日本の次世代リーダー養成塾は挑戦したい高校生!!世界を舞台に活躍したい!自分のアイディアで世の中を変えたい!社会に貢献したい!全国の同世代の仲間と語り合いたい!と思う好奇心旺盛なあなたに、他のプログラムにはない様々なエッセンスを凝縮した、短期集中のカリキュラムを用意しています。
メインメニュー

【8日目】

本日最初の講義は、ふじのくに地球環境史ミュージアム館長の安田喜憲先生です。演題は「災害と文明:生命文明の時代を招来する」。熊本被災地枠の塾生達の話も聞きながら、自然が人間に与える影響を考える時間となりました。



その後は、アジア・ハイスクール・サミットの中間発表です。先日のフィールドリサーチを終え、課題の分析と政策を発表しました。発表後の担任の先生や他の塾生との質疑を踏まえ、明日からの3日間で最終発表を目指して追い込みます。

午後はリーダー塾初の試みである、卒塾生発表です。1期卒塾生で外交官である中川智博さんはアメリカからのスカイプ出演、グローバルアリーナの会場へは、2期卒塾生である株式会社ハッピーズ代表取締役である芦川泰彰さん、3期卒塾生である研修医の簑原沙和さんがお越しくださいました。少し年上のリーダー塾卒塾生が様々な世界で活躍している姿は、塾生にとって、大きな刺激となったようです。



その後、みそ汁コンテストが開催されました。三十分という短い時間で三十人分のみそ汁を作らなければなりません。限られた時間でしたが、各クラスはチームワークを見せ、協力しながらみそ汁を完成させました。その後は、みそ汁コンテストを協賛してくださっているフンドーキン醤油株式会社代表取締役社長の小手川強二先生がご講義くださいました。

Posted at 2016年07月31日 22時12分02秒