日本の次世代リーダー養成塾は挑戦したい高校生!!世界を舞台に活躍したい!自分のアイディアで世の中を変えたい!社会に貢献したい!全国の同世代の仲間と語り合いたい!と思う好奇心旺盛なあなたに、他のプログラムにはない様々なエッセンスを凝縮した、短期集中のカリキュラムを用意しています。
メインメニュー

第9日 ■マハティール元マレーシア首相■

本日は、塾生が楽しみにしている元マレーシア首相のマハティール・モハマド先生の講義です。講義は英語で行われますが、逐次日本語に通訳されます。

マハティール先生は、皆さんは、何か問題が起きたときに、両者の意見をきちんと聞いて判断できる人材になってほしい。そのような人材が出てきたら、日本は世界のリーダーになれる。独立した国としてやっていくのかは、未来のリーダーたる君たちの手に委ねられている。と未来のリーダーに大きな期待をかけられました。

質疑応答では、多くの塾生が英語で質問するなど英語能力の高さをアピールし、最後には全員で記念写真を撮りました。


午後からは、国際日本文化研究センター教授の安田喜憲先生の講義です。

日本の文化やシステムの良いところは残さなければならない。今、市場原理主義の名の下に、短期的な利益のみを追求すれば、取り返しのつかないことが起きる。このことをしっかりと認識すべきだ。と日本の行く末を心配されていました。

Posted at 2010年08月05日 10時56分21秒