健康維持のサプリならメビウスライフ、アサイーベリー、グルコサミンコンドロイチンを初めとしたアイアール研究所・メビウスライフの健康補助食品を!新着情報をお伝えいたします。
メインメニュー

暑い夏、クーラーと上手くお付き合いしましょう。

とにかく蒸し暑い日本の夏。

オフィスやレストランで、クーラーが効きすぎて体が冷えてしまうという方も多いのではないでしょうか? 
実は、夏のほうが体を冷やしてしまっていることが多いもの。
外とクーラーの効いた室内との温度差によって自律神経が乱れ、体調をくずしてしまうことも。

以下の点 気を付けてみてはいかがですか?



■ 1:筋肉をつける

筋肉が足りないと、基礎代謝が落ちて体が冷えやすくなることをご存知ですか? 
女性は筋肉量が少ないのに加え、クーラーや冷たい食べ物や飲み物の摂取によって、思っているよりも体が冷えています。

体が冷えると免疫力も落ちて夏バテしやすくなりますし、セルライトもつきやすくなってしまうので、痩せづらい体に。そのため、良質のたんぱく質を摂り、適度な運動を心がけましょう。



■ 2:足を中心に温める

クーラーにより、とくに冷えやすくなるのが足もと。
まず職場でも家でも、ブランケットなどで足を冷やさないようにするのが大切です。
また、夏でも湯船につかったり、足湯などで一日冷えた体を温めることも効果的。
週に数回でもぬるめのお湯にゆっくり浸かる習慣をつけると、体が冷えにくくなってきますよ。



■3:温野菜を積極的に摂る

生野菜は体を冷やすので、冷え改善には温野菜がおすすめです。
美肌にもよいブロッコリーなどを温野菜にして積極的に摂るのが良いでしょう。



■4:冷たいドリンクは少しずつ飲む

ドリンクは、常温や温かい状態で飲むのがいちばん。
しかし、外食などで冷たいドリンクを飲む場面もありますよね。
そこで、もし冷たいドリンクを飲む場合には、少しずつ飲むようにすると、体の急激な冷えを防ぐことができます。

冷えを感じたら、しょうが粉末とはちみつを混ぜたしょうが湯を飲むのも効果的です。



■5:カリウムを多く摂る

塩分を多く摂ると、むくみやセルライトの原因になってしまいます。
そこで塩分を控え、無塩トマトジュースなど、カリウムの多いものを摂取することで、冷えによるむくみを防ぐことができます。



■6:漢方を効果的に服用する

漢方でのインナーケアもおすすめです。桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を、朝と夜に常温のお水で飲むこともおすすめです。

桂枝茯苓丸は、血液の循環を良くしてくれます。そのため、血行不良や冷えからくる目の下の青くまにも効果的。女性の冷え症や生理不順などに効果のある当帰芍薬散は、体力がなく貧血になりやすいなど夏バテしやすい方にもよいでしょう。

なお、漢方薬は体質に合うものを、病院で処方してもらうことをおすすめします。



いかがでしたか? 
とくに女性にとってやっかいな“夏冷え”ですが、日々の生活を少し工夫することで改善できます。
これからの夏本番を快適に過ごして魅力的な体を手に入れるために、今のうちに夏冷えを撃退しておきましょう。

Posted at 2013年07月29日 15時47分36秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*