日本の次世代リーダー養成塾は挑戦したい高校生!!世界を舞台に活躍したい!自分のアイディアで世の中を変えたい!社会に貢献したい!全国の同世代の仲間と語り合いたい!と思う好奇心旺盛なあなたに、他のプログラムにはない様々なエッセンスを凝縮した、短期集中のカリキュラムを用意しています。
メインメニュー
卒塾生の活動

プノンペン市内見学1日目

さあ、始まりました。2月10日!プノンペンに移動してからの初日です!

このカンボジアツアーは2月3日から9日までがシェムリアップ、プンスナイにて発掘、アンコール遺跡探検などとなっています。それ以降はタイ・バンコク組とカンボジア・プノンペン組に分かれてのオプションが選択制になっているんですね。ただ今この文章を書いている者(私!)はプノンペンに滞在しています。

本日のコースは、王宮⇒国立博物館⇒昼食⇒キリングフィールド⇒トゥールスレンでした。

以下ハイライトです。
王宮は、1866年に首都がプノンペンに遷都されたときに当時の国王が宮殿を建造したことに始まります。現在では国王と王妃の公務と居住の場となっているため、中にある建物は、特別な式典のとき以外は解放されないとのことでした。広い敷地の中に「即位殿」があります。尖塔と黄色い屋根が印象的なこのホールでは、きらびやかな装飾と絨毯が待っていました。


国立博物館では、カンボジアの重要文化財の展示がされていました。西バライで見つかったヴィシュヌ神の胸像や、プンスナイで発掘された人骨など。自分が掘ったもの(2月3日、4日の日記を参照)と同じものが置いてあるというのは興奮ものでした。


国立博物館入口のガルーダの像の前で。

キリングフィールドやトゥールスレン博物館では、ポルポト時代の虐殺の歴史を見てきました。トゥールスレン博物館は、かつての刑務所であり収容所でした。当局が連行してきた人々を収容し、拷問を繰り返し、自白をさせる場所でした。手をつながれたままベッドにつながれ鞭で打たれたり、高いところから宙釣りにされたり、水釜に頭から入れられたりなど、アウシュビッツとは異なる地獄絵図がありました。生き残った者はキリングフィールドに連れて行かれ、銃で撃たれたり、埋められたりして殺害されていったそうです。首の無い遺体ばかりが埋められていた穴、子供と女性のみが出てくる穴がありました。子供を壁に打ち付けて殺害していたという木も残っていました。当時の状況を想像しようとすると、凄惨そのものであったろうと思います。

 
キリングフィールドから発見された遺骨が納められている仏塔。
カンボジアの人はとても信仰深い仏教徒で、特に死者に対しては、無事に成仏できるようにといたるところに無縁仏の仏塔などが建てられています。


信じられない、同じ人間同士がこのような所業を出来るのだろうかと、目を疑いたくなりました。しかし、目の前にある証拠は揺るぎなく、彼らの痛みを伝えてきます。一枚一枚の写真が強烈に何かを訴えてきます。

私達人間はこの地獄を作り出した存在です。いつか近い将来、権威と権力はまた同じ過ちを繰り返すかもしれません。「私」がそれに近い場所にいるかもしれない。違うとは言い切れません。

人間は、それと同時に、手を合わせて祈ることが出来る存在です。自分たちの狂気に目を向けながら、よりよい社会を作ることを追い求めていかなければならない。そう感じました。

さて、カンボジアツアーも残すところはあと2日。次はどんなものが待ち受けているのでしょう!楽しみです!

Posted at 2010年02月10日 23時27分00秒

クメール伝統織物研究所「伝統の森」訪問

今日も朝7時にロビーに集合し朝食を取りに出かけた後、1時間ほど舗装されていないでこぼこ道を走り、クメール伝統織物研究所へと向かいました。
クメール伝統織物研究所とは、京都の手描き友禅職人だった森本喜久男さんがカンボジアの織物の美しさに魅入られて、ポルポト政権下で消えつつあった織物の伝統技術を復活させるために立ち上げた研究所です。

村に到着してすぐに森本さんのお話を伺ったのですが、屈託のない笑顔でカンボジアの織物について語る姿は少年のように楽しそうで、時間を忘れて引き込まれてしまいました。
クメール伝統織物研究所が本格的な活動を開始してから10年以上が経過した現在は、約300人の女性たちが働き、一つの村を形成しながら生活していますが、その道のりは平坦でなかったともおっしゃっていました。創設時には、多くの村々を回り昔から伝わるクメール織物の伝統的な技術をおぼえているおばあさんたちを探しながら、協力をお願いして回ったと言います。また、本当にいいものを村の中のひとが村の中のもので作り続けることにこだわった結果、畑の開墾や生活インフラの整備など乗り越えねばならない壁が多かったのです。しかし、それらを乗り越えてきた結果、伝統的な技術の復活にも成功し、森本さん曰くその伝統を超える作品をも生み出せるようになってきたといいます。それを示すように、彼らの作品は世界的にも高い評価を受け、博物館にもコレクションとして収蔵されるまでになっています。




クメール伝統織物研究所のポリシー
「道具を大切にせずして、いい仕事はできず。
 森を大切にせずして、生命を大切にすることはできず。」





この工房では、赤ちゃん連れのお母さんがたくさん働いています。
これは、安心して仕事ができるようにという森本さんの数ある配慮の一つです。
良いものを作るには、技術よりも何よりも「こころ」が大事であるとおっしゃっていました。
その時々の職人さんの心は、作品に如実に表れてくるそうです。


そんな彼らの仕事と生活の場を実際に見せていただいたのですが、とても10年ちょっとでゼロから作り上げたとは思えないことの連続でした。荒野から始まったとは思えないような周辺の豊かな緑や、村の畑で染料のもととなる植物を育て収穫し使用するという“地産地消”型サイクル、また村としての機能を充足させるための自家発電装置や学校の設置など社会システムがしっかりと構築されていたのが印象に残っています。




クメールシルクの繭。日本の繭の3分の1の大きさで、黄色い色をしていて、とても強く、この繭で作られた絹織物は水洗いできるのが特徴です。女性の髪の毛と同じでシャンプーで洗うのがいいそうです。

村の中を一通り見学させていただいたあとは、唯一この村で生産されたものを販売しているショップや森本さんが蒐集された貴重な布を見せていただき、楽しい時間を過ごしました。また、我々と一緒に研究所を訪問した宮塚先生も遺跡の発掘に関連した興味深いお話が聞けた様子でした。

森本さんは、「自分は結局は外国人。カンボジアの人たちが自分たちで自立できる支援をすることが私の役割です。」とおっしゃっていました。何もないところから、カンボジアの奥地で世界トップクラスの絹織物を作れるまでに成長し、世界中からこの「伝統の森」にお客様がいらっしゃるようになるまで、現地の皆さんを導いた森本さん。これからまた新たな目標に向かって準備を進めていらっしゃるそうです。心がとても熱くなる訪問でした。

そして午後からはオプショナルのコースごとにバンコクコースとプノンペンコースに分かれてそれぞれの目的地へと向かいました。
私が参加しているプノンペンコースは、1時間弱のフライトを経て夕方にプノンペンに入りました。さすが首都というべきかシェムリアップと比べて車も原付も圧倒的に数が多く、街の明かりの数や雰囲気もだいぶ異なっていて、全く別の国に来てしまったのではないかと思うほどでした。
プノンペンでの実質的な活動開始は明日から。どんな経験が待っているのか楽しみです。

1期生 島

Posted at 2010年02月09日 23時37分05秒

カンボジア・アンコール遺跡観光2日目

カンボジア遺跡発掘ツアー最終日。朝食を余すことなく盛大にかきこみ午前中の充電を済ませた私達はボートによるトンレサップ湖探求に向いました。
現在、カンボジアは乾季にあたるため水位が雨季の満長時に比べて5m以上も下がっています。激しい水位変化から生まれるカンボジアの風習は日本のそれとはとてもかけ離れていました。例えば、モーターボードによる家屋の移住、水上マーケット、そして再葬の存在などを知ることができました。日本とかけ離れた生活様式に驚くのと同時に、自身の世界観の狭さを痛感し反省する時でもありました。本や映像で知ったつもりでいたことに恥ずかしく思うのと同時に、実戦的な経験こそが自分の物事理解にもっとも役立つことを学ぶことができました。




日差しも大分強くなり始めた11時過ぎ、トンレサップ湖より12m高い標高に位置する西バライに進路を定め移動を再開しました。
西バライには1000年前に造られた8×2.2劼竜霏腓蔽水池があります。水位が長期間に渡って下がることを見越して造られたこの巨大施設は現在でも住民の生活に貢献している偉大な建造物の一つです。
「どうして水位が下がることを当時の人々は予想できたのか?」
これは宮塚先生からの問題その1です。このブログを読んでいる皆様も是非考えてみてください。


その後、シルクファームで絹の生産過程を学び、お昼を食べました。


余談かつ自慢ですが、ブルーパンプキン社のアイスクリームは非常にとても大変すこぶるおいしいです。もし、ブルーパンプキン社の関係者の方がこのブログをご覧になっておいででしたら、是非日本進出に向けてご検討して頂けると非常に嬉しい次第であります。

ごはんという幸せな一時を過ごした後、東バライへと向かいました。
東バライは西バライに比べて古く、そして繁栄期間が短かったという特色があります。一見、堀を何度も作って、洪水と田んぼの水を調整している点は治水技術として他遺跡と同等の質を保っているように見えるものの、堀の高さが左右で違う、総じて計画性がないなど幾つか欠陥が見受けられました。中でも、治水計画を取り仕切るのはその時代の王様の役目なのですが、水位変化の予想に失敗した代償として1年足らずでその座から降ろされた王様がいました。私達が日常生活で景気の先行きを心配するのと同じように、彼らは治水政策に注目していたのだと思います。いかに水が大切な存在だったのかを考えることができるお話でした。
東バライの遺跡群の一つであるニャックポーンには「東に人、西に馬、南にシンハー、北に象」の顔を向けている像の遺跡があります。
さて、ここで宮塚先生からの問題その2です。
「上記の像の位置づけが意味するものは何でしょうか。」
私達は夕食時に宮塚先生から先生ご自身の見解を教えて頂きましたが、ここではあえて書かないことにします。決していじわるはしていないのでご了承ください。

ニャック・ポワンの遺跡。この遺跡のレプリカがシェムリアップ空港のエントランスを飾っています。




最終日の夕食。明日帰国する私にとってこれが最後の晩餐でしたので後悔のないよう気合いを入れて挑んだつもりでしたが、みんなは私以上にごはんを平らげるので、私もまだまだだなーと思いました。
食後に宮塚先生と最後まで私達をサポートしてくれたカンボジア人のラネットに感謝を込めてメッセージを書き込んだTシャツを送りました。感謝の気持ちからこぼれるみんなの笑顔が最終日の一本締めでした。


 

私はPS10に携われたことを非常に誇りに思います。そして、この経験を通すことで生まれた自信と発見は生涯を通して活かされてくると確信しています。
確信を現実に変えるために、帰国後は怒涛の6日間を精神の礎として私がするべきことをしていきたいと思います。


安田先生は「プンスナイ遺跡」の報告書をクメール語と英語で発表されました。
現地の言葉で発表することで、現地の人により自国の歴史を理解してほしいという願いが込められているそうです。


最後に、この遺跡を発見して私達に貴重なチャンスを与えて下さった安田先生、6日間も私達につきっきりでご指導をしてくださった宮塚先生に塾生を代表して心より感謝致します。本当にありがとうございました。今後も生涯現役の先生方のご健闘とご活躍をお祈り致します。

2期生 戸島

Posted at 2010年02月08日 23時47分13秒

カンボジア・アンコール遺跡見学1日目

カンボジア滞在5日目!こちらに来て曜日の感覚がなくなってしまい、何曜日なのかがわかっていません。本日は、宮塚先生のご案内で、アンコール・ワットなどの遺跡群見学をしました。バスで各遺跡を巡り、色々なところを歩きました。大きく真っ黒な象が優雅に歩いている姿も見かけました。

貯水池として利用されていた「東バライ」は、対岸が見えない程大きかったです。その周辺には緑が茂り、その他の砂埃の多いエリアとは一線を画していると感じました。

タ・プローム遺跡では、菩提樹が遺跡に巻きついておりとても神秘的でした。


バイヨンのイケメン仏像は、私の好みではなかったのですが目鼻立ちがはっきりしており、常に観光客に囲まれる人気者でした。王宮の遺跡の頂上から見下ろす風景はとても美しかったです。




世界遺産アンコール・ワット。
青空下にポストカードで目にする風景が一面に広がっていました。数年前まで触り放題だった「壁画」の1メートル程前に、立ち入り禁止の柵が設けられていました。それまでに、人の手によって触られてきた壁画部分は黒くテカテカと光っていました。様々な言語の観光ガイドと観光客で埋め尽くされていました。
特に「天国と地獄」を壁を上中下の三つに区切り表現してある壁画が印象的でした。悪いことをしたら、現世から地獄の部分に落とされ、針が体中に刺さっている人が描かれていました。江戸時代の日本人が残した落書きを見たりして、遺跡観光を楽しみました。






アンコール・ワットの参道に、フランスと日本が修復を行った道があります。左右で見比べることができ、修復方法の違いを実感します。遺跡の修復に関して価値観の違いだと思いますが、各国の修復コンセプトを何かしらの機関を中枢に定めるべきではないかと思いました。また、同時に形ある物を無理やり残そうとせず、危険を避けるために壊すという選択肢もあるのだということを知りました。

遺跡観光後は、プノン・バケンという遺跡に登り、夕日が沈むところをみたり、ナイトマーケットで買い物をしたりしました。遺跡の足元は不安定であったり、とても急な階段であったりし、日ごろの運動不足の体にはきつかったです。一日歩き回ったので、今日も良く眠れそうです。

プノン・バケンからの夕日。観光客で埋め尽くされていました。


4期生 若井

Posted at 2010年02月07日 23時32分52秒

カンボジア発掘3日目

 3日目の今日は5時半起床、6時に集合、そしてまだ暗闇に包まれた街を歩いて朝食会場へ。ベトナム麺入りフォーとフランスパン、フランスパンと胡麻風味の揚げパンを甘〜いコーヒーと一緒に頂きました。そしてバスで揺られて約1時間でプンスナイに到着し、発掘作業が早くに終わったため、午前中は発掘された陶器の土を取り出し、その土の中から米粒や歯の欠片、ビーズなどの細かなものを取り出す作業をしました。土器を割らないように土を慎重に取り除こうと、また、細かいけれど分析に大変重要な粒を見逃さないようにと、みんな奮闘していました。しかし、中にはとても薄い土器もあり、どうしても割れてしまうこともありました。菩提樹の下で作業をしていたので、とても涼しくて気持ちが良かったです。釈迦が悟りを啓けたのも納得できる気がしました。


 お昼にはその仕事を切り上げ、片づけをして昼食をとりました。今日はインゲンと肉の炒め物と、キノコのスープでした。どちらも味付けが良く大変おいしく頂けました。その後はもう恒例となったお昼寝タイムです。2日間お昼寝をしなかった私も今日は熟睡してしまいました。


午後は宮塚先生のご厚意でプンスナイを一周しながら解説して頂きました。土地の傾斜を利用し、橋を境にすることで水を調整していて、その調整は和尚さんが行っているので近くにはお寺があるのだそうです。また、カンボジアの歴代の王の中に1年で辞めてしまった方がいるそうですが、それは水の調整に失敗したからであろうとのお話もありました。それほどカンボジアの人にとっては水の調整が大事だということがわかりました。


 他には、宮塚さんのプンスナイ遺跡発掘調査資料に記載されていた写真を現地で確認しながら、どのように作業を行っていたのかを伺うことができました。発掘や盗掘で掘り出され、そのまま放置されていた人骨は、日本からの資金提供、そして現地の人々の力によってパゴタという建物に埋葬されたというストーリーもありました。日本人はカンボジア人と同じアジア人という意識があり、彼らを同じ人間としてリスペクトしているという点が、リー塾での講義と重なるところがあり、考えどころでした。

地元の方が建てられたバゴタ


日本の資金援助で現場の作業員の方が建てたパゴタ

 そして再び休憩場に戻り、30分ほど遅れで作業員の皆さんとの打ち上げが始まりました。カンボジアの方は私たちと違う時間の感覚を持っているようです。クメール麺をはじめとした現地のお料理を頂くと同時に日本から持ってきたお菓子を楽しみました。



日本から持ってきたジャージ贈呈に、現地の方々はとても喜んでいて、ジャージを集めた自分としては個人的にとても嬉しかったです。そしていつの間にか男女で分かれ、飲み終わったビールやジュースの缶を積み重ねて競い合うゲームで盛り上がりました。2日前に会ったばかりとは思えないくらいで、別れる時は「I will miss you!」と言うほどでした。カンボジア人は子供だけでなく大人も無邪気に笑って優しく接してくれるので、心が温かくなり、また、パワーをもらうことができました。打ち上げでお腹いっぱいになった私たちは夕食抜きでマーケットでお買いものを楽しみました。人々との交流が心を明るくし、次へのパワーをもらうことができるなぁとしみじみ感じた日でした


Posted at 2010年02月06日 23時41分31秒

カンボジア発掘2日目

今日は朝から発掘作業をしました。この現場の発掘もほぼ完了に近いということで、感謝の気持ちを表すお供え物と線香を供えました。


昨日に引き続き土器や人骨の写真撮影・測量をして、取り上げました。土と遺物との区別するのが難しく、とても緊張しながら掘り出していました。宮塚先生から「この骨がどんなふうに埋められたか考えて」という課題を出され、考えながら作業をしました。昨日より作業時間が長かったので暑くて大変でしたが、その分たくさんの作業ができ、また現地のたちとも交流できてとても充実していました。3日かかる予定だった作業を2日で終えることができ、宮塚先生に褒めていただいて嬉しかったです。
また、先生にこれからの進路について助言をいただきました。もっと長い目で見て、また世界にも目を向けて、自分の将来を考えていこうと思いました。




夕食はクメール鍋というものを食べました。皆はりきって食べていました。牛肉や湯葉、卵、不思議なキノコなどが入っている鍋で、とても美味しかったです。店にはハンモックもあり、ゆったりと過ごすことができました。

夕食後は、宮塚先生から出された課題について、皆で考えました。他の人の意見も聞き、いろいろと勉強になりました。その後、お菓子パーティーも開催され、明日からも頑張ろうと思いました。


6期生 伊藤

Posted at 2010年02月05日 22時44分49秒

カンボジア発掘1日目

本日最初のイベントはアンコールワットの朝焼け見学でした。AM5:00前に起床し、まだ暗い中、皆眠い目を擦りながら遺跡の参道に向かいました。オレンジ色の朝焼けに、少しずつ輪郭が明確になっていく遺跡の姿は幻想的で、思わず息をのみました。太陽が雲の中に隠れ、皆が帰り始めた時、山折先生が「なぜみんな帰るんだ。これから良い所なのに」と仰ると、たちまち太陽が雲から現れ、鮮やかな日の出が登場したところが印象的でした。




 朝食後、早速プンスナイ遺跡に向かいました。宮塚先生の指導の下、3つのグループに分かれ、それぞれ人骨や土器・陶器を掘り出しました。各グループには現地の作業員の方が付き、指導に当たって下さいました。猛暑の中、長袖で(蚊対策のため)汗をポタポタとたらしながら、竹べらやブラシなどを駆使して粘り強く作業をしました。 
「この人骨が歴史を覆す重要な史料になるかもしれない」と思うと、作業の手が慎重にならざるを得ず、一つの骨を掘り出すのに何時間もかかってしまいました。しかし、人生にまたとない貴重な経験に胸躍り、興奮しました。作業の休憩中、宮塚先生に、測量や考古学に対する思いや、人生の在り方について熱く語っていただき、「先生方と進む道は違えど、僕も後悔の無いよう精一杯仕事に励み、常にチャレンジする姿勢を心がけよう」と固く心に誓いました。


また、お昼休み後の休憩時間には一部のメンバーと現地の結婚式を見に行ったり、ココナッツジュースを飲んだりしてカンボジア土着の文化に触れました。


夜は食べきれない程のビュッフェ料理を頬張りながら、カンボジアの伝統的な「アプサラダンス」を見学しました。アプサラは「天女」を指すそうで、皆とても美しい人ばかりでしたご飯でお腹いっぱいになった後はトゥクトゥクに乗って市内のマーケットに繰り出しました。シェムリアップ二日目でありながら、皆(特に女性)、たくさんお土産を購入し、満足げでした。総じて、大充実、大満足の一日でした。

Posted at 2010年02月04日 22時37分34秒

カンボジア発掘スタディーツアー 参加者無事到着

リーダー塾の卒塾生対象の企画の一つに海外でのスタディーツアーがあります。
今年は、カンボジアの「プンスナイ遺跡」発掘を中心に、アンコール遺跡などを見学するツアーです。
現地集合でしたが、本日塾生9名全員が無事到着しました。
到着後、遺跡の現場監督の方に、今までの発見やそこからわかったさまざまな事実に関して、レクチャーを受けました。
明日は、朝5時に出発して、アンコールワットの朝焼けを見学し、その後、待ちに待った発掘現場で作業を行います。プンスナイ遺跡や発掘の様子は、引き続きブログで紹介していきます。


日本からの長旅後も元気いっぱいの9人

Posted at 2010年02月03日 21時50分58秒

【卒塾生の活動】小中学生の職場体験報告会をお手伝い

福岡在住で今年リーダー塾に参加した6期卒塾生8名と3期生1名が、「FUKUOKAみらいフェスタ」の小中学生の職場体験報告のお手伝いをしました。このプロジェクトは、福岡県内の小中学生が夏休み期間中に、父親・母親の職場を訪問し、その仕事を体験するという内容です。約70名の小中学生が、職場体験をしました。



本日はそのうち15名が、体験した内容や感想について発表しました。この報告会の前に、9月26日に準備会を行い、そこでも13名の卒塾生が発表準備のお手伝いをしました。そこで、卒塾生が小学生の発表内容をパワーポイントにまとめ、本番の報告会でも心強いサポーターとして司会をしたり、小中学生の発表を円滑に進めるために活躍しました。


職場体験をした小中学生は、お父さん・お母さんの仕事の大変さを体感し、尊敬の念を抱くとともに、感謝の意を表明し、将来はお父さんやお母さんのようになりたいと熱く語っていました。発表の中に、子供たちからお父さん・お母さんへのインタビューもありましたが、「将来社長になりたいですか?」や「会社の食堂で一番好きなメニューはなんですか?」などユニークな質問が飛び交っていました。



また、最後にアンジェラ・アキさんの「手紙〜拝啓十五の君へ〜」を全員で合唱し、その際ピアノ伴奏を、6期のリーダー塾でも素晴らしいピアノ演奏をしてくれた男子塾生が生演奏しました。また、リードボーカルも、何度もこの歌を塾期間中に歌った6期生の皆さんが担当しました。





お手伝いしてくれた皆さん、お疲れ様でした。

Posted at 2009年10月17日 23時19分29秒

6期生が小・中学生の職場体験のお手伝い

今年の夏休み、熱い思いをしたのはリーダー塾生だけではありません。
JR九州など福岡の企業が立ち上がって、親子の関係をもっと緊密にする試みが始まりました。
FUKUOKAみらいフェスタ2009」。
約70人の小中学生が父親や母親の職場を訪ねて、1日職場体験をしました。
家では、テレビ見ながらごろ寝をしているお父さんが、シャキッとしてバリバリ部下に指示している姿は新鮮でした。
その職場体験の報告会が10月17日、福岡市のソラリア西鉄ホテルで開かれますが、それを前に、9月26日に職場体験の振り返りをしました。
小中学生とマンツーマンで職場体験で何を学んだのかを優しく教える役が、リーダー塾6回目の卒塾生たち。1日をかけて、来月の報告会に向けて、どう企業の皆さんやご両親たちに発表するのかを話し合いました。
当日は、卒塾生がつくったパワーポイントをもとに小中学生たちが発表します。




Posted at 2009年09月26日 22時52分37秒

前へ |  1  2  3  | 次へ