日本の次世代リーダー養成塾は挑戦したい高校生!!世界を舞台に活躍したい!自分のアイディアで世の中を変えたい!社会に貢献したい!全国の同世代の仲間と語り合いたい!と思う好奇心旺盛なあなたに、他のプログラムにはない様々なエッセンスを凝縮した、短期集中のカリキュラムを用意しています。
メインメニュー

【11日目】せまり来る、終わり

2014年8月4日

天気が不安定ながらも、外出時は奇跡的に晴れている今日この頃です。
リーダー塾も残すところあと4日となり、塾生たちは終わりを意識するようになってきました。

さて、本日は2人の講師が登壇しました。
1人目の講師は、中村ブレイス株式会社代表取締役社長の中村敏郎先生。義肢装具作りの仕事を通して、挑戦する気持ちを持ち続けることを塾生たちに伝えました。また、仕事に対するスタンスも「誰かのため」に役立つことを意識せず、「自分が」楽しむようにすると良いと伝えました。


2人目の講師は、株式会社フンドーキン代表取締役社長の小手川強二先生。発酵食品会社での知識を基に、菌と人間の成長の共通点を切り口に、挫折したときの失敗を人生の教訓にすることを塾生達に伝えました。


講義の後は、株式会社フンドーキンのご提供により、「みそ汁コンテスト」を開催しました。春雨を入れたり、キムチを入れたり、氷を入れて冷や汁にしたりと、クラスごとに個性豊かなみそ汁が創作されました。小手川先生をはじめとする審査員一同、塾生の豊かな発想力に驚いていました。


アジア・ハイスクール・サミットでは、分野ごとに作っていたチームを解体し、関心がある分野に関係なく新たなチームビルディングを行いました。


最終発表まであとわずか。必死に準備する塾生たちに、たくましさを感じました。

Posted at 2014年08月04日 23時46分49秒