千葉県栄町にあるスピリチュアル・ヒーリングルームです。 皆様の日常にスピリチュアルな風を吹き込み、新しい視点からの見方や、気づきを得ていただけたらと思います! 自然いっぱいのラピスの森の空気をお届けします!
2018-09-15

自分でも 栽培してみて...

関西の友人が言うには、豪雨や少雨や台風の影響で 野菜の高値…というよりも、品不足だとか。

加えて 北海道でも大きな地震があり、ハウスが倒壊したりしていると聞きます。

こういう時のためにも、各家庭で 少しでもいいので、野菜を育てておくと良いと思います。

なにも難易度の高いものに挑戦しなくても 良いのです。

簡単なもので構わないので、お庭やベランダで育ててみては いかがでしょうか。

私も 今朝は 自分で育てた「ベビー・リーフ」をサラダにしましたよ(^◇^)。

今年は 気候が不安定なので 例年よりは 栽培も難しいかもしれません。
種蒔きの時期も 読みにくいですし、発育もゆっくりです。

だから、一度 種を蒔いて 発芽しなくても、日にちを変えて また 種を蒔けば良いと思います。


Posted at 2018年09月15日 21時58分56秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 0 )

北海道地震での 牛の命...

今回の北海道地震において 酪農家さんたちが飼育してらっしゃる乳牛の健康が心配になりました。

停電のために 電動での搾乳ができず、多くの牛が乳房炎になったり…また、死んでしまった牛もいると聞きます。

仲間と発電機を譲りあい、なんとか搾乳して工場に運んでも 工場も停電で受け入れできないから 搾った牛乳は処分してくださいと言われ、力を落とした酪農家さんたちもいるそうです。

人間の都合で飼育されている乳牛です。

日頃 お世話になっている牛の命と健康を守るためにも、酪農家さんたちは 自家発電できるようにしておくと良いと思います。

また 当然のことながら、搾乳した牛乳を受け入れる工場の方も せっかくの牛からの恵みを無駄にしないために、自家発電設備を完備してほしいですね。

北海道では、「よつ葉乳業」の工場は 自家発電を持っていたそうですよ〜(^◇^)

搾った牛の乳は、牛乳のみならず チーズや生クリームやバター、ヨーグルトとなります。

牛乳を飲まない人でも、カレールゥやホワイトソースやアイスクリーム、ケーキやパン、チョコレートなどのお菓子類で、一般的には誰もが乳製品のお世話になっているのではないでしょうか。

人間が牛の健康を守ることが、私達の食卓の乳製品の品質も向上する…ということですね。

牛さん、いつも ありがとう♪(^_^)


Posted at 2018年09月15日 20時05分37秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 0 )