日本の次世代リーダー養成塾は挑戦したい高校生!!世界を舞台に活躍したい!自分のアイディアで世の中を変えたい!社会に貢献したい!全国の同世代の仲間と語り合いたい!と思う好奇心旺盛なあなたに、他のプログラムにはない様々なエッセンスを凝縮した、短期集中のカリキュラムを用意しています。
メインメニュー

8月4日、8日目

リーダー塾も後半戦。
8日目の最初の講義は、ロサンゼルス五輪金メダリストの山下泰裕先生です。
先生からは、ご自身の選手、指導者としての経験から、「夢を強く持ち続けること」、「目先の勝利ではなく人生の勝利を目指してフェアプレーに努めること」、「恵まれた自分の境遇を決して当たり前だとは思わず、感謝の気持ちを持って努力し続けること」など、数々の熱いメッセージを頂きました。


午前中のお二人目は、福岡県知事の小川洋先生です。
福岡県で生まれ育ち、内閣官房内閣広報官として4人の総理大臣に使えた小川先生は、それまでの経験や人的ネットワークを使って故郷の発展に貢献しようと決意、福岡知事になられました。
ハイスクール国会に取り組んでいる塾生達に向け、小川先生からは、「いい加減にやらず、悩みぬいて考え抜いて出した考えは、そう簡単に論破されるものではない。」など、多くのアドバイスを頂きました。


午後の講義は、宗教学者の山折哲雄先生です。
山折先生は、東日本大震災に触れ、時に恐るべき破壊をもたらす自然、そしてその自然とと共存してきた日本人の自然観、死生観について語って下さいました。
先生はさらに、塾生達が切り拓く未来の日本についても触れられ、日本が戦後に選択したモデル、全体の利益のためには少々の犠牲は止むを得ないとの思想に根ざした社会を今後も選択するのか、それとも新しい社会を創るのか、塾生達の世代がその重要な決定をしなさい、と投げ掛けられました。


今夜もハイスクール国会です。
4党とも熱い真剣な議論が続きます。
最後にまとまった各党の政策を見るのが、今から楽しみです。

皆さん疲れが溜まってくるころです。健康管理には気をつけましょう。

Posted at 2011年08月04日 23時43分02秒