境に移れたし、
楽しみが増えたし、
人との繋がり、絆が深まった・・・。
などなど、ちょっと損して、
実はかけがえのない大きなものを得たのです。
だから本当は、全然「損した」なんて
思ってないんですよ。
私も、
自分から逃げ、やるべきことから逃げ、
何でも人のせいにしていた時は、
人生が全くうまく運びませんでした。
慣れないうちは感情の揺れ動きも激しいですし、
今の私だって、
イライラすることがあります。

でも、イライラや怒りや不安というものは、
何かのサインだと気付いたんです。
それは、人生を選択できるチャンスだと、
私は思っています。

楽しかったり、幸せを実感しているときは、
それだけでもう十分に満足な人生だし、
イライラしたり、不安を感じるときは、
実は人生を良くするチャンス!!

自分とまっすぐに向き合って、
逃げずに自分らしい、
いい一生を送りたいと思っている人にとっては、
きっと、
いいことがたくさん起きるようになっているんじゃないでしょうか、人生って。

いつも、いつでも、
自分のことが大好きで、笑顔でいられたら素敵ですね!!

これまで、
色んな経験をして、泥を吐くような思いをしながら、
一歩一歩成長してこれたと思っています。

私もまだまだ発展途上ですし、
成長の余地がたくさんあると思っています。

私は勝手に、
私に関わってくれる人は、
同じ時代を歩く同志だと思っています。
つらかったり、苦しかったりする時に、
何か少しでも助けになれたらと思っています。
==========

福山さん(仮名)
最幸すぎます!!

また一人、最高の師匠に出逢えた私は
幸せです♪♪




今日も残りの時間
“なりたい自分になる”
チャンスな一日でありますようにっ!!!






by 犬

Posted at 2010年01月20日 15時12分20秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  | 次へ