千葉県栄町にあるスピリチュアル・ヒーリングルームです。 皆様の日常にスピリチュアルな風を吹き込み、新しい視点からの見方や、気づきを得ていただけたらと思います! 自然いっぱいのラピスの森の空気をお届けします!
晴巫子のひとり言

無条件の愛と大和撫子

無条件の愛」が素晴らしいことは、みんな知ってる

でも「無条件の愛」っていうのは〜
自分の中に 「恐れ」のエネルギーがあるうちは 出てこない。

自分を守らなきゃと思ってるうちは、出てこないの

だから〜
「自分は どんな時でも 絶対に大丈夫なんだ…」って思える状態になることが必要。

それだけ、自分自身を信頼してなきゃ ムリだろうな。

でも…
先人の女性たちは、戦さがあろうが、食糧に欠乏しようが、爆弾が 飛んでこようが、自分自身を信じてたんだね。

この「強さ」が、あたしは 好きだ。

これからの新しい時代は、より 文明が進むわけではなく、回帰する時代…。

なんでも 損得で考える時代は 終わり。

「全てがひとつ」なんだったら、愛する男性や 子供の中で、女性自身が 生きてもいい

もちろん、自分の意志で、それを選択し、それを楽しむことが 大事だよね

自分の人生の主導権は、ちゃんと自分にある。


。「男性の力は 女性の御技なり。」

「御技」は、知恵とでも言おうかな。

今まで
自分が「頑張らなきゃ」「何か やらなきゃ」〜なんて生き方とは、逆の生き方だよね。

でも…
これからの新しい時代には、「こんな柔らかい生き方もあるんだなぁ〜」って思ってもらえたら、嬉しいな。


「柳のように、しなやかで強い生き方」って、こういう生き方でしょ。


「大和撫子」の生き方だよね・・・。


Posted at 2011年03月06日 19時02分54秒

女神の無条件の愛

大切なことは、あなたがあなたらしくあること。

どんな時も ただ あなたらしくあってください

ありのままでいることの素晴らしさに 気づいてください

ありのままでいることの気楽さを 感じてください

ありのままでいることの楽しさを満喫してください

あなたのそばには、「女神の愛」が あります

ただ 淡々と、あなたを見守り、押し付けがましさのない柔らかな愛。

自由なあなたを 愛する慈しみの愛。

女神には 「自己犠牲」という言葉はありません。

なぜならば、女神は 無限だからです。

だから、あなたは 安心して、目の前に見える幻と 戯れていればいいのです。

女神は、そんなあなたを 慈しみの目で見つめ、また 楽しんでいるのだから。

女神は 慈愛…

どんな時でも あなたを 優しく見つめ、温かく見守っています。





損得勘定の優先する社会では、女神性を発揮することは、「自分が損をする」と思ってしまうらしく、現代社会は この女神性が 封印されてる・・・。

だから 女性たちに 「柔らかさ」がなくて、失望してる男性たちも多いのでは。

「男の力は、女の御技なり」〜なんだけどなぁ〜

世の中の女性たちへのエールを込めて (^−^)


Posted at 2011年03月05日 21時10分39秒

農耕民族である日本人

農耕民族は 「自分は 生かされている」と考えます。

大いなる力によって…。
それは 宇宙だったり、地球だったり、太陽や 月…。
また、雨や、山の樹木たちなどの自然…、作物を作ってくれるお百姓さん、そして、両親や友達…家族…。

でも〜
狩猟民族は 「自分の力で 生きてる」と考えます。

獲物をとるには、自分の足で 追い掛けたりしなきゃなんないからねぇ〜。

「自分の力で とった!」と思うんでしょうね〜。


日本人は どっちですか?

もちろん、前者です。農耕民族ですから。

大自然の力には、人は 叶わないことを知っています。

だから、日本人は「 謙虚な国民」でもあるはずなのです。

「私が! 私が!」の自我丸出しの生き方は、日本人の生き方ではなく、こういう生き方は、昔から「はしたない生き方」とされてきました。

けれど、決して 消極的な生き方が良いのではなく、みんなと「協調性」を持って 生きるのが、日本人の生き方です。

聖徳太子も言いました。

「和をもって、尊しとなす」

大和の国(日本)は、字のごとく、「大きな和」の国なのです(o^∀^o)。


Posted at 2011年01月19日 12時06分45秒

久しぶり

またまた トンとご無沙汰してました。

でも…この空白の期間、あたしは 止まっているわけではなく、新しい自分にシフト(変容)するためのサナギのような期間だと思っています(o^∀^o)。

蝶となって、羽ばたくまで、サナギの期間中は、自分の中に あるいろんな要素に、栄養を送りこんで、拡大したり〜
また、新たな要素を加えたりしているのです。

と同時に、もう自分には似合わなくなった(不要となった)エネルギーも手放します。

そして〜
ある時期が来ると、殻を破り、蝶となって生まれてくる…。

あたしの人生は いつも この繰り返しです。

時には「ラピスの森」の前 にある神聖な山の中に 身を置きます。

山の中のエネルギーは 本当に清純で、まるで我が身も クリアリングされるかのようです。

身近に こういう場所があることを、あたしは 日々 ありがたく思っています。

山から 太陽が昇る時には、思わず 手を合わせずには いられません。

日本人なんですね…。

私達 日本人は、古来から 太陽に「お天道さま」と言って、手を合わせ、毎日が穏やかで平和でいられることに感謝の想いを 捧げてきました。
それは、遥か昔の縄文時代から…。

「ラピスの森」の前にあるこの山は、実は 縄文遺跡に指定されています。

きっと、縄文の人々も、あたしと同じように、お天道さまに 手を合わせていたことでしょう(o^∀^o)。


Posted at 2011年01月19日 12時06分21秒

マスターみたいに なりたいなら

真理をマスターした人のようになりたいなら〜。


人生とは 発見することではなく、創造すること。

「自分は 何者なのか〜」ではなく、「何者でありたいか」だ。

イエスや仏陀や マザーテレサのようになりたかったら、
自身の中にあるイエスや仏陀、マザーテレサのような側面を見つけるのではなく、
まずは 彼らのように・・・・


生きてみること (^−^)


Posted at 2009年10月29日 16時26分51秒

台風などの災害を スピリチュアルに ひもとく

先日、大きな台風が、日本列島を縦断しました。
みなさん 大変でしたね〜
大丈夫でしたか

さてさて、今回の 日本列島を 縦断した台風は まさしく 日本の浄化の台風だったような気がしてます

新政権を望んだように、日本の古いエネルギーを一掃したがった皆の集合意識が 呼びこんだ台風だった〜と言えるのではないでしょうか。

被害に合われた方は お気の毒でしたが、これもまた その方の魂が望んだことで、被害に直面することで、「神である自分」を体現する機会を 得た〜とも 言えるでしょう。

「神である自分」とは〜
寛容な自分
他人に愛を与える自分
皆で助けあい、共生していこうとする自分
などなど。

魂は、今回の人生において、こういう体現をしたかったわけです。

魂の計画は 完璧ですから。

そういう意味においては、誰も 「被害者」は いません。

ともかく、日本列島のエネルギーの大掃除ができて、よかった よかった

そんなわけで、これから 台風の流れがやってくる地域に お住まいの方は、この台風を喜びのエネルギーで 受け取ってみては いかが

もし、家屋が崩壊しちゃったら〜
「仕方ない」
とがっかりするのではなく
「家屋が 崩壊したってことは、もう この家屋は 自分には 似合わなくなった古いエネルギーの家なんだ」
という思いを持てばいいと思います。

自然災害の前では 人間は無力です。
怒ってみても 始まりません。

「日本列島の大浄化だったんだから、このぐらいは 仕方あるめぇ〜」
ってぐらいの太っ腹な気持ちの方が、次の幸せを 運んできます


Posted at 2009年10月17日 16時59分55秒  /  コメント( 0 )

しなやかに〜〜〜   びよよ〜ん

ほらっ、肩の力を抜いて〜

力を入れながら 行動するのが、いかにも 頑張ってるみたいで、自己満足してた人も〜

何かしら 動いてなきゃ、サボってるみたいだからと、回りの目を 気にしてた人も〜

もう、ええんちゃいますのん (≧∇≦)

これからは

もっともっと






しなやかに 生きまひょー(o^∀^o)

わざわざ、力を入れなくても、その時に必要なパワーは ちゃ〜んと 働きますよ(-^〇^-)


あんまり 力を入れたら、そのうち 折れちゃいますよ (┳◇┳)。

しなやかに 柔軟に〜。

あんまり張り詰めて、バキッと折れたら あきまへんわ

でも、もし〜〜、張り詰めちゃったら〜〜



ビョョ〜ンと、自分の本来の位置に 戻りなはれ (o^∀^o)





あっはっは〜〜(^。^)


Posted at 2009年06月25日 19時34分08秒  /  コメント( 0 )

先の見えないこと

ここんとこ 何年も 先の見えないことに取り組んでいる

先が見えないことというのは、一般的に 辛いこと。

こういう時は、「ゴールが いつか」とヤキモキ イライラ メソメソするより、どっぷり その日その日の現状を 受け入れてしまう方が、心身ともに 楽チンだ。

そうすると〜
「忍耐」なんて 重苦しいエネルギーをもたなくて済む。

先の長〜いゴールに意識を向けるのではなく、今の現状そのままで、毎日を 楽しむのだ。

そんなことをしているうちに、いつかは ゴールが やってくる

心配しなくても、物事は、納まるとこに 納まるものだ。

だから〜
今日も 楽しく行こう〜 (o^∀^o)

だって、いつだって〜どんな時も あたしは「あたし」なんだから (≧∇≦)。


Posted at 2009年06月19日 13時09分25秒  /  コメント( 0 )

自然界も 大変だな〜

いつものように、庭先で 小松菜を収穫していたら〜

前の山から、カラスのかなり大きな声。
そして、何らかの野鳥の叫ぶような鋭い声

両鳥の声は なかなか 止むことがなく、なにやら 揉めてる感じ。

山の中で 何が起こってるの(°□°;)

だいたい すぐあそこの木あたりだなぁ〜と、場所は 冊子がつく。

もしかして〜、カラスが あの野鳥の巣を 狙ってるのかも。

そう考えたら ピッタリくるような両鳥の声なのだ。

しばらく 叫び声や、威嚇にも似た両鳥の声が続いていたが、そのうち そこから かなり大きなカラスが 飛び立った。

思わず、からすの口に何か加えていないか、足には 何かを掴んでないかと、チェック(≧ヘ≦)。

よかったのか 悪かったのか、カラスは 何も得ては いなかった(⌒〜⌒)。

地上から見ても かなりの大きなカラスだったから、野鳥も 頑張ったんだなぁ〜。
そばで見たら、ちょっと怖いぐらいの大きさだったもん。

そんなわけで 再び 山には 平和が戻り、さっきの野鳥の穏和な声が 響くようになった。

自然界も なかなか 大変だなぁ〜p(´⌒`q)


Posted at 2009年06月19日 13時04分28秒  /  コメント( 0 )

ベジタリアンのように

あたしの食生活は 生粋のベジタリアンではないけれど、生き方たけは ベジタリアン的に 生きている。(と思う)

都会の雑踏とは違う世界に住み、スーパーだって、ここ 何年も行ってない。

朝は、地・水・風・火の4大元素のエネルギーと繋がる時間。昼間は里山を散歩しながら、野花や 野草を摘み、山のマイナスイオンを浴びながら、風を 友のように感じ、ざわめく樹々の声を聴く。
彼らは、根がコミュニケーション伝達システムとなっているから、ちょっと 離れた所の情報まで よく 知っている。(すごーい)
そして、夜は 星を愛で、時には、遥か昔の古人のように、月を仰いで、懐かしい人をしのんでみたりもする。

時々、庭のお花に目をやると、みんなで 楽しそうに しゃべってる。植物は だいたいが おしゃべりだ。
彼らは、互いに 譲りながら共存しあって、我が家の庭で コミューンみたいに 生きている。

こ〜んな環境の中で、日々 毎日を送ってるあたし。

だけど〜〜、大地のパワーを受け取りながら、もっともっと、風のように行きたいなぁ〜って思う。

今秋に訪れるだろう良きあたしのエネルギーシフト。
それまでは、今の位置で エネルギーを自分の中に蓄えよう


Posted at 2009年05月14日 18時33分49秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  | 次へ