日本の次世代リーダー養成塾は挑戦したい高校生!!世界を舞台に活躍したい!自分のアイディアで世の中を変えたい!社会に貢献したい!全国の同世代の仲間と語り合いたい!と思う好奇心旺盛なあなたに、他のプログラムにはない様々なエッセンスを凝縮した、短期集中のカリキュラムを用意しています。
メインメニュー

【11日目】

本日最初の講義は、国際日本文化研究センター名誉教授である笠谷和比古先生です。笠谷先生は、京都西山大原野の地域興しのため、能とオペラを融合させた「業平Narihira」を上演する地元手作りのイベントを開催されました。講義では、オペラの音声も聞くことができ、塾生達は日本の伝統文化・地域文化を残していくための革新的な試みに触れました。




午後は、お茶の水女子大学長の室伏きみ子先生のご講義から始まりました。女性研究者としての仕事と家庭を両立させ、失敗にめげず粘り強い研究で成果を出されてきた室伏先生のお話は、女性としてだけではなく、一人の人間として、塾生達に勇気を与えるものでした。



続いて、前全国知事会会長で、学校法人福岡工業大学最高顧問である麻生渡先生のご講義です。演題は、「選挙権、女性の大活躍推進そして近現代世界史に学ぶ」。選挙権が拡大されても行使しなければ意味がないことや、少子高齢化に対応するために女性の社会進出は必須であること、リーダーとしての心構えを教えて頂きました。



夜は、明日のアジア・ハイスクール・サミット最終発表に向けて追い込みです。最後の最後まで、発表をより良いものにするために、担任の先生方からアドバイスを頂きました。

Posted at 2016年08月03日 23時43分08秒