日本の次世代リーダー養成塾は挑戦したい高校生!!世界を舞台に活躍したい!自分のアイディアで世の中を変えたい!社会に貢献したい!全国の同世代の仲間と語り合いたい!と思う好奇心旺盛なあなたに、他のプログラムにはない様々なエッセンスを凝縮した、短期集中のカリキュラムを用意しています。
メインメニュー
2009-10

神奈川県枠報告会

今年リーダー塾に参加した神奈川県枠の塾生が、保護者、学校や神奈川県の関係者の皆様に学んできたことを報告しました。この報告会のために、二回みんなで集まったそうです。

報告会では、リーダー塾での生活やカリキュラム、そして今年初の試みであった「ハイスクール国会」のことなどについて発表しました。
「学んだことを、今後の人生で活かしていきます」と宣言した神奈川県枠の塾生たちは、卒塾式より一番とたくましく見えました。






模造紙でリーダー塾紹介のパネルも作成しました。


報告会には神奈川県枠で過去に参加した先輩たちも駆けつけました。


報告会終了後は、聴講者も交えて、「地域で自分たちがやりたいこと」についてディスカッションしました。ディスカッションでは、学生のやりたいことに大人の参加者が熱心にアドバイスをしていました。

Posted at 2009年10月25日 20時43分31秒

【卒塾生の活動】小中...

福岡在住で今年リーダー塾に参加した6期卒塾生8名と3期生1名が、「FUKUOKAみらいフェスタ」の小中学生の職場体験報告のお手伝いをしました。このプロジェクトは、福岡県内の小中学生が夏休み期間中に、父親・母親の職場を訪問し、その仕事を体験するという内容です。約70名の小中学生が、職場体験をしました。



本日はそのうち15名が、体験した内容や感想について発表しました。この報告会の前に、9月26日に準備会を行い、そこでも13名の卒塾生が発表準備のお手伝いをしました。そこで、卒塾生が小学生の発表内容をパワーポイントにまとめ、本番の報告会でも心強いサポーターとして司会をしたり、小中学生の発表を円滑に進めるために活躍しました。


職場体験をした小中学生は、お父さん・お母さんの仕事の大変さを体感し、尊敬の念を抱くとともに、感謝の意を表明し、将来はお父さんやお母さんのようになりたいと熱く語っていました。発表の中に、子供たちからお父さん・お母さんへのインタビューもありましたが、「将来社長になりたいですか?」や「会社の食堂で一番好きなメニューはなんですか?」などユニークな質問が飛び交っていました。



また、最後にアンジェラ・アキさんの「手紙〜拝啓十五の君へ〜」を全員で合唱し、その際ピアノ伴奏を、6期のリーダー塾でも素晴らしいピアノ演奏をしてくれた男子塾生が生演奏しました。また、リードボーカルも、何度もこの歌を塾期間中に歌った6期生の皆さんが担当しました。





お手伝いしてくれた皆さん、お疲れ様でした。

Posted at 2009年10月17日 23時19分29秒