日本の次世代リーダー養成塾は挑戦したい高校生!!世界を舞台に活躍したい!自分のアイディアで世の中を変えたい!社会に貢献したい!全国の同世代の仲間と語り合いたい!と思う好奇心旺盛なあなたに、他のプログラムにはない様々なエッセンスを凝縮した、短期集中のカリキュラムを用意しています。
メインメニュー
2014-07

【7日目】嵐の中日(な...

2014年7月31日

台風情報が気になる中、リーダー塾は折り返しの7日目を迎えました。

まずは本日の講義。最初の講義は、日本総合研究所国際戦略研究所理事長の田中均先生。外交に絡めて、アジアの共同体実現に向けての話をしていただきました。その過程で、「あらゆる可能性を模索する」ことが重要だと塾生に語ってくださいました。


2つ目の講義は、東西大学校総長の張済国先生。グローバルリーダーになるために必要な条件を講義してくださいました。講義後、張先生は各クラスのディスカッションに参加しました。塾生は、講義中には質問が出来なかったことや、ディスカッションを通して生まれた新たな疑問を先生にぶつけていました。


午後からは後半のクラス担任が着任。塾生達は送別と歓迎の意を込めて、『花は咲く』を合唱しました。前半のクラス担任との別れを惜しみつつ、新しいクラス担任に興味津々の様子でした。


夜はアジア・ハイスクール・サミット。「アジアを理解するためのスタディツアー」のプレゼン大会が行われました。各クラスのプレゼンを受け、後半クラス担任の講評が行われました。講評では、「誰をターゲットとしているのか」や「ツアーの目的はどこに置いているのか」、「ツアー会社が思いつきそうで、高校生らしい柔軟さ・奇抜さがない」など切れ味抜群の刃が塾生達を襲いました。

担任の交代、アジア・ハイスクール・サミットでの鋭い突っ込みなど、嵐が吹いた1日でした。ただ、嵐の時こそ成長のチャンス。今日をきっかけに、塾生達のさらなる成長に期待しましょう!!

Posted at 2014年07月31日 23時45分32秒

日常風景

今回は、佐賀での生活風景をお送りします。

食事は、バイキング形式。普段のディスカッションでは出来ないようなフランクな会話で盛り上がります。


空いた時間は、レクリエーションやディスカッションの続きを至るところで行っています。


なかには、海を眺めながら感傷に浸る塾生もいました。


そして、夕食を食べた後は、入浴を済ませ、夜の点呼の後に就寝します。

就寝で使っている部屋(男)です。とても、男らしい部屋の使い方です。

「自分で掃除や洗濯をしなければならないので、自分が日頃、どれだけのことをやってもらえているのか実感できる」とのことです。合宿形式をとることで、日常生活に溢れる感謝の気持ちを実感することが出来ているようです。

塾生の奮闘は、まだまだ続きます!

Posted at 2014年07月30日 23時46分38秒

【6日目】さらば、佐賀

2014年7月30日

佐賀での日々も、早くも最終日。
本日の講義は、佐賀県知事の古川康先生。次世代リーダー養成塾史上初のテレビ電話による米カリフォルニア州からの中継講義でした。古川先生は、「失敗は経験」であり、「同じ失敗をしないようにしていれば成功でき,これをなした人が成功者になる」と、塾生に失敗を恐れないことの大切さを伝えました。


古川先生の講義後は、退所式、昼食をとった後、福岡県宗像市グローバルアリーナへの岐路に着きました。3日間、講義やディスカッション漬けのプログラムにもかかわらず、バス車内ではカラオケやゲームに興じていました。まだまだ、元気いっぱいの塾生達です。そして、名残惜しさも残しながら、グローバルアリーナに帰還しました。

グローバルアリーナに到着後、さっそくアジア・ハイスクール・サミットに取りかかりました。明日はいよいよ発表、各クラス必死に取り組んでいます。


さて、明日はクラス担任の交代日。前半のクラス担任の先生方とはお別れです。
別れの前夜、先生への感謝を述べるクラスもありました。



普段あまり接することがない社会人の方とふれあうことで、高校生の塾生にとっては将来に具体的な「しるべ」を立てるきっかけになったはずです。前半の先生方、あと半日、よろしくお願いいたします。

Posted at 2014年07月30日 23時45分11秒

【5日目】感ぜよ、天...

2014年7月29日

本日のリーダー塾も佐賀県で行われています。

塾生は、午前から佐賀県立名護屋城博物館に足を運びました。

名護屋城博物館のホールで、『パッチギ』や『フラガール』をプロデュースした株式会社RESPECT代表取締役の李鳳宇先生の講義が行われました。講義前に、李先生プロデュースの最新作、『イン・ザ・ヒーロー』を視聴しました。視聴後の講義で、李先生は、映画の内容と絡めながら「エンターテイメント」とは何なのか、世界の中での日本のイメージを世界的にヒットした日本映画からどのような考察ができるのか、をお話になった。塾生からの質問では講義内容に関する質問から、映画を仕事にすること自体に関する質問まで及んだ。塾生が明確に目的をもってリーダー塾に臨んでいることが垣間見られました。


さて、名護屋城といえば、天下人豊臣秀吉が大陸進出の足掛かりとするために築いた城郭。日本とアジアの交流の歴史ができた現場です。まず、名護屋城博物館に勤務する廣瀬雄一さんから日本と朝鮮半島の交流史を、国際交流員として韓国から赴任している李敬賢さんから日本と韓国の文化の違いと近似点のお話を聞きました。


その後、希望者で名護屋城本丸跡まで足を運びました。真夏にもかかわらず、半数以上の塾生が本丸跡を目指しました。若いとは、すばらしい!!

本丸跡からは、周囲を一望でき、遠くには対馬半島、さらに海の先にはアジア大陸が広がることをイメージできました。豊臣秀吉が感じたであろう玄海灘からの潮風を塾生たちも肌で感じながら、遠くまで広がる世界を想像したでしょう。



名護屋城博物館から帰ってきたのちは、アジア・ハイスクール・サミット。ついに、課題が発表され、ゴール地点が見えた塾生たちの議論はさらに熱を帯びています。議論の内容のみならず、どのようにしたらより上手いディスカッションができるようになるのかを考える塾生も日に日に増えています。


明日は佐賀最終日、どのような出会いが待っているのでしょうか?

Posted at 2014年07月29日 23時44分07秒

【4日目】いざ佐賀!

2014年07月28日

本日から3日間、場所を佐賀県波戸岬自然の家に移動してリーダー塾が開催されます。いつもより早起きし、福岡県宗像市のグローバルアリーナを出発しました。出発前の清掃では、きれいに出来ていると施設の方からお褒めの言葉をいただきました。11期、すばらしい!

3時間程の移動の後、自然の家に到着。昼食をとり、さっそくアジア・ハイスクール・サミットが開かれました。本日のサミットは、アジア各国の自国紹介。「モンゴルでゲルに住んでいる人は人口の20%ほど」など、驚きの事実に満ちあふれていました。その後、夕食を挟んで福岡県と岩手県も発表を行いました。




全ての発表が終わった後は、各国・各県の発表をふまえて、クラスごとにディスカッションをしました。段々と発言に勢いがついていきて、白熱するクラスも増えてきました。



ハイスクールサミットの後は、薩摩焼十五代沈壽官先生の講義が行われました。陶芸から鑑みる日本社会の特徴や、現代だからこそ、ブランドとしてローカルとアナログが注目されることを説きました。また、自身が陶芸の道に進まれた経緯から、「表現」することは内面に表れる表明したい「意思(will)」と、言いたいことを可視化する「能力(skill)」の2つの要素が必要であり、高校生はまず、「意思」を磨け、とエールを送りました。



明日もリーダー塾は佐賀から、お届けします。

Posted at 2014年07月28日 23時43分36秒

【3日目】初めての

2014年7月27日(日)

 1人目の講師は、国境なき医師団日本会長の黒伸子先生。紛争地帯へ行って活躍されたお話や、身近に医療機関がない地域で出会った患者さんについてなど、なかなかお伺いできない貴重なお話をうかがえました。リーダー塾には医師を目指す生徒もたくさんおり、講義後の質問コーナーではたくさんの手が挙がりました。


 2人目の講師は、元国連事務次長の明石康先生。なんと全て英語で講義されました。必死にくらいつく塾生の姿が印象的でした。講義後の質問で、塾生から国連組織の在り方や、クリミア情勢、集団的自衛権に関する質問もあがっていました。身近ではない国際情勢にも、塾生達が関心を持っていることがうかがえました。




 3人目の講師は、株式会社ぐるなび代表取締役会長の滝久雄先生。未来を構想できない過去からの推論で物事を考える(帰納)のではなく、前提を置いて物事を考察(演繹)することで未来を構想する力を養うことの大切さをお話しされました。質問では、日常生活でリーダーシップをとることに苦労している塾生の悩みにも、真摯に答えてくださりました。



講義の後は、初めてのディスカッションを行いました。3名の先生の講義を受けて、共感したことや疑問を持ったことを、クラスの仲間と話し合いました。上手く議論が進んだクラスもあれば、進行に納得ができなかったクラスもあり、これからの成長に期待です。


本日は、ディスカッションに加え、アジア・ハイスクール・サミットも、開催しました。

ディスカッションに、ハイスクールサミットと、塾生にとって「初めて」が目白押しの3日目でした。

Posted at 2014年07月27日 23時43分09秒

【2日目】高まる向上...

2014年7月26日(土)

入塾式から一夜明けました。塾生には、ぎこちなさが未だに残る2日目です。

塾生の朝は、クラスごとに担任の先生を囲んでの点呼から始まります。リーダー塾では、普段は会社で働く社会人の方に、クラス担任をお願いしています。本日は担任の先生方が「キャリア教育」を開き、塾生が将来ビジョンを作るきっかけをつくりました。先生方の活躍は、また後日。

2日目の講義には、日本の次世代リーダー養成塾理事・事務局長の加藤暁子先生が「ノブレス・オブリージュになれるか」という演題で登壇されました。
 加藤氏の人生を「夢」をテーマに振り返ることで、人生には予定しないことが起きることを念頭に置き、柔軟に対応するために必要なこと、塾生がこの2週間でやるべきことを伝えました。塾生達は緊張感を持ちながらも、笑いが絶えず、素晴らしい空間を創り出していました。

 日中の講義に加えて、2日目にはチームビルディングを行いました。クラスの親睦を深めるために、2つのミッションを行いました。

1つ目の「山手線ゲーム」ミッションでは、クラス全員のニックネームを覚えました。塾生だけではなく、クラス担任の先生方も必死に覚えていました。

2つ目の「人間知恵の輪」ミッションでは、バラバラにつないだ手を離すことなく、一つの輪をつくるミッション。覚えたばかりのニックネームを呼び合いながら、試行錯誤を繰り広げました。


塾生の向上心が高まりながらも、親睦が深まる今日この頃です。

Posted at 2014年07月26日 23時42分44秒

【1日目】11回目の入...

2014年7月25日(金)

今年も、福岡県宗像市のグローバルアリーナに、23都道府県と3ヶ国から日本人、6つの国と地域から留学生、187名が次世代のリーダーになるべく集いました!!



入塾式では、塾生を代表して福岡県・岩手県・モンゴルから参加した塾生が挨拶をしました。



入塾式の後はさっそく第1回目の講義がスタート。
福岡県知事の小川洋先生が、「アジアとともに発展する福岡県」の演題で講義されました。
アジアの中で福岡県が担う役割から、グローバル化が進む現代でリーダーとなるために「多様性を認め合い尊重すること」と「伝えるために言葉を学ぶこと」が必要な力だと塾生達に熱く伝えました。


”熱い”2週間が始まります!!

Posted at 2014年07月25日 23時41分34秒