メインメニュー
2009-09

トップアスリートの筋肉



こんにちは、トロです
この前のシルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?
先生とミルキーは、先生のお友達のうちに遊びにいらしたので、私はお留守番でした
ネコだけど、ちゃんとお留守番できてよかった。。。。
でも、緊張したせいか、先生たちがお帰りになったら、ホッとして吐いちゃったの
こんなことでは、まだまだ修行が足りないわね!

先生は、大学の後輩のところへ行ったんですって
サラブレッドの厩舎で、調教師をしてらっしゃるそう
そこで、来週レースに出る馬を触らせていただいたんですって!
ダラスでの実習では、クォーターホースという馬だったので、小さかったそうだけど
サラブレッドの大きさに、まずびっくりしたんですって

そして、腰やお尻の筋肉を触ったら。。。。
柔らかくって、弾力があって、しなやかなことにびっくり!!!!
まるで、筋肉が先生の手に吸いつくようだったって、先生興奮して語ってくれたの
トップアスリートの筋肉って、素晴らしいんですね
皮膚も、手入れが行き届いているので、まるでビロードですって

そのあと、先生は自分のお尻を触って、がっかりしたらしい。。。。
一生懸命、ヒップアップのためのエキササイズをされてたわ

Posted at 2009年09月27日 11時51分50秒  /  コメント( 0 )

蒲の穂綿


秋の大型連休、シルバーウィークはどうだった?
お天気も良かったし、楽しめたかな?

ぼくは先生と先生のお友達のうちに、遊びに行ったんだ
霞ヶ浦の湖岸に、水族館があって、その「お池」に蒲の穂があったんだってさ
この前、因幡の白ウサギのことを書いたよね
でも、蒲の穂って硬くって、とても赤むけのウサギを包めないと思ったら
穂がタンポポみたいにはじけて、中から柔らかい綿毛が出てきたんだって
これなら、ウサギも包まれると先生は思ったらしいよ
そして、この伝説も医学的にまんざら嘘でもないらしいんだ

Wikipediaからの引用だけど

  「海水で洗え」という兄神の指示は一見悪意に満ちたものに思われるが、
  この行為は「塩水による消毒」を示唆しているとも言う。
  ただし実際には、海水で洗っても消毒にはならず、
  また創傷を風に晒して乾燥させると皮膚の再生を阻害することになり、
  兄神の指示は医療行為の一環どころか全くの逆効果である。
  大国主の指示である「河口の真水で洗え」とは河口付近は汽水域であり
  生理食塩水に近いといえ、また蒲の穂は漢方で蒲黄として知られる止血効果があり、
  創傷治療に対して合理的といえる。

傷の治療は、今は乾燥させないのが主流だもん
こんな昔から、判ってたことなんだね!!!

先生は、また昨日筋肉の癒着をはがす施術を受けてきたんだ
背中と腰も楽になったってさ
でも、これを受けると、施術の跡が消えるまで、水泳ができないのが唯一の欠点だって
あんな背中で泳いでたら、みんなびっくりするもんね!

Posted at 2009年09月25日 18時36分44秒  /  コメント( 0 )

卒業式


先生たちが席に着いたので、いよいよ卒業式が始まる
でも、なんで先生たちよそよそしいんだろう。。。。
もし試験に落ちたなら、卒業式が始まる前に知らせてくれるよなぁ。。。。

あれこれ、考えていたら後方でなにやら動くものに気づく
振り返って見ると、背後を横切る人影が!!!
「えっ!!もしかして(マードック大学の)K先生???」
確かめるため、立ち上がって後ろを見ようとしたら
「ヨーコ、座りなさい」と、Dr.Oがまるで犬にでも言うような口調で言った
なんで?授業中にトイレに行ったり、お菓子を食べたりしても何も言わないのに。。。。

ここで、Dr.Gが我慢できない、とばかり大笑いし始め
「ヨーコには、特別ゲストがいるんだ」
と、K先生を紹介してくれた
「K先生、本当に来てくださったんですね!」
K先生の顔を見て安心したのか、涙がこぼれた

先生たちは、サプライズのため、K先生が隠れられるように
わざわざ遠回りをして馬場に行くよう、指示したらしい
そして、秘密を守るため、何となくよそよそしかったんだ
予定では、もっと後にK先生登場!だったようだが、ばれたので
ここからは、K先生はカメラマンに徹してくださった

先生一人ずつから、卒業にあたってのコメントを頂く
アニマルカイロプラクターの心構えとして、お金儲けのためだけでなく
動物を治療していってほしい、というようなことだった

そして、一人ずつ卒業証書を受け取り、先生たちと握手する
まず、Dr.Oから卒業試験の採点表を受け取り、次にDr.Gから証書を受け取る
全員卒業だ!!!

最後にみんなで記念写真撮影
K先生がベルに乗って写真を撮ろうとすると、誰かが
「Safety!」と、Dr.Bの口癖を冗談でまねする

あとは、希望者は残って、馬のアジャストをしてもいいことになった
今度はいつ、馬のアジャストができるか分からないので、やらせてもらう
写真も、いっぱい撮ってもらった

このようにして、大学の卒業式以来、久しぶりの卒業式が終わった   (つづく)

Posted at 2009年09月18日 15時26分45秒  /  コメント( 0 )

因幡の白ウサギ

ずいぶん長いこと、ブログをさぼちゃった。。。。
先生に、ちゃんとしなさいって叱られちゃったよ!

なので、今日は先生が受けた施術について書くね
カイロプラクティックや、リハビリでは、「関節の可動域」って良く言うんだけど
「軟部組織の可動域」ってのも、重要なんだって
要するに、筋肉や靭帯なんかがちゃんとスムーズに動きかってことさ

筋線維や筋膜同士が癒着を起こすと、動かそうと思わない筋肉までが、引っ張られて
一緒に動いてしまったり、筋線維の向きがそろわなくなったりするんだ
それを特別な器具を使って、癒着をはがしたり、筋線維の向きをそろえるんだって

この施術を受けると、皮膚が真赤になっちゃうんだ
先生は昨日、首と肩に施術を受けてきたから
まるで背中が因幡の白ウサギみたいだよ!!!

みんなは、日本で一番はじめの獣医師を知ってる?
この因幡の白ウサギを治療した大国主命なんだよ
だから、因幡の国が日本での獣医医療発祥の地と言われているんだ

先生は皮膚はちょっとヒリヒリするけど、長年の首と肩のこりはすっかり解消されたってさ
前に、肘をやってもらった後には、テニスが急にうまくなった気がする、って言ってたよ
この施術を動物に応用できないか、ぼくとトロが実験台になっているんだ
うまくいくようになったら、また知らせるね!

Posted at 2009年09月18日 11時28分44秒  /  コメント( 0 )

オクラホマ州マイアミ

アニマルカイロプラクターの全米認定試験は、オクラホマ州のマイアミで行われる
友人、知人に聞いても、オクラホマに行ったことのある人はいない。。。。
とにかく、いつもお世話になっている旅行会社のMさんに、手配をお願いする

最寄りの空港はタルサ空港で、そこからは車で行くしかないそうだ
往路は、成田からソルトレイク空港を経由してタルサ空港へ
復路は、タルサ空港からアトランタ空港を経由して成田に
レンタカーはハーツ社、ホテルはホリデーイン・エクスプレスにした
世界的チェーンのところなら、心配ないだろうと思って。。。。

しかし、オクラホマってどんな所なんだろう?
オクラホマで思い出すのは「オクラホマミキサー」
小学生が一番はじめにツーステップを覚えるフォークダンスだ
あの曲とともに、運動会で好きな子と手をつなげるワクワク感を
思い出す人も多いことだろう

飛行機は無事、タルサ国際空港に到着!
でも、この空港に、どこの国から飛行機が飛んでくるの?
一緒に、マイアミまで行こう、って言ってたドナに電話する
ところが、12時に空港に着いたので、もうホテルにいるとのこと
まあ、この空港で5時間も時間を潰すのは無理だし、しょうがない、一人で行くしかない

レンタカーを借り、カウンターのおじさんにマイアミまでの道順を教えてもらう
空港を出て、1度曲がれば、あとは真直ぐ、ひたすら走るだけだそう
ニューヨークやパリじゃないから、大丈夫!と自分に言い聞かせて、いざ出発

車は、真っ赤なシボレー
コンパクトカーだけど、静かで高速での安定性も良い
そして、ほとんど新車同然!やはりハーツ社にして良かった!!
両側が牧場で、ほぼ一直線の道を走っていると、目の前に大きな虹!!!
タルサからマイアミへは、夕陽を背にして東向きで走っているので
まるで、虹のアーチをくぐって行くように見える

地平線に掛る完全なアーチを描く虹なんて、初めて見た
しかも、よく見るとダブルになっているところもある!
「こんな遠くまで、よく来たね!」と、言われているような気がした
日没までの30分間、この虹に導かれるように高速を疾走!
14時間のフライトの疲れが、いっぺんに吹き飛んだ
さあ、明日は筆記試験だ!                   (つづく)

Posted at 2009年09月14日 19時04分12秒  /  コメント( 0 )

午前3時のIHOP

マードック大学のK先生は、ロサンジェルスで行われたセミナーに参加後
ダラスにわざわざ来てくださったのだ
帰国便が、同じような時刻だったので、空港まで一緒に行くことになった

ホテルを4:00amに出発するので、その前に朝食を取ることにした
IHOPは24時間営業のパンケーキ屋で、以前は日本にも店舗があったが、今は無い

店内に入ると、警察官が数名。。。。お巡りさんも、パンケーキを食べに来たのかなぁ
と、のんきにメニューを眺めていると、K先生が店内を見回して
「これ、やばいんじゃない?」と、言い出した

なるほど、店内には派手な格好をした若い黒人女性と、黒人の若者しかいない
そこに、白人の中年男性がやってきて、黒人女性と一緒に店を出ていく。。。。
今まで、見たことのない、超ミニのスカートをはいている

どうやら、この時間のIHOPは、売春婦とお客が待ち合わせをする場所となってるらしい
アメリカでは、ドーナツとか、パンケーキとか、スイーツの店が利用されるのだそう
黒人の若者は、女性を送り迎えする用心棒みたいなものらしい
もちろん、売春は違法であるが、さっきの警察官たちは袖の下でも貰って
店や駐車場を見回りしているのか。。。。

居心地悪さ200%!さっさとパンケーキを食べ、そそくさと店を出た
せっかく久しぶりのIHOPのパンケーキだったのに、味わうどころではなかった

日本では、まずこういうところに行くことはないし
海外でも、冒険するほうではないので、怪しげなところには行ったことない
あんなに売春婦を一度に見たのは、初めてだ
でも、まさかパンケーキ屋でとは。。。。

30泊もしたホテルの隣に、そんなところがあったなんて!!!
このことを知ったのが、最後でよかったなぁ
もし、最初に知ってしまってたら、きっとホテルを変えてただろう
半年に及んだダラス詣での最後に、とんでもない経験をした     (つづく)

Posted at 2009年09月09日 09時07分56秒  /  コメント( 0 )

卒業式

卒業試験は、筆記試験からで8:00開始
問題数は100問だが、今までと同じ問題だったので、クリア!
しかも、100問目はDr.Gからのメッセージで、
「このプログラムに参加してくれてありがとう!回答欄のAにマークしてね」
という、サービス問題だった

そして、乗馬クラブに移動して、実習試験
15分で、馬6セットアップ、犬8セットアップを行う
だから、結構スピードが要求される
なんとか、時間内に終わらせることができたが、ちょっとずつミスしたことに気づく

試験が終わった学生は、まだ試験を受けてない学生と会ったりしゃべったりできない
試験前の学生は、クラブハウスの中で待機
シンディーが、窓から親指を立てて「良かった?」とジェスチャーで聞いてくる
「まあまあ」の時は、手のひらを下に向けてヒラヒラするんだよ
と、ラズが教えてくれたので、シンディーに「まあまあ」と、返事をする

最後のグループの試験が始まったので、ようやくクラブハウスに戻れた
外は100°華氏を超える暑さだったので、エアコンの効いたところは最高!
ここで、卒業式まで待機することになった

卒業式の時間が近づき、馬場のほうに移動するよう指示を受ける
「玄関から出て、外を回って馬場に行ってくように。ヨーコ、良いね?」
と、取りまとめ役の学生さんが言った
「馬場に行くのに、遠回りしなくちゃいけないんだ。でも、なんで名指しなんだろう」
もう少しで卒業式!期待と不安な気持ちで馬場の見学席に着く

馬場には、ベルが並べられ、先生たちがそこに座るようになっている
Dr,PとDr.Wが先に来て、学生たちと言葉を交わしながら握手する
でも、なんとなくよそよそしい感じで、目を合わせてくれない。。。。
「えっ、もしかして、卒業試験に落ちたの?」
不安な気持ちでいっぱいになった

ほどなく、Dr.GやDr.Oも現れ、席に着いた
いよいよ、卒業式が始まる!               (つづく)

Posted at 2009年09月07日 10時42分09秒  /  コメント( 0 )

最後の実習


今回の総復習の実習は、土曜日に行われる
土曜日はいつもの乗馬クラブが使えないので、クラスメートのボビーの病院で行う
でも、馬の病院で実習なんかできるのだろうか?
第一、みんなが車で行ったら、停める所がなくて困るだろうに。。。。

車で走ること40分、広大な牧場が広がる一画にボビーの病院はあった
なあんだ、駐車場の心配なんて全然必要なかった。。。。
ボビーのペットの馬を使って、実習が始まった
しかし、いったいどこまでがボビーの病院なんだろう?

昼まで実習を行い、ランチはケータリングを頼んでみんなで食べる
Dr.Bのお祈りで、食事の前に感謝のお祈りを捧げる
お祈りの内容となると、まったく解らないが、Dr.Bがいつも言っている
「セーフティー」だけは、聞き取ることができた

ランチの後、ボビーに許可をもらって、病院の写真を撮らせてもらう
ショーンが、病院の受付を指して
「ヨーコの病院ってこのぐらいの広さ?」と、冗談ぽく言う
でも、これより狭いかもしれない。。。。

先生や学生の中には、牛の模型を相手に、投げ縄の練習をしている人たちがいる
食後の腹ごなしに、投げ縄かぁ。。。。さすがカウボーイの国だ!
ボビーが「馬に乗ったところの写真撮る?」と言ってくれた
馬には乗ったことがないが、写真だけなら大丈夫と思い、早速お願いすることに

白いクォーターホースに、ウエスタンサドルを乗せてくれた
ビレットに足を掛け、左手でホーンを持って1・2・3!
無事に乗ることができ、みんなの拍手喝采を受ける
カウボーイハットを借りて、いざ記念写真撮影!

するとボビーが「Take off」と言う
「えっ、降りろてっこと?そうじゃなくて歩けってことみたい」
左手で手綱を持って、かかとで馬のおなかを蹴ると、歩き出す
日本じゃ、初心者をひとりで歩かせることはしないのに、大丈夫かな。。。。

でも、馬のほうが利口で、ずっと慣れていて、ちゃんと曲がってくれる
ひとしきり歩いたところで、馬から降りる
写真を撮ってくれたポーリーンは、子供のころから馬に乗っているそうだ
ポーリーンは、颯爽とトロットで馬を走らせていた
午後からは、大学に戻って犬の総復習だ            (つづく)

Posted at 2009年09月06日 10時47分59秒  /  コメント( 0 )

心地良い空間



ダラスのホテルも、夏休みのためか子供連れで賑わっている
中には、犬を連れている家族もいる
犬が泊っていいのは、プールサイドのスイートだ
スイートといっても、豪華な部屋ではなく、キッチン付きのモーテルって感じ

3月から毎月5泊だから、今回で30泊になる
一月分をここで過ごしたことになるなんて、ちょっとびっくり!
今まで、こんなに何度も同じ場所を訪れ、同じホテルに泊まるなんてことなかった

30泊したとはいえ、やはり自分の家のようにリラックスはできない
緊張感を解き、居心地の良い空間にするには、花を飾るのが一番良いとTVでやっていた
食材を調達に行くスーパーで、薔薇の花を買って、飾ることにした

大学から戻ると、きれいにベッドメーキングされたキングサイズのベッドに
セットアップ練習用の犬のぬいぐるみと、飛行機内で寝るときの枕が置かれていた
メイドさんが、スーツケース用の台に乗っていたぬいぐるみたちを、移動させたのだ

薔薇も、水揚げがうまくいき、生き生きとしている
殺風景だった部屋が、明るくなったような気がする
花が1輪あるだけで、こんなにも部屋の雰囲気が変わるとは、驚きである

今回の講義内容は、今までの復習とケーススタディが中心である
卒業試験は、今までの試験問題を復習しておけば大丈夫だそう!
ケーススタディは、試験には出ないけど、今後の臨床に役立つ興味深いものだ
先生たちも、学生たちもリラックスムードで講義に臨んでいる

今回の講義、3名の新しい学生が受講している
聞けば、認定試験の再試を受けるため、総復習の講義を受けにきたそう。。。。
やっぱり、落ちる人っているんだ。。。。

ここまで来たら、もう大丈夫だろう!なんてのんきなことを考えてはいけないようだ
卒業試験まで、あと一息!
気を抜かずに、がんばろう!!!                 (つづく)

Posted at 2009年09月05日 15時48分56秒  /  コメント( 0 )

パソコン復帰!

こんにちは、トロです
すっかり、秋らしい日々が続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか?
歴史的自民党の大敗や、関東地方を襲った台風など、大きなニュースがありましたね

先生は、先週末アニマルカイロの認定試験を受けるため、渡米されてたの
オクラホマ州のマイアミって所。。。。
みなさん、フロリダのマイアミはご存じだけど、オクラホマのは誰もご存じないの

タルサ空港からマイアミまでは、車で行くしかないので、先生はレンタカーでいったそうなの
行けども行けども、地平線が続き、牛や馬が放牧されてたそうよ
そして、夕方東に向かっていた先生の目前に、大きな虹が!!!
地平線に掛る、完全なアーチを描く虹なんて、初めて見たそう。。。。
しかも、ダブルの虹だったんですって!!!

残念ながら、100kmを超すスピードで運転していたので、写真に撮れなかったそうだけど
あんなきれいな虹は、一生忘れないって言ってたわ
長時間のフライトの疲れも、一気に吹っ飛んだんですって

友達にも、幸運の印よ、と言われ気を良くした先生だったけど
試験、すごく難しかったんですって。。。。
ここはアメリカ、卒後教育とはいえ、厳しい〜!!!!
結果は1ヶ月後に郵送されるそうなの。。。。

とにかく、先生は無事に帰ってきて、これからは、通常の診療体制に戻ります
半年間、みなさまにはご迷惑をおかけしましたが、これからはアニマルカイロの普及に
全力を尽くすつもりです
アニマルカイロに興味がある方は、ご連絡くださいね!

先生のパソコンが壊れちゃって、やっと今日復旧したんです
帰国のご報告が遅くなってしまって、申し訳ございませんでした

Posted at 2009年09月04日 16時42分38秒  /  コメント( 0 )