健康維持のサプリならメビウスライフ、アサイーベリー、グルコサミンコンドロイチンを初めとしたアイアール研究所・メビウスライフの健康補助食品を!新着情報をお伝えいたします。
メインメニュー
2013-03 の記事

心地よい睡眠のために...

不眠の原因のトップは「ストレス」と言われていますが、ストレッチは身体の緊張だけでなく、心の緊張もほぐしてくれるのです。

深い呼吸をしながらゆっくり筋肉を伸ばしていると、副交感神経が優位になり、心拍数が下がります。
これで全身がリラックスした状態になり、気分が落ち着くのです。

このようにストレッチは快眠の準備をしてくれます。
寝る前には特に以下のことに気をつけながら実践してみましょう。

1.無理をしないように、やさしく気持ちのいい範囲で伸ばす。

 寝る前に激しい運動をすると、かえって眠れなくなってしまうことがあるので避けましょう。

2.1カ所につき、10〜15秒かけて伸ばす。

 一つ一つの動作を丁寧に行い、じっくりと伸ばしましょう。1カ所につき、10〜15秒かけて伸ばします。

3.伸ばす時に息を吐く。

 ストレッチも筋トレと同様、呼吸が大事です。からだを伸ばす時にゆっくり吐きましょう。

4.反動はつけない。

 伸ばす時に動きに反動をつけず、あくまでも穏やかに行うことを心がけてください。



できればお風呂上がりに温まったからだで行うと、お風呂とストレッチ、両方の効果でリラックスでき、疲れも取れやすくなります。
お気に入りのアロマオイルなどで香りでもリラックスしながら行うのもいいですね。

Posted at 2013年03月20日 12時26分36秒  /  コメント( 0 )

ダイエットに乾物を食...

乾物とは、乾燥食品のことをいいます。

天日干しをして、水分を抜くことで、長期保存ができるように、昔の人が開発した食品です。

乾物は、水分が抜けることによって、栄養素が凝縮され、さらには太陽の光で化学変化が起きて、栄養価がアップするんだそうです。

乾物の中で、ダイエットにいい食品として有名なのは寒天ですね。

それ以外にも、干しシイタケ 切干大根、干しわかめ、高野豆腐、かんぴょう、ひじきなどの乾物は、すべて低カロリーなうえに、食物繊維、カルシウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。

長く保存が効く食品なので、食生活に積極的に乾物を取り入れてみるのはいかがでしょう?

Posted at 2013年03月11日 17時16分39秒  /  コメント( 0 )

花粉症の季節ですね。

花粉症の人にはとても嫌な季節がやってきましたね。

花粉症は体質なので、「花粉症を治す」ということは難しいのですが、
最近注目されている成分で、花粉症やアレルギー体質の人におすすめのものが二つあります。

一つが「りんごペクチン」です。

りんごペクチンとは、りんごに含まれている食物繊維(ファイバー)です。
大腸がんの予防や便秘の改善にもなるうえ、花粉症の症状を軽減するというデータもあります。

そしてもう一つが「ビタミンC」です。

美肌にも良いとされるビタミンCがアレルギーを抑える働きもあるとはちょっと意外ですね。

どちらも特効薬というわけではありませんが、
「花粉症の症状がひどくて困っている」という人は、りんごを1日に1/2個食べるか、
あるいはりんごペクチンとビタミンCのサプリを飲んでみるのも良いでしょう。

 
「花粉症だから仕方がない……」とあきらめるのではなく、
「もしかしたら食生活のバランスが悪い証拠かも?」と考えて、
食生活を振り返ってみる機会にしてみてはいかがでしょうか。

Posted at 2013年03月08日 12時16分27秒  /  コメント( 0 )