メインメニュー
2009-07

出会い

今回のダラス行きで、楽しみにしていることがある
前回のダラスから帰って来た直後に、新しく患者さんになったヤマトくん
やはり、膝のお皿が不安定で外れやすくなっている
手術を薦められたけど、カイロで治ればと来院されたのだ

驚いたことに、偶然飼い主さんのお嬢さんが、ダラスにお住まいとのこと!
今まで、友人・知人にダラスについて聞いても
「乗り換えで、空港だけは行ったことあるけど。。。。」とか
「ケネディー大統領の暗殺されたとしか見るとこないよ」とか
いつもお世話になっている旅行社のベテラン添乗員さんですら
「行ったことあるけど、全く記憶にございません」という始末

まあ、勉強に行くんだから、別にいいか、と思ってたけど
「今度ダラスに来られるときには、是非ご連絡ください」というメールを頂いた
また「なにか困ったことがあったら、いつでもどうぞ」と、ご親切にも言ってくださった
なんて心強いお言葉!!!

アクシデントによって、英語力は向上するってことは重々承知だけど
長時間のフライト、長時間の講義、毎回の試験。。。。
これ以上のストレスが掛ることを、きっと神様が気の毒に思ってくださったのだろう
なんか、心の中の大きな重荷が無くなるのを感じた

日曜日の乗馬クラブでの実習が、夕方終了するので
図々しくもそこまで、お迎えに来ていただく約束をした

時間どおりにいらしたTさんは、思った通り同世代
Tさんの運転で、前回行けなかったアウトレットへ!
車内で、あれこれ話が弾んだ
アウトレットに到着して、コーチのお店でバッグを物色する頃になると
さっき初めてお会いしたとは思えないほど、長年の友人のような気がしてきた。。。。

聞けば、同じO型族とのこと
適応力に優れたO型ではあるが、O型の多いアメリカは尚更お互い馴染みやすいと同意
今の日本では、夢を持てず暗い顔をした若者や、黒っぽい服を着ている人が多く
日本の将来はどうなってしまうのか、心配されていた

日本とアメリカ、どちらにも良い点悪い点があるだろう
でも、日本人がもう少し明るい顔をして暮らすことはできないのだろうか?
景気が悪い悪いというアメリカだけど、このアウトレットでは
たくさんのショッピングバッグを抱えた人たちが、楽しそうにしているのが印象的だ
                            (つづく)

Posted at 2009年07月30日 07時51分50秒  /  コメント( 0 )

寄付

校舎のトイレのドアに、寄付を募るポスターが貼られている
パーカー大学の教授が病気になったらしく、そのための寄付だ
「スターバックスのコーヒーやビールを1回やめて、寄付しよう!
父であり、夫であり、友人であり、教授であり、カイロプラクターである彼を救おう」

日本じゃ、大学の教授が病気になっても、学生が寄付を募ることはないよなぁ〜
せいぜい、研究室の学生がお見舞いの花を贈るくらいだろう

また、卒業が近づいてきたので、今回の最後の授業の後
寄付について、クラスで話し合った
まず、このプログラムに寄付するか、お世話になっている乗馬クラブに寄付するか?
次に、現金か品物か?

何人かが意見を言った後、多数決を取る
圧倒的多数で、乗馬クラブに小切手で寄付することになった

日本では、こういうときの寄付も一般的ではないので、同じホテルのドナに聞いた
「日本では、寄付の習慣はないんだけど、幾らくらい寄付するものなの?」
「みんな、$20くらいって考えているみたいよ」
そうかぁ、すごい大金じゃなく、無理のない金額ってことなんだ
来月の授業の時に集金して、まとめ役の人が小切手にして渡すことになった

すると、ドナに質問された
「日本でも、動物のための施設は寄付で成り立ってるの?誰が寄付するの?
それとも、政府がお金を出してるの?」
う〜ん。。。。困った質問だ!
英語力が高かったとしても、日本の現状をアメリカ人に理解してもらうのは無理!!!
まして、あんまり英語力がないので
「え〜っと、動物好きの人が寄付するの」
としか、答えられなかった

日本では、まだまだ動物の社会的地位は低く、動物関連の仕事も地位が低い
獣医師といっても、いわゆる「ドクター」の地位とは全く異なる
開業獣医師は、「個人事業主」あるいは「株式会社の代表取締役」
獣医業はサービス業に位置付けられ、人医療のような税金面での優遇は全くない
健康保険がないから、診療費が高いと思われがちだが、実はヒトの半額ぐらい。。。。

そういえば、当時は国立だった大学病院で研修してた時、イギリスに住んだことのある
飼い主さんから、寄付の申し出があったことがある
でも、「国立」なので金品の授受は受け付けていない、と丁重にお断りしたんだっけ
日本で寄付や動物の地位向上が普通になるのは、何時の日だろう?    (つづく)

Posted at 2009年07月29日 16時13分25秒  /  コメント( 0 )

@成田空港



5回目のダラス行きは、関東甲信越地方が梅雨明けした翌日でした
京成電車の車窓から見える田んぼは、稲が穂をつけ始めています
ダラスの週間予報では、毎日32-35℃ぐらいとのこと
でも、教室は冷房がきついので、上着は欠かせません

搭乗手続きを済ませ、グーピーちゃんのママが作って来てくれたお弁当を持って
展望デッキに行くことにした
ここは滑走路を見渡すことができる、成田空港の中で一番好きな場所だ
飛行機の発着を見ていると、ワクワクしてくる
免税店なんかを見るより、ず〜っと楽しい!!!

メカに詳しいわけではないが、飛行機って大好き!
オーバーブッキングで、B747の2階席のビジネスにグレードアップしてもらって
機長が操縦室に招待してくれたときは、本当にうれしかった
操縦席に座り、操縦桿を握って撮った写真は、お宝写真の1つだ
B747の操縦席って、意外と狭く座り心地はあんまり良くないんですよ!

展望デッキに出ると、風が強くて案外と涼しい
爆音とともに、飛行機が着陸する
そういえば、初めてタッチ・アンド・ゴーを体験したのも、こんな風の強い日だったっけ
B747で着陸する寸前、飛行機は急上昇!!!
アナウンスで、着陸寸前に横風が吹いたので、着陸を断念して上昇しているとのこと
隣のOLさんは、気分が悪くなって真っ青な顔をしている
でも、車輪は地上に着いてなかったので、正確にはタッチ・アンド・ゴーじゃないか。。。

2回目は、やはりB747で、車輪が地上に着くや否や急上昇!
なんでも、滑走路に異物があったからとのこと
次の着陸許可が下りるまで、30分も上空を旋回したんだっけ

次に着陸してきたのは、スターアライアンス・ペイントのB747だ
写真を撮ろうと、もたもたしているうちにターミナルビルの向こうに消えて行った
飛行機に乗ってるときは、ゲートまでのスピードがそんなに速いと感じないが
あんなにスピードが出ているとは、びっくり!
あれじゃあ、シートベルトをはずすなって言うのも、無理ないよなぁ

搭乗時間が近付いてきたので、ゲートに行くとさっきのB747がいる
今回のサンフランシスコ行きが、スターアライアンス・ペイントのB747だったんだ
内装はどうなっているんだろう???
中はなんの変哲もない、いつものB747
なぁ〜んだ、ちょっとがっかり。。。。              (つづく)

Posted at 2009年07月22日 17時48分42秒  /  コメント( 0 )

円高!!!

おはようございます。トロです
今日も一日暑くなりそうです
みなさん、熱中症や食中毒には十分注意してくださいね

東京都議選では民主党が大躍進
衆議院解散、総選挙と政治は混乱しているけど
円はどんどん高くなっているんですって

先週、先生がマードック大学の授業に行ったら、事務のFさんが
「先生、今日はレートがとってもいいですよ」
と、教えてくださったそうなの
なんでも、三鷹駅前のTMUFJ銀行の3階に、米ドルの自動販売機があるんですって
先月ダラスに行く時、成田空港で両替しようと
「米ドルで100ドルお願いします」って頼んだら
「え!100ドル?100ドルで良いんですか?(しょぼい客だなぁ)」
と、銀行員に言われ、先生カチン!ときたらしい

自動販売機なら、そんな事も言われないで済むと営業時間を聞くと、3:00までとのこと
授業は5:00までで、間に合わないので、断念したんですって

でも、週明けにドルが高騰したら困るので、先生は翌日練馬平和台駅前のTMUFJ銀行に
そうしたら「当店では、両替は扱っておりません」ですって!!!
ここは、23区内、電話番号だって03から始まるのに、三鷹駅前に負けた。。。。
先生、悔しそうに帰って来たの

週明けでも、円はまだまだ値上がりしてるわ
高々100ドル両替するのに、大袈裟よねぇ

Posted at 2009年07月14日 15時51分50秒  /  コメント( 0 )

RICE

梅雨明けを思わせるような、暑い日だね
昼間はもちろん、夕方の散歩もアスファルトが冷めてから行くようにね!

ところでみんなは、RICEって知ってる?
    R:Rest(安静)
    I:Icing(冷却)
    C:Compresion(圧迫)
    E:Elevation(高挙)
のことなんだよ

この前、先生がぎっくり腰になった時、RICE法で治してもらったんだって
車から降りるのも、階段を登るもの一人じゃ出来なくて、助けてもらってやっとだったのが
治療を受けて帰る頃には、普通に歩けたっていうの、トロがグログに書いてたよね

でも、何年か前にぎっくり腰をやった時には、動けないので入院してレントゲンを撮って
鎮痛剤を注射して、ベッドで安静にしてたんだって
それでも、鎮痛剤が切れてくると痛むのでナースコールをすると
「さっきの注射からまだ時間が経ってないので、次の追加接種はできません」
と、冷たく言われたんだって

そんな経験があったから、昨日遊んでいる時、足を捻ったらしく
筋肉を痛めたワンちゃんが来た時、先生は迷わずRICE法をしてあげたんだ
飼い主さんが「痛み止めのお注射はしなくていいんですか?」
という言葉に「注射は必要ありません!鎮痛剤にも、副作用はあるんですよ」
と、きっぱり答えてたよ

朝、筋肉を痛めて昼ごろ来院して処置を受けたそらちゃん、夕方には元気に歩いてた!
効果てきめんだったけど、RICE法は急性期でないと効果がないので
痛めたときには、すぐに病院に来てね!

そらちゃんの飼い主さんは、とても喜んでお家にあった氷嚢を寄付してくれたんだ!
ほんとに、良かったね!!!

Posted at 2009年07月13日 11時39分52秒  /  コメント( 0 )

納車



こんにちは、トロです
蒸し暑い日が続いているけど、みなさん体調はいかがですか?

今日、先生の新しい車が来たの
下取りの時、査定が高いからと黒を薦められて、初めて黒い車にしたんですって
先生のお友達は、先生が軽自動車に乗るのを想像できないっておっしゃったらしいわ

まだ、車幅感覚というか、車内の幅がつかめないらしく
いつもどおりにハンドルを切ったら、思い切り肘をドアにぶつけたらしいの。。。。
これからは、脇を閉めてハンドル切らなきゃって言ってたわ

リア・ウインドウに、モナミのオリジナルステッカーを貼ったの
写真をクリックすると、拡大できるのよ
街でこのステッカーを貼ったライフを見かけても、煽ったりしないで差し上げてね

Posted at 2009年07月10日 16時29分49秒  /  コメント( 0 )

@サンフランシスコ空港

満席のサンフランシスコ行きの便は、定刻通り離陸し定刻通り着陸した
ダラスとサンフランシスコ間には3時間の時差があるので、到着は7:00
まだ、早いのに空港はすごい人!みんなどこに行くんだろう?
ゲートの確認のため、案内板を探すが11:30発の成田行きが無い!!!

「そんなぁ〜!さっき、席の指定のある搭乗券くれたじゃない。。。。
緑の半券を、ホッチキス止めまでしてくれたのに。。。。何で???」
今日中に帰れないと、明日のマードック大学の講義に穴を開ける羽目になる

でも、良く考えたら、ここは国内線ターミナルだっけ
じゃあ、All Flightなんて書くなよ!!!
ということで、気を取り直し、国際線ターミナルへ
国際線ターミナルの案内板には、ちゃんと11:30発成田行、定刻と出ていた

そして、またワインショップへ
今回、いろいろお世話になった母校の恩師に、ワインのお土産を買うことにした
ダラス土産には目ぼしいものがないので、サンフランシスコに寄れて良かった
ソノマのセント・フランシスの2003年物があった
セント・フランシスは、イタリアのアッシジというところのカトリックの聖人で
動物や草木をこよなく愛し、動物の守護聖人と言われている人物である

ソノマのワイナリーには、小鳥にお説教する彼の石像が立っている
お説教をされた小鳥は、どう思ったのでしょうね?
獣医大の教授に贈るにはぴったり!お渡しする時に、この蘊蓄を語ることにしよう

成田行きも、満席!タダ券では取れなかったけど、ラッキーだった
定刻通り離陸したが、機内アナウンスで「火山の噴火を避けるため
巡航高度を4000フィート変更するので、40分延着します」とのこと。。。。
「火山の噴火???どこで??噴煙を避けるって、火山の近くを飛ぶのかなぁ?」
なんか、不思議な体験だけど、窓側じゃないので、火山は見えない
飛行機への落雷、タッチ・アンド・ゴーに続き、またひとつ飛行機での面白経験が増えた

ボーイング747なので、パーソナル・モニターがないが、映画を4本上映するらしい
中でも、ピンクパンサー2は傑作!あまり、話題にはならなかったが、機内は大爆笑!!!
涙が出るほど大笑いしているところに、「お飲み物は?」と、CAがぶっきらぼうに聞く
「ブラック・コーヒー」と、笑いをこらえ、やっとのことで言った
彼女は、きっとピンクパンサーが嫌いなんだろう。。。。
これじゃ、仕事がはかどらないもんね
隣のインド人の青年も、膝を叩いて大笑いしている。。。。
クルーゾー警部はグローバルなんだなぁ
笑いすぎて、せっかく受けた講義内容が飛んじゃわないか、心配になった(つづく)

Posted at 2009年07月07日 16時54分30秒  /  コメント( 0 )