日本の次世代リーダー養成塾は挑戦したい高校生!!世界を舞台に活躍したい!自分のアイディアで世の中を変えたい!社会に貢献したい!全国の同世代の仲間と語り合いたい!と思う好奇心旺盛なあなたに、他のプログラムにはない様々なエッセンスを凝縮した、短期集中のカリキュラムを用意しています。
メインメニュー
2016年第13回塾の内容

【5日目】

今日は朝から佐賀県立名護屋城博物館へ移動。

到着後、名護屋城博物館学芸課にお勤めの廣瀬雄一先生にご講義頂きました。名護屋城博物館について、アジアの中での日本について理解を深めた後、実際に博物館を見学しました。
午後に行った名護屋城跡の見学では、専用タブレット端末を利用し、再現CGを楽しみながら散策をしました。

 


午前二つ目の講義は、映画プロデューサーであり、株式会社RESPECT代表取締役の李鳳宇先生です。冒頭に、短編映画「Awaiting〜あの人が帰る日〜」を鑑賞し、講義の中でも様々な映画を紹介して頂きました。



午後の講義は、薩摩焼十五代の沈壽官先生です。薩摩焼の歴史、沈先生の生い立ちをお話しされるとともに、塾生たち一人一人が自分の願いや意志を持つことが大切だという熱いメッセージを頂きました。

 

Posted at 2016年07月28日 21時41分26秒

【4日目】

今日から3日間、場所を佐賀に移します。

いつもより早起きをして、グローバルアリーナを出発しました。出発前の片付けが素晴らしかったとお褒めの言葉を頂きました。佐賀での宿泊は佐賀県波戸岬少年自然の家です。

宗像から3時間の移動の後、佐賀に到着すると早速、九州陶磁文化館館長鈴田由紀夫先生、有田焼十四代李参平先生、株式会社百田陶園社長百田憲由先生のご講義とパネルディスカッションです。
今年で創業400年を迎える有田焼。その伝統と革新について、白熱した意見が交わされました。
 


午後は九州陶磁文化館見学と絵付体験です。赤絵師の松尾嘉之先生のご指導のもと、それぞれ思い思いに皿に絵を描いていきます。また、各クラスの代表者7名で大皿への絵付を行いました。

その後は、有田町内の見学です。有田町職員の方々のご案内で、柿右衛門窯、今右衛門窯、源右衛門窯、泉山磁石場、陶山神社など、2時間かけて有田の町を散策しました。熟練した専門陶工たちの作業風景を真剣な眼差しで見学していました。

Posted at 2016年07月27日 22時18分41秒

【3日目】

本日1人目の講師は、中村ブレイス株式会社代表取締役社長中村俊郎先生です。中村社長は、京都とアメリカで義肢づくりの修行を積んだのち、石見銀山のある故郷島根県大森町に戻り、過疎化の進む当地で会社を立ち上げられました。病気の方、事故にあった方に対して出来ることは何か、何か助けられることはないのかを常に考えている先生から発せられる、誠実な言葉の一つ一つに、塾生達は真剣に耳を傾けていました。




午後は、静岡県知事の川勝平太先生の講義からスタートです。演題は「日本国憲法について」。国土について触れられていない現行憲法についての川勝先生のお考えを話してくださいました。世間では憲法改正論議が活発になっていますが、塾生達が自分の国の憲法について主体的に考えるきっかけとなったのではないでしょうか。



最後は株式会社ぐるなび代表取締役会長・創業者の滝久雄先生です。塾生が、課題図書「やらなければならないことは、やりたいことにしよう!」を事前に読んで提出した質問に対し、滝先生が応えていくという形式で講義は進みました。ビジネスについて、教育について、人生について、国際人になるための心構えについてなど、多岐に渡る質問に丁寧に応えて頂きました。

Posted at 2016年07月26日 22時04分03秒

【2日目】

グローバルアリーナで迎える初めての朝。

朝一番は各クラスに分かれ、ホームルームの時間です。
自己紹介、委員会決めを行いました。
集団生活の中で塾生全員が気持ちよく安全に過ごせるよう、割り当てられた委員の仕事を、責任を持って全うし、他の塾生にも行動させるように促します。

本日一つ目の講義は塾長代理である榊原英資先生です。テーマは「幼児化する日本」。
近年減少傾向にある“本当の意味の大人”になるために物事を客観的・多角的に見ることの重要性を語られました。



午後はリーダー塾専務理事・事務局長の加藤暁子先生です。“リーダーとは、人に乞われてなるべきものである。”この2週間、リーダーシップを学ぶため、講義の聴講、アジア・ハイスクール・サミットに臨む姿勢を熱く語られました。
今年のアジア・ハイスクール・サミットでは、教育、医療、産業、情報、食、異文化・外国人、環境の7分野で問題を分析し、どのような変革が必要かを議論し、「ニッポン未来ビジョン」を立案します。



夜は、アジア学生のプレゼンテーションです。
それぞれの国の奨学生が、自国の文化、環境、学校のことなどを紹介してくれました。民族衣装を披露してくれた塾生もいました。意外なことや想像もしていなかったことが紹介され、驚きや歓声で盛り上がりを見せていました。

Posted at 2016年07月25日 20時20分08秒

【1日目】

いよいよ2016年リーダー塾が初日を迎えました!

今年で13回目を迎えるリーダー塾。
アジア奨学生を5カ国(中国、マレーシア、モンゴル、タイ、韓国)17名、熊本被災地特別枠を7名迎えた、合計194名の高校生が、福岡県宗像市に集結します。

正午過ぎから、日本全国、アジア各国から続々と塾生が集まってきました。
新しい環境で過ごす日々に、期待と不安の入り混じった面持ちで受付をしています。

16時からは入塾式。
ご来賓の小川洋 福岡県知事・谷井博美 宗像市長、榊原英資 塾長代理より塾生への激励を頂きました。また、会場であるグローバルアリーナのオーナーであります、株式会社サニックス宗政伸一代表取締役社長にもご列席頂きました。

激励のメッセージを受け、塾生代表の福岡県、愛媛県、中国から来た3名が、それぞれ決意表明をしました。
194名の塾生、一人ひとりが目標を持ってリーダー塾に来ています。それを達成すべく、この2週間切磋琢磨していくことでしょう。


続いて、熊本地震被災地特別枠として参加している7名の塾生が、リーダー塾参加を支援していただいた宗像市・宗像市内の各種団体への感謝のお言葉と、自分が被災した状況やそれを受けて感じたこと・決意したことを発表しました。実体験を伴った被災者の言葉に、他の塾生は静かに聞き入り、重く受け止めていました。



入塾式後は、小川洋先生による2016年リーダー塾初めての講義です。ご自身の経験や福岡県の取り組み、塾生達へ若い頃から心掛けるべきことを3つ「異文化交流をする」「やりたいことを見つけて、長い間見つける」「長く付き合える人と出会い、ネットワークを大切にする」を熱く伝えて頂きました。



今日から熱い2週間が始まります!

Posted at 2016年07月24日 20時30分05秒

2016年リーダー養成塾 報道資料

今年のリーダー養成塾もまもなく始まります。
カリキュラムや特徴など、こちらの報道資料をご覧くださいませ。

Posted at 2016年07月21日 19時28分53秒

2016年第13回リーダー塾 事業概要

今年の夏に開催予定の第13回のリーダー塾の事業概要は、こちらからご覧ください。
開催期間:2016年7月24日(日)〜8月6日(土)
開催場所:グローバルアリーナ(福岡県宗像市)
     佐賀県波戸岬少年自然の家(佐賀県唐津市)※7月27日(水)〜29日(金)の2泊3日のみ

一般枠の応募のための書類は、2月末にホームページにて公開予定です。
参画県推薦枠につきましては、各道県の窓口に問い合わせください。
参画県窓口は、こちらをご覧ください(ページの一番下に記載してあります)。

Posted at 2016年01月27日 11時30分00秒

前へ |  1  2