健康維持のサプリならメビウスライフ、アサイーベリー、グルコサミンコンドロイチンを初めとしたアイアール研究所・メビウスライフの健康補助食品を!新着情報をお伝えいたします。
メインメニュー
2016-02 の記事

風邪予防!最強の食べ...

インフルエンザや風邪が流行っている今の季節、油断は大敵です。

そこで今回は、“風邪予防の最強食べ合わせ”を、3つご紹介したいと思います。

(1)ブロッコリー×肉・魚・卵

ブロッコリーに含まれるビタミンCには、細胞を強化し免疫力を高める作用があり、肉や魚・卵に含まれるたんぱく質には、体の機能を正常に保ち、免疫物質の働きを高める作用があります。

ビタミンCとたんぱく質は、一緒に摂ると良いでしょう。

【ビタミンCを含む食材】

赤ピーマン/キャベツ/にがうり/ブロッコリー/水菜/いちご/ゆず/キウイフルーツなど

【たんぱく質を含む食材】

肉/魚/卵/大豆食品/牛肉/チーズなど

(2)味噌×ネギ

東洋医学で味噌は体を温める“陽”の食材。
そして、ビタミンB12を含む体力回復食材でもあります。
また、ネギも同様に体を温める作用を持ちます。
さらに、強力な殺菌作用を持つアリシンが、喉や口内のウイルスの増殖を抑制。
風邪を寄せつけない体作りに役立ちます。

ただし、アリシンは熱に弱く水に溶けやすいので、長時間煮込まないようにしましょう。

(3)キウイフルーツ×ヨーグルト

免疫細胞の約6割が集中する腸の状態は、免疫力の高さ・低さを左右します。
腸内環境を整えて、免疫力が高い状態を保つためにオススメなのが、食物繊維・乳酸菌を豊富に含む食材。

ヨーグルトにキウイフルーツやバナナ、リンゴを加えて食べてみては。


「風邪をひくわけにはいかない」というみなさん、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Posted at 2016年02月23日 14時58分16秒  /  コメント( 0 )

長寿の方の共通する資質

「人間は 心 とともに老いる」と言いますが、元気で自立した高齢者の方や、病気とは縁遠い方・病気になっても治癒力が働き治りやすい方には、「おだやかで前向きな心」を持ち合わせておられる方々がとても多いそうです。

日本の100歳以上の超・ご高齢者を対象に、2000年から2004年にかけて行われた調査結果では、百寿者の共通した特徴が明らかになったようです。

”心穏やかで、前向き”これが百寿者の共通点。

また
●男性は
飄々としたマイペースタイプで、凝り性でコレクションなどを好む。

●女性は
一家の中心的な人物で、家族の世話を一生懸命することに生き甲斐を感じるタイプ。

また、男女ともに
●依存心が少ない
これは受動的というより能動的・主体的という事につながります。 
依存心の強い方は人からしてもらう事を無意識に期待しているように思います。 
そのように「まわりからしてもらう事」 に意識がいつも向いていると、不満が溜まっていくのだと思います。

●自分の人生を肯定的にとらえている
これはすべてにおいて受容して受け入れるという事ではないでしょうか。
たとえ病気をしていても体調に不具合があったとしても

●好奇心が強くなんでもやりたがる 

●「意欲」や「やる気」がある。 チャレンジ精神がある

●不平不満をあまり感じず、与えられた生活環境の中で、楽しみを見つけていこうとする。  

●他人に対して友好的で 人とすぐに交われる。

●すべてにおいて順応性がある。 

●ありのままの自分自身を表現している。 
自分を取り繕ったり、よく見せようとはしない。 

●明るい よく笑い泣く 感情が理性より高い 理屈より感性

このような特性が、体内で発生する活性酸素を少なくしたり、還元力を高くしたり、個々の細胞のもつ活動力の源の、生命力を保つということ。

これらの、”こころのあり方”が
食生活や生活習慣よりも、
もっとも健康や幸せを得るために重要なんですね。

すべてに感謝して”穏やかに前向きに”心豊かな人生を過ごしてゆきたいですね。

Posted at 2016年02月05日 14時38分51秒  /  コメント( 0 )