健康維持のサプリならメビウスライフ、アサイーベリー、グルコサミンコンドロイチンを初めとしたアイアール研究所・メビウスライフの健康補助食品を!新着情報をお伝えいたします。
メインメニュー
健康豆知識

たった5分。脳が自然にやる気スイッチを押してくれる方法

誰しも、なぜか気が乗らずダラダラと無意味に時間だけが過ぎてしまう時ありますね。
やる気さえあれば、仕事も家事も気持ちよくこなすことができるのに、、。


しかし、たとえ情熱がわかなくても、やる気は引き出せるのだとか。

億劫なときは5分動いてみる

やる気をなくしたときに、たった5分掃除をするだけでよいのだとか。

小山竜央著 ”5分の使い方で人生は変わる” には、その理由として、こう書かれています。


”脳と体は密接な関係を持つため、気分が乗らないときは、掃除をしてみると気分がガラリと変わります。
脳は、体を動かすことで楽しさややる気を感じる組織なのです。”


脳の性質を利用してモチベーションアップできるそうです。

私もちょっとだけの掃除が好きです。

苦手なことをしなくてはいけないとき、「やらなくちゃ」と思いながらも、目の前のものを片付けてみたり、机を拭いたり。
手を動かしながら現実逃避をしていました。でもしばらくすると、「よーし、やるか」という気になります。

億劫なことも、苦手なことも、体をすこし動かしたおかげで、脳が勝手にやる気スイッチをおしていたのですね。

これからも脳の性質をうまく活用してゆきたいですね。

Posted at 2016年09月15日 15時32分37秒  /  コメント( 0 )

梅雨の時期を元気にすごすには、、。

身体のだるさや偏頭痛、肩こり、便秘。こんな症状を感じている人が多い梅雨時。
原因は、気圧の変化による自律神経の乱れが影響しているんだとか。
朝日をしっかり浴びる、3食バランスよく食べる、しっかり眠るなど、規則正しい生活が自律神経を整えるのに有効といわれていますが、
それでも改善しない時に試したい4つの方法をご紹介。

1 自律神経を整える音楽を聴いてみましょう。
胎教にいいとされるモーツァルトの音楽もリラクゼーション効果が高いとされ自律神経を整えることで有名です。

2 単純な作業に没頭してみましょう。
自然と呼吸が整い、呼吸と関係が深い自律神経を整えることができます。
最近ブームの大人の塗り絵など、作業に没頭したらストレス発散にもなりそうです。
疲れているとき、元気なときとでは色の選び方や色塗りのタッチなどが全く変わってくるそう。

3 アロマの香りでゆっくり過ごす。
ラベンダーは心を落ち着かせ、柑橘系はリフレッシュに良いなどといわれますが、好きな香りを選ぶのが一番。

4 自律神経と相互に作用する腸内環境を整えましょう。
簡単で効果的なのが「夜キウイ」を食べること。
腸の消化活動は深夜に最も活発になり、腸内環境を整えてくれるので、寝る前や食後のデザートにキウイを食べると腸内環境が改善します。

以上4つの方法。
聴覚、視覚、嗅覚、味覚から自律神経を整えるそれぞれのアイテム。
スッキリしない時に一度お試しください。

Posted at 2016年06月27日 16時53分32秒  /  コメント( 0 )

一番自然な 抗うつ法は、、?

『心は庭、思考は種。
あなたの心の庭に花を育てるか、雑草を育てるかはあなた次第。』

幸せでいるための最も重要な要素は、“何を考えているのか”です。

元来私たちの思考回路というのは、意識的にポジティブな方へ誘導しなければ、ネガティブな方向に向かっていってしまうのです。
逆に、感謝をしたり、自分を幸せに楽しく笑顔にしてくれることを考えるようにしていけば、その感情の神経伝達が優位になっていきます。

このようにポジティブ思考に焦点を当てることにより、私達の脳は自滅的なことよりも建設的なことを考えていくようになります。
これが、心の庭に雑草ではなく花の種を植え、水を与えて育てているということなのです。

もしポジティブなことが考えられない場合は、あなたが感謝していることを考えてみましょう。
まずは3つ考えてみましょう。例えば、
「私を大切にしてくれる人がいる。」「日々、健康に過ごせてる。」「愛する家族と語り合える。」など、どんな些細な小さいことで良いのです。
どんなに小さいことでも毎日考えていると、それは私達の気持ちや態度に非常に大きな影響を与えるからです。

2003年に発表された研究(出典1)によると、「私は何に感謝をしているのだろうか。」と考えているだけで、それが脳内物質に大きな変化をもたらすということが判っています。
脳内物質のドーパミンが分泌され、セロトニンの値が上昇し、それだけで幸せで満たされた気持ちになれるのです。

感謝することを忘れずにいれば、幸福感と充実感が生まれます。
感謝をする気持ちを持つということは、一番良い自然な抗うつ法といえるでしょう。


綺麗な花々が咲いている庭を作るように、雑草のようなネガティブ思考を刈り取りましょう。
そしてあなたが笑顔でポジティブで幸せにいる為に、心に栄養を与えてあげましょう。

さあ、考えましょう。あなたは心の庭にどんな種を植えたいですか?

Posted at 2016年05月25日 12時08分53秒  /  コメント( 0 )

風邪予防!最強の食べ合わせ3選

インフルエンザや風邪が流行っている今の季節、油断は大敵です。

そこで今回は、“風邪予防の最強食べ合わせ”を、3つご紹介したいと思います。

(1)ブロッコリー×肉・魚・卵

ブロッコリーに含まれるビタミンCには、細胞を強化し免疫力を高める作用があり、肉や魚・卵に含まれるたんぱく質には、体の機能を正常に保ち、免疫物質の働きを高める作用があります。

ビタミンCとたんぱく質は、一緒に摂ると良いでしょう。

【ビタミンCを含む食材】

赤ピーマン/キャベツ/にがうり/ブロッコリー/水菜/いちご/ゆず/キウイフルーツなど

【たんぱく質を含む食材】

肉/魚/卵/大豆食品/牛肉/チーズなど

(2)味噌×ネギ

東洋医学で味噌は体を温める“陽”の食材。
そして、ビタミンB12を含む体力回復食材でもあります。
また、ネギも同様に体を温める作用を持ちます。
さらに、強力な殺菌作用を持つアリシンが、喉や口内のウイルスの増殖を抑制。
風邪を寄せつけない体作りに役立ちます。

ただし、アリシンは熱に弱く水に溶けやすいので、長時間煮込まないようにしましょう。

(3)キウイフルーツ×ヨーグルト

免疫細胞の約6割が集中する腸の状態は、免疫力の高さ・低さを左右します。
腸内環境を整えて、免疫力が高い状態を保つためにオススメなのが、食物繊維・乳酸菌を豊富に含む食材。

ヨーグルトにキウイフルーツやバナナ、リンゴを加えて食べてみては。


「風邪をひくわけにはいかない」というみなさん、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Posted at 2016年02月23日 14時58分16秒  /  コメント( 0 )

長寿の方の共通する資質

「人間は 心 とともに老いる」と言いますが、元気で自立した高齢者の方や、病気とは縁遠い方・病気になっても治癒力が働き治りやすい方には、「おだやかで前向きな心」を持ち合わせておられる方々がとても多いそうです。

日本の100歳以上の超・ご高齢者を対象に、2000年から2004年にかけて行われた調査結果では、百寿者の共通した特徴が明らかになったようです。

”心穏やかで、前向き”これが百寿者の共通点。

また
●男性は
飄々としたマイペースタイプで、凝り性でコレクションなどを好む。

●女性は
一家の中心的な人物で、家族の世話を一生懸命することに生き甲斐を感じるタイプ。

また、男女ともに
●依存心が少ない
これは受動的というより能動的・主体的という事につながります。 
依存心の強い方は人からしてもらう事を無意識に期待しているように思います。 
そのように「まわりからしてもらう事」 に意識がいつも向いていると、不満が溜まっていくのだと思います。

●自分の人生を肯定的にとらえている
これはすべてにおいて受容して受け入れるという事ではないでしょうか。
たとえ病気をしていても体調に不具合があったとしても

●好奇心が強くなんでもやりたがる 

●「意欲」や「やる気」がある。 チャレンジ精神がある

●不平不満をあまり感じず、与えられた生活環境の中で、楽しみを見つけていこうとする。  

●他人に対して友好的で 人とすぐに交われる。

●すべてにおいて順応性がある。 

●ありのままの自分自身を表現している。 
自分を取り繕ったり、よく見せようとはしない。 

●明るい よく笑い泣く 感情が理性より高い 理屈より感性

このような特性が、体内で発生する活性酸素を少なくしたり、還元力を高くしたり、個々の細胞のもつ活動力の源の、生命力を保つということ。

これらの、”こころのあり方”が
食生活や生活習慣よりも、
もっとも健康や幸せを得るために重要なんですね。

すべてに感謝して”穏やかに前向きに”心豊かな人生を過ごしてゆきたいですね。

Posted at 2016年02月05日 14時38分51秒  /  コメント( 0 )

黒豆茶 冬場にいただくおすすめ茶

本格的な寒さが到来し、温かいお茶がより一層おいしく感じられる今日この頃。
なかでも、支持を集めている黒豆茶は、おいしいだけではなく美肌にも一躍買ってくれそうです

(1)抗酸化効果
基本的に黒豆の成分は大豆とほぼ同じですが、黒豆にはアントシアニン系の色素が種皮に含まれています。
アントシアニンは大豆成分のビタミンEを体内に吸収させる働きがありますので、より高い抗酸化効果が期待できます。
また、黒豆にはβカロチンやポリフェノールなど美肌にうれしい成分も含まれているので、肌疲れを感じている時などにもおすすめです。

(2)間食予防
黒豆茶の特徴の一つは、カップを顔に近づけただけでも感じる香ばしさ湯気と共にふんわりと広がる香ばしい風味。
それだけで満足度が高く、「飲んだ感」もしっかりあるので、間食予防にももってこいカロリーも低いので、ダイエットにもぴったりです。

(3)ノンカフェイン
黒豆茶はノンカフェインなので、寝る前に飲んでも寝つきが悪くなってしまうことはありませんし、血管が収縮して体が冷えることもないので、飲む時間を問わず、冷えも気にしなくて良いのはうれしいポイント。
妊婦さんも安心して飲むことができます。

美肌にも健康にも良い黒豆茶。
冬場に飲むホットドリンクの一つに取り入れてみてはいかがですか?

Posted at 2015年12月03日 11時57分28秒  /  コメント( 0 )

今年の冬は乾燥知らず!保湿効果を高める食品で冬でもツヤツヤ美肌づくり

11月に入り、寒さも増して冬の訪れを感じるようになりました。
冬は暖房の使用と湿度の低下により、肌が乾燥してくすみやすくなる季節です。

保湿クリームなどで対策している方も多いかと思いますが、冬でも潤いたっぷりの美肌は実は身体の内側から作られます。

肌の内側から水分を保持する良質な脂質(オリーブオイル、アボカド、ナッツ類など)と
輝く肌を作るカロテノイドを豊富に含む野菜(かぼちゃ、さつまいも、人参、ブロッコリー、ほうれん草など)を毎日の食事に積極的に取り入れるようにしましょう。

この良質な脂質とカロテノイドを多く含む野菜は、美肌作りに欠かせないというだけでなく、肌をさらに輝かせるための最強のコンビネーションなのです。

良質な脂質とカロテノイドを一緒に摂取すると、脂溶性であるカロテノイド(ルテイン、ベータカロテンを含む)の吸収率が上がるため、よりみずみずしく艶のある肌になるのです。

カロテノイドを豊富に含む果物と野菜を食べている人は、肌のツヤがよく、より健康的にみえるということが明らかとなっています。

皮膚の外層に定着するカロテノイドは、お肌を美しく健康的に輝かせ、紫外線や大気汚染による細胞損傷からも守ってくれるのです。


この冬はこれらの野菜や果物を積極的に摂取して、しっとり艶のある美しい肌であなたの輝きと魅力を増してみてください。

Posted at 2015年11月13日 10時56分14秒  /  コメント( 0 )

正しい姿勢を保とう!

太っていて自分の体型に自信がないと、ついシュンとなって、外を歩く時も猫背気味になったりしませんか?
正しい姿勢を保つだけで、ちょっとしたダイエット効果があるんです。

普段猫背気味な人が、背筋を伸ばしていい姿勢で立つだけで、背中やお腹、お尻や首の筋肉が自然と鍛えられて、それだけで簡単なエクササイズをしていることになります。

悪かった姿勢を正しくすると、普段使われていなかった筋肉を使うことになるので、筋肉量が増えて基礎代謝量(=何もしないでも消費されるカロリー)もアップし、太りにくくやせやすい身体になります。
もちろん筋肉がつくことで引き締め効果もあります。

また背筋が伸びているほうが見た目スラッと見えます。

正しい姿勢の立ち方のポイントは以下の通りです。

・頭を天井から吊るされてるイメージで、首を伸ばしてあごをひく。

・お腹とお尻に軽くキュッと力を入れる。

・ひざ、ふくらはぎ、かかとをなるべくくっつけるようにして、つま先は自然に開く。

信号を待ってる時、ホームで電車を待ってる時、電車に乗っている時など、この姿勢を思い出して実践してみてください。
慣れてくれば、無意識のうちに正しい姿勢をキープできるようになり、引き締まった体を手に入れることができます。

Posted at 2015年08月19日 16時36分28秒  /  コメント( 0 )

汁物によるダイエット効果

ダイエットのためのカロリーコントロールをきちんと実行するためには、食べ過ぎないようにするコツがあります。

いただきます!といってハシを持って、最初の一口はまず汁物を飲むようにします。
たったこれだけで、食べ過ぎ防止のダイエット効果があるんです。

お腹が空いてる時、脳では交感神経という神経が高ぶっていて、「食べたい!食べたい!さぁ食べよう!」という信号を出しています。

そして食事が終わって満腹になると、今度は副交感神経という神経が「食った、食った〜」という信号を出してリラックスして落ち着いた状態になります。

これらの交感神経と副交感神経は、温度変化に影響を受けやすいといわれています。

最初の一口は汁物にしよう!
つまり食事の一口目に味噌汁やスープなどのあたたかい汁物を口にすることで、交感神経の高ぶりを抑えて、副交感神経を刺激することができます。

食事の時以外でも、たとえばあたたかいお茶を飲むと、「はぁ〜」とリラックスした状態になりますよね?あれと同じことで、食事の最初にあたたかい汁物を飲むことで、食べたい食べたいと興奮している交感神経を落ち着かせて、食べすぎを防ぐことができるんです。

最初に汁物をとることで、単純にお腹が膨れて、満腹感を得ることもできます。

食事のメニューには、ぜひ味噌汁やスープなどの汁物を取り入れてみてください。

Posted at 2015年07月19日 16時43分30秒  /  コメント( 0 )

代謝を上げるダイエットのコツ 5つ!

効率よくダイエットするには代謝を上げるのが鍵。

食事に気をつけて運動をしていても、無意識に代謝を下げる生活をしていては効果が半減してしまいます。
同じ食事をしていても、エネルギーの燃焼が増えて、体重が減りやすくなる代謝アップのための習慣をご紹介します。

★食事の時間を一定にする

2012年のHebrew Universityの研究によると、散発的に脂肪の多い餌を与えられたネズミは、規則的なスケジュールで与えられたネズミよりも体重が増加しました。
研究者は、毎日同じ時間に食事をすることで、体が食事と食事の間により多くのカロリーを消費するようになるとみています。
体がいつ次の栄養を摂取できるか覚えることで、カロリーを消費しやすくなるようです。
規則正しい食生活は代謝アップの一番の基本です。

★オーガニックを選ぶ

カナダでの研究によると農薬に含まれる有機塩素剤は体内のエネルギー消費を阻害して減量の妨げになります。
研究者は農薬に汚染された食事ばかりしているダイエット中の人は、通常よりも大幅に代謝が下がり、減量が大変になることを発見しました。
全ての食材をオーガニックにするのが難しければ、葉物、ベリー類、りんごなど農薬の影響が大きい食材だけでもできるだけオーガニックを選びましょう。

★良質な睡眠を取る

ドイツとスイスの研究者によると、睡眠が不足すると休息中に体が消費するエネルギーが減ります
睡眠不足だと、カフェインや甘いものを欲したり......過食にもつながりますし、運動をする気力もでないと、まさに百害あって一理なしです。
生活環境を整えて十分な睡眠を摂取することが何よりも大事なようです。

★カルシウムを摂取する

カルシウムは体がエネルギーを燃やすか脂肪として蓄えるかを判断するという脂肪の代謝を管理する鍵を握っています。
グリーンの野菜や、小魚、アーモンドミルクなどカルシウムが豊富な食材を積極的に摂取することはもちろん、必要に応じてサプリメントも取り入れてみるのも良さそうです。

★こまめに水分を補給する

代謝を含む体の細胞のプロセスは全て水が必要です。
University of Utahの調査によると、体が水分不足になると2%カロリーの燃焼が少なくなります。
水に飽きてしまって、ついお茶やジュースに手が伸びてしまう......という人は簡単に作れて見た目もキレイなフルーツハーブウォーターを試してみてください。

5つのコツ
どれも毎日の生活に取り入れたいもの。
習慣にして自然に代謝を上げる体を作っていきたいですね。

Posted at 2015年05月19日 15時59分18秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  | 次へ