日本の次世代リーダー養成塾は挑戦したい高校生!!世界を舞台に活躍したい!自分のアイディアで世の中を変えたい!社会に貢献したい!全国の同世代の仲間と語り合いたい!と思う好奇心旺盛なあなたに、他のプログラムにはない様々なエッセンスを凝縮した、短期集中のカリキュラムを用意しています。
メインメニュー

学力じゃない

 この度は第6回日本の次世代リーダー塾に参加させていただきありがとうございました。2週間という短い期間でしたが全国の仲間とともに高めあうことができました。
 僕は、農業高校で花や経営について学んでいます。最初のうちは一般企業への就職を考えていましたが、農業を学ぶうち、もっといろんなことに挑戦してみたいと思うようになりました。そんな些細な思いから、一昨年に農業高校生海外実習派遣事業でブラジル・オランダに研修に行ってきました。日本とは違った海外の農業事情をしっかりこの目で見てくることができました。この経験が、私自身を大きく変えました。農業で、地元の町を元気にしたい!自分が地域のリーダーとなっていきたい!と思うようになりました。
 そんな時に校長先生にリーダー塾の事を紹介され、「こんな研修があるから行ってみないか」といわれ、半信半疑でしたが、リーダーを目指していく自分にとってはこの研修がぴったりだと思い、今回参加を決意しました。
 緊張と興奮が冷め遣らぬ中での入塾式。今まで自分が感じたことのない威圧感がありました。塾生一人一人の目が輝いていました。講義では、普段なら決して聞くことができない方の話を真剣に聞くことができました。特に榊原さんの講義は、私の頭の中に鮮明に残っています。
 初めてのディスカッション。もちろん初体験です。周りは普通科高校の生徒たちばかり、最初のうちは全く回りの生徒についていけませんでした。しかし、みんなの支えや協力もって、学力自体はそんなになくても知識や農業の分野で先頭に立ち発言することができるようになりました。ハイスクール国会。農業につながる分野ということで、環境の分野を選びました。環境というとやはり範囲が広く、絞りきるのに大変な時間を要しました。でも、何よりも驚いたのが、経済分野の子達です。経済という広い分野の中で、ゴールとして、農業を持ってきたことです。農業をやったことは多分ないはずなのに、真剣に農業についてディスカッションする姿を見て感動しました。農業について真剣に考えている子もいつのだと思い、負けないように沢山努力をいて生きたいと思いました。
 目標宣言では、みんなの夢のでかさに衝撃を受けました。常に努力を惜しまず積極的に動いていきたいと思います。
 今回の研修で、いろんな方の講義を聞く中で、広い世界を見ることの必要性を感じました。当初は地元の大学への進学希望でしたが、大きく羽ばたいて、今は九州にある大学の受験に向けてがんばっています。
 今回の研修があったことで、自分が大きく羽ばたけるきっかけとなれました。また全国の僕と同じように大きな夢を持つ学生と友達になれたことは、きっと将来どこかで役に立つと思います。
 農業高校なので、普通科高校と比較するとどうしても、学力差があります。しかし、20年後には、中心産業が農業になるのではという意見があります。今こそ農業や商業、工業の高校生もこのリーダー塾に参加していくべきなのではないかと思いました。
 本当に今回貴重な経験をさせていただきありがとうございました。今は、推薦入試にむけてがんばっている最中です。
 目先にある問題を早く、正確にこなしつつ、精進していきたいと思います。本当に2週間ありがとうございました。

6期生 岐阜県出身

Posted at 2010年01月01日 00時00分53秒